佐賀「八戸城跡」肥前佐賀のヒーロー”龍造寺隆信”所縁の地を写真で巡る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐賀に残る城跡といえば佐賀城が有名ですが、中世戦国の頃には大小様々な城が存在していました。今回紹介する「八戸(やえ)城跡」もそんな城の一つ。築かれた年代は不詳ですが、ここから北へ3kmほど行った地にある於保城を治めた於保氏から別れ、八戸と名乗った一族が治めた城です。

かつては三重の城濠に囲まれた城だったそうですが、今ではその遺構は殆ど残っておらず、1521に城内に建てられたという”龍雲寺”と堀の名残りのようなクリーク(水路)が残るのみです。写真はクリークにかかる橋を渡って、その奥にある龍雲寺。

八戸城正面

地図を見ると、正方形にクリークが城跡を囲むようにはしっています。クリークの形が、なんとなく城濠っぽくないですか?

八戸城跡

八戸城後の東側にかかる橋から撮影したクリーク、かつて堀になっていたような形で寺を囲んでいます。なんとなく、城跡っぽいですね。

城濠のようなクリーク

龍造寺隆信の時代、八戸城を治めたのは八戸氏最盛期の当主”八戸宗暘”です。宗暘は龍造寺隆信の姉を妻としていて、龍造寺隆信の親戚に当たる人物です。しかし、八戸宗晹は龍造寺家に従っていたものの、神代氏や大友氏とともに反龍造寺の動きをしたために、1558年元旦に龍造寺隆信の攻撃を受け落城、城は廃棄されました。八戸宗暘は神代氏を頼って山内(佐賀市北方の山間地域、三瀬方面)へ落ちのび、大友氏の肥前進行時には再び反龍造寺の兵を挙げ、最後は合戦で負った傷がもとでなくなりました。

八戸宗暘の子供は命を助けられ、山本姓を名乗り山本宗春となりました。この山本氏が後に「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」で有名な、山本常朝へと繋がっていきます。そのため、八戸城跡に建つ龍雲寺には山本常朝と墓と、葉隠の碑が立っています。

葉隠の碑

葉隠石碑

山本常朝の墓

墓

龍雲寺境内

龍雲寺境内

八戸城跡の南側、旧長崎街道

長崎街道

数百年の昔、佐賀村中城を発した龍造寺軍は、ここから攻め込んだのでしょうか。当時の詳しい記録がないために解りませんが、今は何の変哲もない田舎の風景が戦場となっていた歴史があるんですね。

八戸城跡(龍雲寺)

MAP:佐賀市八戸1丁目6Googleマップへ



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る