長崎街道「田手宿」佐賀の乱の激戦地に今も残る風情ある古い町並み。

Pocket

吉野ヶ里町の田手地区は田手畷の戦い、佐賀の乱の決戦地として激しい戦いの舞台となった場所。

やっぱ田舎はいいですよね、昔ながらの街並みや歴史の痕跡があちこちに残っているんです。そんな街を歩きながら、過去の出来事に思いを馳せる。いやいや贅沢な楽しみですよ、田舎ならではですね。という事で、今回訪れたのは吉野ケ里遺跡のすぐ南にある「田手宿」です。

田手宿は長崎と小倉を結ぶ旧長崎街道に設けられた25の宿場ではありませんが、中原宿・神埼宿間の「間の宿」として栄えた宿場。ここ田手地区は佐賀の乱において最大の激戦地となったために多くの建物が焼けてしまいましたが、今でも古い建物が点在し、往時の面影を残しています。

田手宿は佐賀から続く国道34号線「吉野ヶ里町田手」交差点から南へ。角にあるスーパーモリナガなどショッピングセンターが目印。

田手宿1

ここから少し歩いて行くと、江戸時代のものと思われる追分道標がありました。

田手宿2

この道標は江戸時代後期にはすでに立っていたらしく、元あった場所から道路拡幅によって少し西へ動かされているそうです。この道標から北へ向かうと背振山の神社へと向かう弁財天道。長崎街道とのとの追分(道の分岐点)が、まさにここでした。

かなりシッカリと文字が残っているので、今でも何とか読むことが出来ます。

道しるべが立つ交差点を西方向へ曲ると、ここからが旧長崎街道。田手宿へと入っていきます。

田手宿5

入ってすぐ、恵比寿像がありました。

田手宿6

道端に何気なく置かれている石ですが、けっこう古そうですよ。

田手宿7

見てくださいコレ、佐賀はこんな広大な農地が至る所に広がっています。ほんとにね、空が広い。

田手宿8

宿場町だけあって、間口が狭く奥に長い敷地。

田手宿9

おっと、これは古そうな建物が見えてきました。

田手宿10

工場を併設している家みたいですね、重厚な造りの日本家屋です。

田手宿11

パン工房の看板がかかっていますね、営業していないのが残念。

田手宿12

この建物の脇から細い道を入ると、公民館がありました。知足庵とかかれた建物は、ここから北へ国道34号線と線路を渡った所にある「東妙寺」の僧房でしょうか。

田手宿13

脇にあった古い地蔵など。

田手宿14

どこか笑っているような、面白い表情のお地蔵さまもありました。

田手宿15

寛保という文字が見えますね、四とありますが寛保は3年までしかありません。西暦にすると1741年から1743年です。知足庵の向かい側は墓地になっていました。

田手宿16

長崎街道に戻って歩いていると、古い建物が点在していてとても風情がありますね。町屋のタバコ屋さんですよ、なんとも贅沢。

田手宿17

その隣にある家。もとは茅葺か藁葺の屋根だったんでしょう。少し角度を付けてみると、2棟を繋いだような構造になっています。これは面白い!ぜひ中に入りたいところですが・・・無理ですね。

田手宿19

タバコやさんの前から長崎街道を西方向、先で田手川にぶつかり直角に左へと曲がっています。

田手宿18

川に向かってしばらく歩くと醤油屋さんがありました。人手を使った昔ながらの製法で、地元の原料を使って作られる醤油は全国に多くのファンを持つのだとか。佐賀は各市というか、地区ごとに醤油蔵があるんですよ。都会だと大手に駆逐されてしまった地域の醤油蔵、佐賀は今でも伝統のご当地醤油が各地に残っています。ほんとね、スーパーで買う全国どこでも手に入る醤油とは全く別物。炊き込みご飯や煮物にすると、その差は歴然。私が九州に来て、一番気に入ったグルメは醤油かもしれません。ちなみに、我が家では家のすぐ近くにある醤油醸造所「ヤマタカ醤油」を使っています。

北村醤油も試してみたいなぁ、買っていきたいけど、ここは工場みたいです。気に留めておいて、見つけたら購入することにしましょう。

田手宿20

北村醤油の工場入り口に建つ6角形の建物。これもまたモダンというか、昭和初期とか大正時代っぽいレトロな建物です。

田手宿21

そして、その横に建つこの建物が圧巻!

ドーンと存在感のある大きな建物、一階の格子や板張りの外壁が見事。凄いですね、大きくて重厚な造り。圧倒されます。

田手宿22

その向かいには実に味のある建物。工場でしょうか、それとも倉庫かな?

とにかくレトロな建物がたっていました。

田手宿23

ちょっとお邪魔して・・・このレンガがとってもレトロでいい感じ。

田手宿24

大きな梁と時代を感じさせる扉。

田手宿25

いやいや、思った以上に見どころありますね田手宿。

さらに進んで川にぶつかり、直角に左へ。目の前に田手神社がありました。長崎街道田手宿という石碑も建てられています。

田手宿26

拝殿と本殿、かなり大きくて立派な神社です。

田手宿27

お寺の由緒によると、創建は約1300年前、天智天皇によって建立されたとあります。天智天皇といえば、あの中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)です。中臣鎌足と共に、大豪族である蘇我入鹿を暗殺、大化の改新を行った人物。

これはまた・・・すごい人が出てきました。

そして祀られている神様は「撞賢木厳之御魂向津媛命(つきさかき・いつのみたま・むかつひめ)」なんとも難しい名前の神様ですが、天照大神の荒御魂の事。天照大神の戦闘モードとでもいいますか、激しい一面が一つの神になったのが荒御魂です。

この荒御魂、神の怒りによる力の行使「神の祟り」をもたらすとして恐れられる一方、新しい事象や物体を生み出すエネルギーとして、大いに力を与えてくれる存在でもあります。

何か新しい事をはじめたい時、ここにお参りするとご利益があるかもしれませんね。起業や新規開業のパワースポットじゃないですか。

田手宿28

堤防と同じ高さに築かれた田手神社の拝殿。

田手宿29

神社から堤防にでて、田出川を撮影。江戸時代にはこの川に橋が無く、川底に置いた石を渡っていたそうです。っていうか、現在の水位だと石を置いて渡るなんて無理っぽいですよね。昔はもっと浅かったのでしょう。

田手宿30

堤防の上から田手宿を見ると、他にも古い大きな建物がいくつかあります。

田手宿31

こんな家紋の入った家とか、かつては商業地として大いににぎわっていたのでしょう。

田手宿32

ネットで田手宿を調べると、ほとんど画像も出てこないんです。たまに旅行ブログで長崎街道を歩いている記事もありますが「田手宿は佐賀の乱で焼かれて昔の面影は残っていない」と書かれている事が多く画像もほとんどない。しかし、実際に歩いてみると、古い民家などが思った以上に残っていて楽しく歩くことが出来ました。

この地は川を渡る橋が無かったという事もあり、佐賀藩の防衛拠点としての意味合いもあったのではないでしょうか。佐賀の乱においては、この地が最大の激戦地となっています。さらにそれよりも前、戦国時代初期には田手畷の戦いが起こり龍造寺家躍進のきっかけともなりました。まあ、周辺の地形を見ていると、ここから少し北に現在の吉野ケ里遺跡がある丘陵地が広がり、日吉城が現在の吉野ケ里遺跡内に築かれていたことから主戦場は少し北だったと思われますが。それでもこの宿場町も戦火に見舞われたのか、それとも佐賀軍が政府軍に使われないよう事前に放火したのか、正確なところは不明ですが激しい戦いを見守って来た地なんです。その時歴史は動いた・・・じゃないですが、佐賀における大きな歴史の転換点となった場所。歩きながらそういった過去に思いを馳せていると、歴史の連続性というか、自分たちの生きる現代が過去から繋がって来たものだと感じる事が出来ます。

うん、メッチャ楽しい。だから佐賀はやめられないんです。

「長崎街道 田手宿」

場所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1527(田手神社)⇒ Googleマップへ



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る