日清「ごんぶと年明けうどん鯛だし仕立て」コクうま系のアッサリうどん。実食レビュー

Pocket

年越しそばならぬ「年明けうどん」

生麺タイプのカップうどん「ごんぶと」に新春年明け仕様、目でタイ「鯛」出し仕立てが登場!

いつものローソンに立ち寄ると、日清から年明けうどんが発売されていました。前回紹介したどん兵衛に続き、ごんぶとシリーズでも発売されていたので買って食べてみました。

2015年12月21日に発売になった日清「ごんぶと年明けうどん鯛だし仕立て」は、鯛だしの上品な味わい。

パッケージは紅白に金とピンクを使った、こちらも縁起の良さそうな新春仕様。

ごんぶと年明けうどんパッケージ

金縁黒文字、豪華です!「鯛だし仕立て」をアピールする鯛、笑っているように見えますね。

ごんぶと年明けうどん鯛だし

1食201gでカロリーは322kcal。スタンダードなごんぶと「きつねうどん」が1食359kcalなので、お腹周りが気になるオヂサンにはカロリー控えめなのが嬉しいです。

ごんぶと年明けうどん内容量

フタを剥がして中身を出してみました。入っていたのは生タイプうどん麺、粉末スープ、液体つゆです。

ごんぶと年明けうどん中身

スープは粉末と液体になっているんですね。液体の方は、醤油色ではなく白っぽい色でした。

ごんぶと年明けうどんスープ

具は鯛入りつみれ、寿と花形のかまぼこ、あげ、たまごです。

ごんぶと年明けうどんかやく

では、さっそく作り始めます。

まず、うどんを容器にあけて、熱湯を注いでほぐします。うどんはレンジでの調理も可能。

ごんぶと年明けうどん1

十分ほぐれたら、湯切口から湯を捨てます。

ごんぶと年明けうどん2

湯を切ったら液体つゆ、粉末スープ、かやくを入れます。

ごんぶと年明けうどん3

全部入れたら、熱湯を内側の線まで注ぎます。

ごんぶと年明けうどん4

湯を注いだら、しっかりとかき混ぜて出来上がり。

ピンクの花形かまぼこと鯛入りつみれが広がり、とても華やかなうどんになりました。

出汁の味は、鯛の旨みがしっかりしています。鰹と違い、鯛独特の角の無いコクのあるスープ。塩気は少し強め。

ごんぶと年明けうどん5

モッチリして少し大きめの縁起物「寿かまぼこ」と、「目出度い」にかけた鯛入りつみれ。しっかりした味ですね。

ごんぶと年明けうどん6

新春らしく、うどんを華やかに飾る「花形かまぼこ」

ごんぶと年明けうどん7

刻み揚げが出汁を吸っていて美味しいですね、大きめの玉子もしっかり味が付いていて満足度高し!

ごんぶと年明けうどん8

うどんは普通のカップ麺に比べて太め、生麺なのでモッチリした感触です。カップ麺のスナック麺みたいなのとは違う、普通のうどんがごんぶとの魅力です。

ごんぶと年明けうどん9

鯛だしといえば、知り合いの板前に鯛味噌を使った鯛味噌汁を作ってもらった事がありますが、やはり本物の鯛のアラからダシをとった料亭の鯛だしとは違います。とうぜんですがw

しかし、インスタント麺にしては非常に良くできていて、アッサリしていながらコクのあるスープは美味しいですね。

塩気もしっかりしているので、飲んだ後の〆なんかには最高のカップうどんじゃないでしょうか。酒が入って味覚が鈍っても、しっかりと味わう事が出来ると思います。

おせちや年末年始の料理で疲れた新年の一発目、うどん初めは簡単に作れて華やかでおめでたい「ごんぶと年明けうどん」で決まり!じゃないですか?

「ごんぶと年明けうどん鯛だし仕立て」

価格:220円 (税別)

発売地域:全国

当記事で紹介した商品に関する詳細やお問い合わせは、下記リンクから公式サイトをご覧ください。

日清食品公式ウェブサイト

インスタント食品タグの記事

日清「どん兵衛年明けうどん」アッサリ薄口でジワうまい!梅干しが絶妙のアクセント

佐賀の土産物店でよく見る「佐賀ん牛汁」がウマすぎる!ジワーっと沁みる優しい味わいです。

「生ちゃんぽん」田舎のオリジナルインスタント食品クオリティ高すぎ!もはや高級食材です

「たろめん」佐賀大町ご当地グルメのインスタント麺をレビュー!

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る