「御手洗の滝」鳥栖市にある神秘的な滝!手頃な山歩きに最適です。

Pocket

「御手洗の滝」は鳥栖市のパワースポット!山伏の修験場にある見事な滝です。

佐賀県と福岡県の間にまたがる脊振山系、この山々は古くから山伏の修験場として開け、御手洗の滝はその東端、英彦山で修業する山伏が手を清めた事から名付けられたといわれています。

自然を残した山の中にある落差22mという見事な滝で、修験場の名残りなのか数々の仏さまが鎮座する神秘的な場所でした。現在は釣堀やキャンプ場が整備され、夏は人気のレジャースポットとして多くの人で賑わいます。

御手洗の滝の駐車場。滝はここから15分ほど山道を歩きました。

御手水の滝1

ここが御手洗の滝へと続く登山道の入口。

御手水の滝2

右に川、左は山となっています。山側には、かつて道があったような痕跡があります。所々、建物があったのではないかと思われる場所もありますね。

御手水の滝3

御手洗の滝にあるキャンプ場横の川。綺麗に整備されていて、夏は水遊びも出来そうです。

御手水の滝4

御手洗の滝周辺の地図がありました。キャンプ場を抜けて、二の滝、一の滝と続くようです。

御手水の滝5

キャンプ場に入ってきました。石畳の道が続きます。

御手水の滝6

キャンプ場には、このようなテントを張るスペースが設けられています。これは便利!

普通、テントを張る時は雨対策として周りに溝を掘って、溝を掘った時の土を真ん中に集めて土台を作り、その上にテントを張る事で回りより高くするんです。そうする事で雨天時にテント内が水浸しになる事を防ぎます。

自衛隊在籍時に何度か野営しましたが、穴を掘るの面倒くさいんですよ。これだと最初から高くなっていて、水が上ってこないので安心です。

御手水の滝7

炊飯の為の小屋も設けられています。

う~ん、私は自分で石を積んで炊飯したい派ですが、気軽にキャンプするには便利な施設です。安全のためにも必要ですね。

御手水の滝8

さて、キャンプ場を過ぎると本格的な登山道になってきました。

御手水の滝9

山は人々に恵みをもたらし、天候を左右し、農耕の水源でもあります。そういった山への畏敬を込めた自然信仰が、日本古来の神道や大陸から渡ってきた仏教などと融合して生まれた修験道。そんな修験道の聖地である山の中で、大きな存在感を放つ滝。なんだか超自然的で霊的な何か。今風で言う所のスピリチュアルな力を感じます。

なので、有名な滝には殆どと言っていいくらい宗教的な痕跡があるんです。それらがまた滝を神秘的に演出して魅力を数倍に高めていますよね。

御手水の滝10

キャンプ場を抜けるあたりに、二の滝があります。

御手水の滝11

見事な峡谷、その奥に二の滝がありました。

御手水の滝12

一段、二段、周りの岩や木々とのバランスがとても美しい滝です。

御手水の滝13

さて、二の滝を過ぎると道も細くなり、歴史を感じさせる歩道になってきました。

御手水の滝14

二の滝を横から。

御手水の滝15

そして、二の滝の上の部分。

御手水の滝16

年季を感じさせる石ですね、良い庭石になりそう。見事な苔です。この石を見て、なぜか頭の中に「海ゆかば」が流れてきましたw

山ゆかば~草生す屍・・・あまり楽しい歌じゃないですね。私が航空自衛官だったころ、OBの元海軍だった方が良く歌っていたのを思い出しました。

御手水の滝17

この辺りから、道端に祀られている野仏が増えてきます。

御手水の滝18

聖地に足を踏み入れたみたいで、気持ちが引き締まります。

御手水の滝19

自然の中、川のほとりに続く歩道。とても美しい場所です。

御手水の滝20

NDフィルタをオンにして川をズーム撮影してみると、とても綺麗に撮れます。どこを撮っても絵になるので、まるでプロカメラマンになった気分w

御手水の滝21

いよいよ一の滝に近づいてきました。この辺りにも昔は建物があったのでしょうか、石積みが残っています。山伏の修験場だったそうですから、宗教関連の施設が建っていたとしてもおかしくないですよね。

往時の姿を分かり易く図にして掲示したら、いろんな想像が膨らんで面白そうなんですけどね・・・もったいない。

御手水の滝22

ようやく御手洗の滝に到着です。けっこう歩いた気がするのですが、途中の景色が綺麗なのであっという間にたどり着いた気がします。

御手水の滝23

それではお待ちかね、御手洗の滝、一の滝です。

御手水の滝24

落差22m、幅6mと鳥栖市のウェブサイトでは紹介されていますが、実際に目の前にするとかなりの迫力です。写真だと伝わりにくいかもしれませんが、おもわず「おぉ・・・」と声が漏れるほど。

御手水の滝31

滝の横には祠があります、この中には密教の最高神である大日如来が祀られているそうです。

御手水の滝26

凄い所に仏像があります、どうやって置いたんでしょ?

コチラは不動明王でしょうか、滝と言えば不動明王ですね。

御手水の滝27

滝の周りは少し広くなっていて、東屋が設けられています。

御手水の滝28

滝を横に見て川を渡ると、対岸に仏像が祀られています。お地蔵さまでしょうか。

御手水の滝30

滝に行くと何か不思議な感覚に襲われるんです、どこかで誰かに見られているような・・・周りを見渡しても誰もいないんですけどね。気のせいだと分かっているのですが、宗教なんて関係ないと思っていても、やはり心の奥底に偉大な自然の力や、過去の人々が大切に残した歴史ある物に対する畏敬の念があるのでしょう。

御手洗の滝はここが終点。お地蔵さんの横には階段があり、この先は九千部山へと続く登山道になっています。

御手水の滝32

御手洗の滝へは麓の釣堀から狭い道をキャンプ場方面へ登っていきます。狭い道なので、対向車に十分注意してください。

御手水の滝33

こちらは御手洗の滝の麓にある釣堀。

御手水の滝34

この他にもトンボが飛び交う公園や、河川プールなどもあります。子供連れのファミリーからカップルまで一日楽しめる場所ですよ。

詳しくは下記リンクから、営業時間や河川プールの利用期間をご確認ください。

佐賀の観光ポータルサイト「あそぼー佐賀」

「御手洗の滝(鳥栖市)」

MAP:佐賀県鳥栖市立石町 Googleマップへ



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る