「ムツゴロウ」vs「シオマネキ」本物のリアルファイトが見られるのはココだ!小城市芦刈町

Pocket

佐賀ってムツゴロウとかシオマネキなんだろ?

まち情報:観光

宣伝するのは良いけどさ~、どこで見ればいいのよ

WRSBだっけ?ワラスボの動画でPRやってる佐賀市が、今度はムツゴロウとシオマネキの動画で観光PRをやってますね。

なら、いっちょ見に行ってやるか!と出かけたのは良いものの、そもそもどこに行けば見れるんだ?ということで、困った時の観光案内所。

とりあえず佐賀駅の1階にある、観光案内所を訪ねてみました。

佐賀観光案内所

「すんません!ムツゴロウとシオマネキ見れるとこはどこでっか?」という私の問いに「東よか干潟で潮が引いてたら見れるかもね」それ以外なら鹿島の道の駅という返事。

いやいや、潮がひいてたらって、引いてなかったらどないすんじゃい!って話ですよね。それに鹿島の道の駅って、ここから1時間以上かかりますよね。

う~む、近場で確実に見れるところはどこだろう?とGoogle先生に聞いてみると、どうやら小城市の芦刈という所にムツゴロウの楽園ともいえる場所があるらしいのです。

地図を確認して、とりあえずどんなもんか行ってみましょう!

佐賀市の隣、小城市に芦刈町という場所があります。なんとここは、ムツゴロウ王国を名乗るほど”ムツゴロウ観光”の拠点として頑張っていた町なのです。

ムツゴロウ王国海遊パークなる公園があるのですが、アチコチ整備工事中だったのでここからムツゴロウゾーンには行けませんでした。

海遊ふれあいパーク

海遊ふれあいパークから少し東へ行くと、干潟体験の看板と矢印があります。その矢印に沿って堤防を上ると、その先にムツゴロウ保護区の体験干潟があります。

ここなら存分にムツゴロウとシオマネキを鑑賞できそうです。

体験干潟

この干潟にカメラを向けてみると、いるわいるわ、ウヨウヨとムツゴロウとシオマネキが居ます。

ムツゴロウたくさん

「おうッ!ワレら人ん家の前でやかましいんじゃ、あっち行かんかい!」という感じで巣穴から出てきたムツゴロウ。

ムツゴロウ1

おっと、ここではバトルが始まっています。本当にムツゴロウvsシオマネキのバトルはあるんですね。殆どの場合、体が大きいムツゴロウが勝っています。

狭いエリア内に密集して住んでいるためか、ムツゴロウ同志のバトルや、シオマネキvsムツゴロウのバトルがアチコチで繰り広げられています。これは見応えありますね。

ムツゴロウvsシオマネキ

シオマネキのクローがさく裂!公式サイトによると「マイティー・シザー」という必殺技だそうです。

シオマネキクロー

これは熱い!佐賀市の録画じゃない、リアルファイトが目の前で行われてます。ほんと、どっかで誰かが常に戦っている感じです。

また、この干潟の周辺は、いかにも佐賀!という感じの雄大な景色を楽しむことも出来ます。広い川、ドロドロの干潟、所々に停泊している小型船舶、遮るものなく広がる田畑。佐賀の風景ですね~

ちなみに、写っている干潟に開いている穴は、全てムツゴロウなどの巣穴です。凄い数ですね

干潟の風景

そういえば、佐賀には水族館が無いんです。なので、雨の日でもムツゴロウが見たい!という人のために、室内で干潟の生き物を見られる場所を紹介します。

まず最初が、武雄市にある佐賀県立宇宙科学館。

佐賀宇宙科学館トップ

有料施設ですが、佐賀発見ゾーンには佐賀県内に生息する魚などの展示があります。干潟の再現展示があるので、ムツゴロウとシオマネキだけでなくワラスボも見る事が出来ます。

紹介記事:リニューアル後の「佐賀県立 宇宙科学館」”ゆめぎんが”を写真を沢山使って紹介します!

里山

あと、もう一か所は道の駅鹿島にある、干潟展望館内のミニ水族館。

紹介記事:「道の駅 鹿島」有明海の干潟を満喫できる佐賀鹿島市の道の駅を紹介

道の駅鹿島シオマネキ

佐賀の動画で「ムツゴロウvsシオマネキ」に興味を持ったそこのキミ!本物の戦いを見に行かないかい?

小城市芦刈町「海遊ふれあいパーク」はムツゴロウ達の密度が高いために、常にどこかで戦いを見る事が出来ますよ。

「海遊ふれあいパーク」

MAP:芦刈町永田3033番地1 Googleマップへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  2. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  3. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  4. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…
  5. 佐賀一番の老舗菓子屋「鶴屋」から肥前ケシアドという江戸時代のお菓子の復刻版が発売されています。 佐…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る