「一粒茶屋すいしゃ」ミルフィーユカツがとにかく美味しい。佐賀嬉野の激ウマ!ランチ

Pocket

ここの「ミルフィーユカツ」は絶品です、ぜひ食べてみることをお勧めします。

グルメ:佐賀ランチ

「一粒茶屋すいしゃ」薪で炊いたご飯が激ウマ!ジャズが流れる落ち着いたレストラン。

杵つきの米を、薪を使って釜戸で炊いた「激ウマご飯」を食べさせてくれるレストラン「一粒茶屋すいしゃ」に行ってきました。外観は古民家風で、嬉野川沿いの素晴らしいロケーション。

お食事処の外観

すいしゃ外観

とにかくお米にこだわっているレストランで、実際に薪と釜戸でご飯が炊かれていました。チョットした事に思えますが、飲食店でこれをやるのは場所やオペレーション的に相当に大変な事ですよ。

すいしゃ釜戸

お店の裏には精米所があり、精米方法は昔ながらの「杵つき」を採用しているとの事。石臼に入れた米を杵でつき、4~5時間かけて精米。そんな手間暇かけて精米した米を、さらに手間をかけてカマド炊き。冷めても美味しい、モチモチのお米になるそうです。う~ん、素晴らしい!

すいしゃ精米所

この店はタダ者じゃないぞッ!と楽しみにして店内に入ってみると、これまたタダ者じゃない雰囲気。ジャズが流れる店内に、これまたモダンな店内。私みたいなダサいオッサンが足を踏み入れてもいいの?と、躊躇してしまうような店内です。

だってほら、薪ストーブですよ!シャレとんな~。ダークブラウンの木、漆喰の白、薪ストーブ周りのレンガ、さらにレトロなシャンデリア等々まさに和モダンな店内。奥の堅繁障子を開けると、座敷席があります。

すいしゃ店内1

反対側から店内を撮影してみると、出ましたピアノ!スピーカーやモニターもあって、ジャズが流れています。場違いなところに来てしまったかも知れんマジで・・・と思うくらいにレトロモダンな古民家スタイルです。

すいしゃ店内2

店員さんに撮影する旨を伝えたとはいえ、注文もせずにキョロキョロしてると迷惑なので席についてメニューを決める事にします。

すいしゃランチメニュー

茶そば+ミニ牛丼に惹かれたのですが、ここはおすすめと書かれたミルフィーユ御膳を注文。ふと顔をあげると目の前には嬉野川が流れ、のどかな田舎の風景が広がります。

すいしゃ窓からの眺め

川沿いにはテラス席が用意されているので、思いっきり田舎の自然を感じながら食事が出来ます。カップルや家族旅行におススメですね。

すいしゃテラス席

引き続きキョロキョロやっていると、ミルフィーユ御膳がやってまいりました。メインのミルフィーユカツにキュウリの酢のもの、肉じゃがっぽい煮物、吸い物、茶わん蒸し、そしてご飯!とサラダという構成です。

ミルフィーユ御膳

まず最初に食べるのは、もちろん「ライス」ですよ米のまんまです!米がモチモチ粒々で唸ってしまうほどの美味しさ。キュウリの酢のものもウマい!少し甘めで酢の酸っぱさ加減が絶妙!なので、味に品があります。う~ん、この酢のもの美味しいな~マジで。

サラダはもう佐賀の野菜は激ウマなので、文句なく美味しい。さらにもう一つの小鉢は甘辛系、とっても上品な肉じゃがっぽい味付けが美味しいです。豆がイイ仕事してますね、これをメインにしても良さそうなくらい美味しいです。

すいしゃ小鉢

こちらがメインの「ミルフィーユカツ」です。見た目は小ぶりなのですが、ぎっしり重なっているのでボリュームありますよ。

すいしゃミルフィーユ

ガブッと一切れいってみると・・・メッチャメチャおいひ~~ッ!

薄切りの豚肉を重ねた間に、タップリのチーズと大葉。大手とんかつチェーンにあるようなパサパサミルフィーユではなくて、とってもジューシー!肉の脂がしっかり残っていて、メチャメチャ旨い。

肉もかなり良い肉を使っているんでしょう、脂は感じますがしつこさが全くなく旨みを数倍に増幅している感じ。チーズはチェダー系でしょうか?詳細は不明ですが、コクのあるチーズです。合わさるとしつこくなりそうなのに、やはり相乗効果で旨みを数段アップさせてもクドくなりません。毎日でも食べれそうですね、こちらもとっても品の良い味です。上にのってる大根おろしも、単体で食べてみましたがウマい!全部ウマいですッッ!

この断面を見よ!シズル感がタマリマセン。

すいしゃミルフィーユ断面

「一粒茶屋すいしゃ」は、ロケーション、店内の雰囲気、料理の味、どれをとっても満足度の高いお店でした。そしてまた、嬉野温泉の周辺ってとっても街並みが魅力的なんですよ。あ~、嬉野に住みたくなってきました。

最近は日帰りで温泉を楽しむ方もいるみたいですし、どこに行こうか迷ったらぜひ嬉野に行ってみてください。もちろんランチのおススメは「一粒茶屋すいしゃ」です。

「一粒茶屋すいしゃ」

MAP:佐賀県嬉野市嬉野町下野甲 Googleマップへ

営業時間:ランチ・11:30~14:00 喫 茶・14:00~18:00 夜は要予約、最低4名以上

定休日:日曜日・月曜日

お店の詳細は下記リンクから、公式サイトをご覧ください。

一粒茶屋すいしゃ公式サイト

 

嬉野のおススメ記事

・「嬉野の温泉街」嬉野温泉商店街を散策したよ!歓楽街もあって温泉地らしい雰囲気が最高でした

・「佐賀平川屋パフェ」”佐賀平川屋”名物パフェの豆乳ソフトクリームがウマすぎる!

・「ブーゲンハウス嬉野」佐賀嬉野温泉のブーゲンビリア園に行ってきた!

・「宗庵 よこ長」嬉野温泉名物の”温泉ゆどうふ”を実食!セットの”うどん”も超ウマい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る