イデマン「みそだれ」佐賀吉野ヶ里の老舗伝統の手造り味噌を使った激ウマみそだれ

Pocket

めちゃウマ!で使い方も簡単な万能調味料ですね。

佐賀吉野ヶ里で100余年、老舗の醤油醸造メーカー手造りの味噌を使った「みそだれ」です。

味噌ウマいッスよね、みそ炒めとか味噌煮込みが大好きな私にとって救世主ともいえる調味料に出会いました。その名も「みそだれ」・・・わかりやすっ!

こんかい紹介する「みそだれ」は吉野ヶ里町にあるイデマン(井出食品)が、伝統の技で造り上げた熟成みそを使った調味料なんです。

みそだれ外観

使い方はとっても簡単、炒め物にそのまま入れればみそ炒めに、トンカツにかければみそソース。その他にも「つけだれ」や「煮込み」など様々に使えそうです。

みそだれチラシ

原材料を見てみると、甘辛系のみそだれみたいです。コチュジャンなんかが入ってますね。

みそだれラベル

まずは味を見るために、スプーンにとってお口の中へダイレクトイン!してみる・・・甘い、ウマい!田楽や名古屋の味噌カツなんかに使っている味噌と同じ系統の味。

味噌の味だけでなく、よーく味わってみると複雑でコクのある味わい。うん、このまま何にでも使える万能調味料ですね、ストレートで食べても普通に旨い。

みそだれ試食

ということで、何か簡単に作ってみましょう。

冷蔵庫を開けると、なんか安っぽい肉が出てきました。貧乏人御用達、特売品というやつです。みそ炒めにするので、肉は牛でも豚でもどっちでも可。

福岡市内とはいえ私の家の周りは、このシーズンになると一面キャベツ畑。ときどき向かいの畑で作業中の爺さんがキャベツをくれたりするのですが、今回は近所の産直店で買った1玉100円のキャベツ。

味付けは「みそだれ」と、ピリ辛にしたいので前回紹介した「コガヤジャン」を少し使います。コガヤジャンが無ければ、豆板醤で代用可能。

みそだれ炒め材料

まずキャベツを1/4玉分くらいをザクザク切ります。肉はタレ付き約240g、とりあえず塩だけしておきます。

みそだれキャベツ

フライパンを熱して油をして、肉から焼いていきます。

みそだれ肉炒め

続いてキャベツを投入。

みそだれキャベツ肉炒め

そこへ「みそだれ」大さじ2、コガヤジャン小さじ1を投入。分量はお好みで大丈夫です。最初は少なめにいれて混ぜ合わせて、味をみて追加などの加減をしてお好みの濃さと辛さにしてください。

みそだれ味噌ジャン

そのままガシャガシャと、全体に味がなじむように混ぜながら炒めます。

みそだれピリ辛炒め1

あっという間に「牛肉とキャベツのピリ辛みそ炒め(回鍋肉風)」が出来上がりました。

メッチャ簡単です、キャベツ切って、肉焼いてキャベツ入れて、みそだれ入れて、お好みで辛味をプラス、そのまま炒める。ただそれだけです。調理時間は、野菜切る所からでも10分かかりません。

みそだれピリ辛炒め2

本当に簡単なのに、どうですか?アップにすると、まるで中華料理店のメニュー写真みたいな出来です。

みそだれピリ辛炒め3

もう「みそだれ」が美味しいので、それを絡めただけでウマいのは承知の上で食べてみます。

うまい・・・うまいッス。プロが作ったみたいな味になっていますよ!と自画自賛。この「みそだれ」は本当に完成度が高いというか、最初から味が完成されているので余計な事をする必要性を感じません。このままでメッチャ旨いです。

さらに言えば、今回使った肉はタレが付いていたので少し甘みが残ったんですけど、味噌の味が強いのでほぼ完全に上書きされています。それだけ強い味で、完成されていて、めっちゃウマい。「みそだれ」をかけるだけで、炒めから煮物まで味が完成してしまう。本当に幅広く使える万能調味料です。

みそだれピリ辛炒め4

炒めだけでなく、そのままトンカツにかけても美味。

みそだれトンカツ

うはっ!みそが濃厚!!

「みそだれ」の味をストレートに味わっていますが、これがウマい。名古屋で食べた味噌カツそのものになりました。

みそだれトンカツ1

この「みそだれ」は使い勝手が良くて、かけるだけで本格的な味になります。野菜炒めにかけるだけでみそ炒め、牛肉を入れれば回鍋肉、麻婆豆腐にも使えそうですね。

とにかくスピーディーに美味しい料理を作りたい時にメチャメチャ便利な調味料なので、忙しいお母さんにおススメ!

家に一本置いておくと、急いで料理したい時に重宝しますよ。

みそだれを出汁で少しゆるくして、カツを入れて「みそカツとじ丼」みたいなのを作ってみたいですね。夜のスーパーで見切り品のカツを買って、味噌煮込み風にしてご飯にのせる。絶対に旨いですよ、こんどやってみます。

「イデマンみそだれ」

価格:460円(税込)

※当記事投稿時点での価格です。変更になる事がありますので、当記事下段のリンクから公式サイトをご確認ください。

イデマン直売店

イデマン

MAP:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大曲3454−1 Googleマップへ

営業時間:平日9:00~18:30、祝日9:00~17:00

定休日:日曜日及び1/1~1/4、8/13~8/15

商品に関する詳細、お問合せは下記リンクから公式サイトをご覧ください。この商品は公式サイトから購入できます。

イデマン(井出食品)公式ウェブサイト

調味料タグのおススメ記事

「コガヤジャン」ピリ辛好きなら常備すべき!佐賀コガヤの旨辛系ご当地調味料が旨い。

”釜たまうどん”に最適!激ウマな醤油を発見「鰹だし醤油 濃口」佐賀の佐星醤油

「たまねぎ酢」何も足さない100%完全玉ねぎダケで作った酢。佐賀の調味料クオリティ高すぎ

周辺のおすすめスポット

「吉野ヶ里歴史公園」を写真で徹底紹介する完全版!古代都市の実物大ジオラマに大興奮します

「道の駅吉野ヶ里 さざんか千坊館」おいしい物が沢山売ってます!品揃えセンス抜群

「伊之助製麺直売コーナー」江戸文政元年から380年の歴史を持つ佐賀神埼の製麺メーカー直売所

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る