日清「どん兵衛年明けうどん」アッサリ薄口でジワうまい!梅干しが絶妙のアクセント

Pocket

「年越しそば」ならぬ「年明けうどん」なんてものがあるんですね。

どん兵衛の年明けうどんは、通常のどん兵衛よりアッサリしていて美味しいですよ。

2015年12月21日に発売となった、日清の年明けうどんシリーズのどん兵衛版。年越しそばは毎年食べていますが、年明けうどんとはいったいどんな味なのか買って食べてみました。

日清どん兵衛年明けうどんのパッケージは、赤や金で飾った新春おめでた系。

どん兵衛年明けうどんパッケージ

どん兵衛といえばガッツリ鰹ダシが特徴ですが、年明けうどんは梅を丸ごとのせた昆布だしうどんの様です。

どん兵衛年明けうどんパッケージ2

パッケージに描かれている具材は、梅干し、とろろ昆布、寿かまぼこ、たまご、ネギですね。

どん兵衛年明けうどんパッケージ3

カロリーは1食81g当たり317kcalで、定番の日清「どん兵衛きつねうどん」の1食96g当たり410kcalと比べて、かなり控えめ。

どん兵衛年明けうどんパッケージ4

フタを開けて、中から「かやく」「粉末スープ」「梅干し」を取り出します。真っ赤な梅干しと、四角いとろろ昆布が特徴的ですね。

どん兵衛年明けうどん内容物

フタを開けると、裏にド派手な文字が書かれています「どんばれ」って何ぞや?

公式サイトによると

人を追い込んじゃうこともあるのががんばれだとすると、人をラクにさせるのがどんばれ・・・らしいです。

どんばれ

まあ、どんばれドン引きしながらも、カップに粉末スープ、かやくの順で入れて・・・

どん兵衛年明けうどん1

熱湯を注いで5分待ちます。

どん兵衛年明けうどん2

5分後、梅干しを載せて完成です!

どん兵衛年明けうどん3

おおっ!白いうどんに梅干しを入れると、紅白になって目出度いですね。ふむふむ、日の丸になって新年にふさわしい国旗デザイン。

どうせなら、他の具と合わせて日章旗になれば更に縁起ものっぽかったのですがね。関西だと紅ショウガのしょうが天を使えばできそうw

どん兵衛年明けうどん4

まずはスープからズズっとやってみると・・・う、うぅ、う~、うまい!これ旨いです。

アッサリしているけど、薄味じゃない。昆布の出汁がシッカリ効いて、メチャメチャ旨いッス。

普段食べ馴れてるどん兵衛に比べると、鰹などの魚介系の味が控えめで、塩や醤油の味もかなり押さえられています。なので、スープが薄いように思いますが、昆布だしがガツンと来る。塩気が少ないので、とても優しい味に仕上がっています。

うどんはスタンダードなどん兵衛と一緒、ツルツルうどんです。

どん兵衛年明けうどん5

とろろ昆布が良い仕事してます、とろとろで旨い!やっぱ、うどんにはとろろ昆布が合いますね。

どん兵衛年明けうどん6

昆布と梅といえば、梅昆布茶なんてものがあるくらい、鉄板で黄金の組み合わせ。梅の酸味が全体の味を引き立てつつキュッとしめて、これは合う!うまいです。

どん兵衛年明けうどん7

全体としてアッサリ優しい味にまとまっている「どん兵衛年明けうどん」。年末年始の料理はおせちなどコッテリ濃い目の味付けが多い上に、お酒を飲むことも多いでしょう。

そんな中でアッサリスッキリ、ジワーッ優しい味は朝の一杯や夜の〆に最適ですよ。

「どん兵衛年明けうどん」

希望小売価格:180円(税別)

発売地域:全国

当記事で紹介した商品に関する詳細やお問い合わせは、下記リンクから公式サイトをご覧ください。

日清食品公式ウェブサイト

インスタント食品タグの記事

日清「ごんぶと年明けうどん鯛だし仕立て」コクうま系のアッサリうどん。実食レビュー

佐賀の土産物店でよく見る「佐賀ん牛汁」がウマすぎる!ジワーっと沁みる優しい味わいです。

「生ちゃんぽん」田舎のオリジナルインスタント食品クオリティ高すぎ!もはや高級食材です

「たろめん」佐賀大町ご当地グルメのインスタント麺をレビュー!

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る