「うまかのり梅」うまい!高低の差が激しい田舎グルメ。コレは間違いなくハイクオリティ

Pocket

海苔の佃煮と梅がこんなに合うと思いませんでした。

グルメ:お土産グルメ

海苔の香りと梅の酸味、塩加減が絶妙で食べだしたら止まらない味です。

うまかのり梅(ばい)は日本一の生産量を誇る佐賀有明海海苔の「のり生産者」と、海苔を愛する産地の女性によって運営されている「合同会社 佐賀市漁村女性の会」によって製造販売されているご当地グルメ商品です。

海苔の中でも最高級といわれる一番摘み海苔を使用し、着色量、保存料などの添加物は一切使用せず無添加で作り上げた最高級のノリ佃煮。そこへ、佐賀県内で収穫された完熟の南高梅を投入。

これはウマい!

うまかのり梅アップ

もう、この文言通り海苔の香りと梅の酸味がベストマッチ!ごはんが進みまくります。

うまかのり梅キャッチ

一番摘み海苔とは、タネ付けをしてから採摘まで30日位しか経っていない若い海苔で、柔らかく香りが良いのが特徴。一番摘みが終わると、その後の芽が成長して二番摘みとなり、一番摘みよりも硬く、採取回数を増やすほど硬さを増していきます。よって、一番摘み海苔が一番柔らかく、香りが良い最上級とされています。

最高の産地「佐賀有明海」で採れた最上級海苔を使い、梅も地元佐賀産を使用。なので、素材は安心安全。信頼度も含めて、商品のクオリティ高すぎです。

うまかのり梅説明

原材料を見てみると、佐賀産の海苔、梅も佐賀産でココまでは当たり前。さらに、使っている醤油の原料も国産大豆、本みりんの原料も佐賀産。田舎の特産品にしかできない、豪華で安心できる素材だけで作られています。

うまかのり梅原材料ラベル

これは期待できるぞ!

さっそくフタを開けてみると、海苔の香りがいい!色合いも少し緑がかっていて、海苔っぽさが抜群です。

うまかのり梅中身

中から佐賀産完熟南高梅が出てきたので、パクッといっちゃいます。

ん~、海苔の香りが良いですね、梅の酸味と抜群に合っています。塩加減がメチャメチャいいので、本当にウマい。これは、ごはんがススみます。間違いない!

うまかのり梅の梅

さっそくご飯にのせて。

うまかのり梅ご飯のせ

食べてみる。

うまかのり梅食べてみる

あ~・・・これはウマいや。うん、マジでウマい。

そもそも、ご飯のお供として人気の梅と海苔佃煮がコラボしているんですから、ごはんに合わないはずがないんです。もうね、この組み合わせで正解。ダメ出しできません。

炭水化物に気をつかってる人は要注意!というか、手を出さない方がイイですよコレ。ごはん美味しくなりすぎます。もうね、強制的に米という炭水化物の塊を摂取させられること間違いなしです。それくらい旨い。

なんといっても、海苔佃煮の香りと、醤油とみりんが奏でる日本人ごろしの甘辛系の味、そして絶妙の塩加減。さらに、佃煮の味の中に梅の酸味と香りが巧妙に隠れているんです。この梅も、また美味しいんです。減塩とかで良くある変な甘さがなく純粋な梅干し、昔ながらの酸っぱい梅干しの味が確かに存在しています。

やっぱり田舎のグルメって、クオリティ高いですよね。というか、高低の差が激しいです。これは間違いなくハイクオリティに分類される特産品ですよ。海苔の街佐賀が、自信を持っておススメする海苔製品。ぜひ多くの人に味わってもらいたいですね。

ちなみに、楽天での評価は5点満点で4.75点。ほぼ満点というのも納得です、美味しいですもん。

「うまかのり梅(ばい)」

この商品の詳細、お問い合わせは下記リンクから公式サイトをご覧ください。

佐賀市漁村女性の会公式サイト

下記サイトから通信販売で購入可能です。

佐賀市漁村女性の会通販ページ

楽天の方はコチラから

うまかのり梅

価格:432円
(2015/11/11 02:00時点)
感想(4件)

こっちもおススメ!

「わさびドレッシング」わさび苑多良岳のドレッシングはツーンと来る本物のわさび味が激ウマい!

「佐賀和牛カレー」佐賀のブランド牛「森山牛」を使った牧場直営店のレトルトカレー

「竹崎かにしゅうまい」おいしいね!佐賀のお土産『イカしゅうまい』に飽きたらカニですよ。

九州でブッチギリの最下位というマイナー県”佐賀・サガ・SAGA”

佐賀の歴史が熱い!佐賀をサガして!ワリとまじで

何にもね~じゃん!非難続出中の佐賀にある世界遺産はコチラ

佐賀のランチ旅「孤独オヤジのグルメ」はコチラ

佐賀ポータルって何?どんな人が運営しているの?

「佐賀ポータル」について。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る