「ワラスボグミ」佐賀限定販売!有明のエイリアン珍魚ワラスボを模ったグミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こうなりますか・・・

有明海の珍魚「ワラスボ」の形をしたグミが発売されたので買ってきました。

ムツゴロウやシオマネキ、ワラスボといった有明海特有の生物を使ったプロモーションを展開する佐賀市。今回紹介するのは、そんな中から登場した珍魚「ワラスボ」を模ったグミ。12月19日から佐賀市内の空港や駅で販売されています。

ワラスボとグミといえば、何となくビジュアル的に共通点があるように思われる組み合わせ。さっそく購入して、食べてみました。

グミを買いに向かったのはJR佐賀駅。

ワラスボグミ佐賀駅

駅の南口を入ってすぐ、駅町1丁目というショッピングエリアにお土産屋さんがあります。

ワラスボグミ駅町一丁目

中に入って探してみると・・・ありました!

ワラスボグミ売り場

グミだけでなく、干物タイプのワラスボも売られています。リアルにワラスボを味わいたい本物志向の方、天然食品にこだわる方は干物がおススメ。

ワラスボグミ干物

今回は干物ではなくグミの紹介なので、ワラスボグミを購入。価格は540円。

アメコミ風のパッケージデザイン、話題になったPR動画「W・R・S・B」のロゴを使用しています。

ワラスボグミパッケージ

裏側にはワラスボの紹介が書かれています。

ワラスボグミ説明

実物はこんな感じ、佐賀県立宇宙科学館で撮影しました。

ワラスボとムツゴロウ

注意書きによると、この製品はワラスボをモチーフにしたお菓子。「ワラスボ」は使用されていません。

カロリーは1パック3本あたり131kcal。

ワラスボグミ注意書き

開封してみると、中から3本のグミが出てきました。個別にパッケージされていて、1個の長さは10センチ。

ワラスボグミ中身

個別包装された袋から出してみると、大きく口を開けたワラスボの形が見て取れます。

ワラスボグミ本体

正面から撮影してみました。口を大きく開けて、ワラスボの特徴である歯が見えますね。

ワラスボグミ正面

ワラスボグミだけだと寂しいので、一緒に売られていたムツゴロウのクッキーと一緒に並べてみました。シオマネキが居れば、佐賀市の推しメンが揃う所だったんですけど・・・残念。

ワラスボグミむつごろう

ワラスボになっているのは表面だけで、裏返すと・・・なんなんでしょ?

絶対に裏を見せてはいけません、裏表のあるお菓子です。

ワラスボグミ裏

切断してみても、何も見つかりませんでした。

ワラスボグミ切断

実際に食べてみると、コーラ味のグミ。それ以上でも以下でもありません、普通のコーラグミです。お土産用のネタ商品ですから、食べられるキャラクターグッズです。

佐賀に行ってきたよ~的な土産話のネタや、中の良い知人へのお土産など、話題作りに適した商品ですね。

ワラスボの実物を見たい!という人は、佐賀市内に見れる場所がありません。

「わらすぼWRSBを見に行こう」佐賀県内で生きた実物が見れる場所はココだ!
いやね、ワラスボやらWRSBやら大騒ぎしてますけど、どこで見れるか全くアナウンスされてないんですね。まち情報:観光ここに行けば生きた実物の「わらすぼ」を見る事が...

で紹介していますので、参考にしてください。

「ワラスボグミ」

価格:540円

販売予定箇所:
JF佐賀有明海直販所まえうみ
橋の駅ドロンパ
佐賀工房佐賀空港店
佐賀工房佐賀駅店

製造:あいしん食品(福岡市)

ワラスボグミに関する詳細、お問合せは下記リンクからメーカー公式サイトをご覧ください。

あいしん食品公式ウェブサイト

参考:佐賀市W.R.S.Bワラスボプロモーションサイト

関連記事

「ムツゴロウ」vs「シオマネキ」本物のリアルファイトが見られるのはココだ!小城市芦刈町

リニューアル後の「佐賀県立 宇宙科学館」”ゆめぎんが”を写真を沢山使って紹介します!

「道の駅 鹿島」有明海の干潟を満喫できる佐賀鹿島市の道の駅を紹介

お土産グルメタグの記事

「うまかのり梅」うまい!高低の差が激しい田舎グルメ。コレは間違いなくハイクオリティ

「わさびドレッシング」わさび苑多良岳のドレッシングはツーンと来る本物のわさび味が激ウマい!

「ワラスボの旨煮」を食べたった!いま佐賀で話題のエイリアンっぽい魚ですよ。

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀駅南口の近くでやすいコインパーキングを利用したい人は必見です 佐賀の中心市街地、短時間の駐車を…
  2. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  3. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  4. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  5. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る