「うま馬祇園店本店」博多で最初のラーメン店伝統の味!元祖博多ラーメン。

Pocket

博多で初めてラーメンを提供した屋台を起源に持つ本物の元祖博多ラーメンが食べられるお店「うま馬」

すっかり全国に知られるようになった博多ラーメン、極細のストレート麺にガッツリ濃厚な豚骨スープ。そんなイメージが定着しておりますが、実は博多で最初の豚骨ラーメンは少し現在のものとは違ったんです。そんな博多ラーメンの起源ともいえる古風ラーメンを食べられるお店が、博多区祇園にありました。

もともと博多駅は今の博多区祇園にあったんです。そのため、祇園界隈には老舗と呼ばれるお店が今でも営業中。今回お邪魔した「うま馬」も祇園にある老舗のひとつ。

場所は市営地下鉄祇園駅の3番出口から出て

うま馬1

目の前を通る国道202号線沿いに真っ直ぐ西へ

うま馬2

少し歩くと・・・ありました!

二階建ての銀色の建物、ここが「うま馬祇園店本店」です。

うま馬3

博多ラーメンの原点、源流博多ラーメン。店頭の看板にお店の紹介が書かれています。

戦前の1940年に誕生した「三馬路」の味を唯一受け継ぐお店。うま馬の創業は昭和28年(1953年)という老舗中の老舗ラーメン店。

うま馬5

店頭に並ぶメニュー看板。

うま馬4

「昭和15年から平べったい麺やってます」と書かれています。博多初のラーメン店「三馬路」から変わらず伝統の平打ち麺を使ってます。

うま馬6

さて、70年以上の歴史を持つラーメンの味とは、いったいどんな味なんでしょう。期待に胸を膨らませながら、店内へ。

1階はL字のカウンターにオープンキッチン。2階にも客席があります。

うま馬7

お持ち帰り用のお土産ラーメンが売られていました。

うま馬8

今どき珍しく、ランチタイムでも灰皿が置かれています。昔はどこでもタバコが吸えて当たり前でしたからね、こういうところもレトロでグッド。

うま馬9

続いてメニュー

うま馬10

とってもお得なランチセットがありあました。

とり皮ウマそう!餃子も良いね、今日はコレだ。この「博多名物セット」を注文します。

うま馬11

私は酒を飲まないのでアレですが、昼から一杯ひっかけるのも贅沢ですよね。東京じゃ蕎麦屋で昼から一杯やるのが粋だといいますし。

ちょい呑みセット1000円。

「ラーメン屋で食べるカレー」なかなか惹かれるんですけど、今日は源流ラーメンを食べに来たのでパス。

うま馬13

テーブルの調味料のセット。胡麻、塩、餃子のタレ、ラー油と胡椒。

うま馬14

目につくものを適当に撮影していると、セットの第一弾「とり皮」がやってきました。

うま馬15

博多の焼鳥らしく、タレの付いたキャベツと一緒に提供されたとり皮。一口食べてみると・・・

ジュワッと甘辛タレが激ウメぇッ!

甘辛い醤油タレが激うま!これは日本人ゴロシですよ。んでもって、良く焼かれたとり皮にめっちゃしみ込んでるんです、濃厚な甘辛タレが鶏皮に、食べた瞬間にジュッと出て来るくらい。これは強烈。私の田舎の方言を使うと「メッチャようしゅんでる」と言います。

このタレと焼き具合が最高で、食べた瞬間味が濃すぎるような気がするんですけど、甘辛い醤油のウマ味がじわ~っと口の中に広がります。これはハマる。

そして、メッチャ地味やけど、キャベツのタレもウマいねぇ。

うま馬16

メッチャ味のしゅんだ「とり皮」を味わっていると、やってきました真打ち登場です。

これが70年以上の伝統の味、源流博多ラーメン。

うま馬17

スープは豚骨系の白い色してますけど、乳化したような白濁ではなく透明感のある見た目。

うま馬18

まずは一口・・・ズズッといってみます。

なるほど、今風の豚骨とは明らかに違うスッキリした感じ。けどね、看板に書いてあったようなアッサリじゃないです、スープのベースがシッカリとしたコクのある味で豚骨の臭みも少しあり。タレの味がけっこう効いてます。

うん、新感覚の味やけど、これはこれでウマい。

うま馬19

そしてこちらが昭和15年からやってるという「平べったい麺」です。

博多ラーメンと言えば極細ストレートを思い浮かべますが、あれは長浜という福岡のラーメン。博多ラーメンは、元々このツルンとした平べったい麺だったんです。

うま馬21

ちゅるッとした麺、そこそこ太くて平べったいので食べごたえがあります。口の中一杯に頬張った時の満足感。この麺と食感、私は好きだなぁ。

ラーメンの上にのってるチャーシューはとってもシンプルな味付け。余計な事をしていないので普通に美味しい。

うま馬20

写真を撮りながらズズッ麺をすすり、モグモグしてると餃子がやってきました。

う~む、なんで博多の餃子って小さいの?

一口餃子とかイチビッたこと言ってるけど、関西人の目から見るとケチってるだけに思えちゃうんですよね。

うま馬22

見た目はアレですけど、食べてみると美味しいのでまあえ~やろ。という事にしとく。

とりあえず小皿に餃子のタレをいれて、オリジナルっぽい美味しそうなラー油を入れます。

うま馬23

それでは一つガブッと。

うま馬24

この餃子、小さいけど味がギュッと詰まっててかなりイケます。

どうせやったら思いっきり頬張って食べたいですねぇ。一口餃子が名物だからこそ、ここはひとつジャンボ餃子で勝負してほしいなぁ。美味しいだけにもっとガッツリ食べたい。個性をだすなら、やっぱ根性だして逆張りですよ。

うま馬25

ジャンボ餃子っぽくするために、一気に3つ餃子を頬張って幸せ気分に浸るのもつかの間・・・あっという間に餃子無くなりました。

そしてラーメンにはお馴染みの高菜。

これ好きなんですよ、高菜を具にしてスープをひたすら飲んでしまいます。気が付いたら飲み干してました。なんかね、じわ~っとくるんですよ、このスープ。

うま馬26

激うまのとり皮、源流博多ラーメン、ケチ臭いけど美味しい餃子。しっかり堪能させていただきました。やっぱラーメンは個性的でしたね、これが昭和15年から受け継がれる伝統の味。確かに今風のコッテリ泡立つような豚骨じゃないけれど、コクがあるのに後味スッキリなじわウマスープ。そして、食べごたえのある平べったい麺。

博多ラーメン好きなら、博多ラーメンの源流を一度は味わってみるのも良いんじゃないでしょうか。

話しのネタにもなりそうですし、源流博多ラーメンおススメですよ。

「うま馬祇園店本店」

MAP:福岡市博多区祇園町1−26⇒ Googleマップへ

営業時間:平日11:30から14:00 17:30から24:00(L.O.23:30)、土日祝11:30から15:00 17:30~23:30(L.O.23:00)

定休日:無し

当記事は訪問時のものです、メニューの内容や価格などが変更になる可能性があります。最新の情報など詳しくは下記リンクから公式サイトをご覧ください。

博多うま馬公式サイト⇒http://www.hakataumauma.com/



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 痴陶人
    佐賀ちゃんぽんの総本山!佐賀玉屋南館横に新規オープンした「麺屋 痴陶人」に行ってきました。 ちゃん…
  2. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  3. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  4. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  5. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る