「竹崎城跡展望台」超マイナー県である佐賀の最南端を見たことがあるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

有明海にポツンと突き出した島、絶景です。

まち情報:観光

360度の大パノラマ!戦国時代、龍造寺vs有馬の最前線にあった水陸両用の城。

佐賀の南端部、太良町にある竹崎城跡に行ってきました。龍造寺時代には山城の特徴を持ちつつ、海に面した水陸両面に備えた城郭だったそうです。

現在はかつて竹崎観世音寺の拝み堂だったとされる場所に竹崎城を再現した展望台が建てられ、目の前に広がる大パノラマを楽しめる観光スポットになっています。

場所はまさに佐賀最南端の島、有明海の海運と島原侵攻の重要拠点だったそうです。海を監視し、山地を迂回する海沿いの街道筋を抑える要衝にあり、要塞化するのには理想的な地形に見えますね。

竹崎地図

画像:国土地理院

竹崎城は1378年に島原の有馬氏によって築城され、戦国時代は龍造寺氏の重要拠点として整備されました。江戸時代、天草四郎で有名な島原の乱後に廃城になったそうです。

島原を治めた有馬氏と接する龍造寺氏の最前線の城塞であり、太良町に8つ存在した城の中核的な城であったとされ唐津城や佐賀城に匹敵する規模の城であったと推測されています。

実際の竹崎城の主要部は、現在の模擬天守が建つ展望台よりも少し内陸側にありました。展望台の駐車場から、徒歩数分です。

現存する石垣と案内板。

竹崎城跡石垣

出入口跡のような痕跡。

竹崎城跡虎口

登ってみると、思ったより奥行がありません。

竹崎城跡土塁上

近隣の民家そばにある石積みの跡。

竹崎城跡石積

案内板によると空濠の跡があるとのことで周辺を探すも、それらしい痕跡を見つけることが出来ませんでした。せめて調査時の遺構の場所が解る縄張り図のような物を掲示してほしいですよね、せっかく沢山の城跡が残っているのですからもったいないですよ。もう少し見に来た人にわかり易いように掲示してもらえれば、見に来るかいもあるというものです。

竹崎城跡案内板

これ以上は城の痕跡を見つけられそうにないので、展望台にやってきました。

有明海に突き出した展望台(模擬天守)です。

竹崎城跡模擬天守

1階部分は潜水漁が盛んだった太良町の資料が展示されています。

竹崎城跡1階

展望台内部

竹崎城跡展望台内部

展望台からの眺望案内板。佐賀市は水平線で切れるんですね、対岸の福岡県大牟田市、熊本県荒尾市、隣の長崎県島原市、諫早市まで望めるという超絶景ポイントである事が分かります。

竹崎城跡展望案内板

雲仙方向の眺め、少し霞んでいるので見えにくいですね。

竹崎城跡展望1

竹崎城跡の石垣方向、かつてはここに城郭群があったのでしょう。

竹崎城跡展望2

太良町の中心部方向

竹崎城跡展望3

展望台から海へ降りて行く事も出来ます。

竹崎城跡海へ通路

海へ降りてきました、ここも城の重要な施設だったのではないでしょうか。

竹崎城跡海

佐賀の最南端にある竹崎城跡。日本屈指のマイナー県、さらにその辺境部の、さらに端っこにある展望台。おそらく日本国民の殆どが見る事もない場所だと思うのですが、そんな場所にもこういう施設があって歴史があります。

ただ、残念なのは城跡の調査資料など、この地に興味をもってもらうための資料が見当たらない事なんです。

美しい眺望なんて、日本中に履いて捨てるほどあるんです。そんなものを売りにした所で、より利便性がよくて訪れやすい場所に多くの人は行ってしまいます。

こういう場所でも観光に訪れてもらうには、やはり地元独自のストーリーを語ってドラマを作り出すしかないんですね。

私のように戦国期の佐賀に興味をもてば、佐賀市内からここまで労を厭わずにやってきます。「展望がいいですよ~」というありきたりな事でなく、龍造寺vs有馬といった戦国時代のストーリーを資料とともに語るとか、地元ならではのオリジナリティを持たせる取り組みを期待したいですね。

「竹崎城跡展望台」

MAP:佐賀県藤津郡太良町大浦甲20−3 Googleマップへ

太良町観光協会ブログ「竹崎城跡」ページ

太良町関連記事



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る