「たろめん」佐賀大町ご当地グルメのインスタント麺をレビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「たろめん」というご当地グルメをご存じでしょうか。たろめんは佐賀大町町のご当地グルメで、うどん麺を生姜風味の牛骨スープで食べる珍しい麺料理。以前、大町町まで食べに行ったのですが、道の駅でインスタントタイプの「たろめん」が販売されていたので、自宅で購入して食べてみました。

ちなみに、大町町で食べた「たろめん」はこちらの写真。

たろめん

紹介記事:家族庵で食べた佐賀のご当地グルメ「たろめん」は”うどん”のような不思議な食べ物。

パッケージはかなり派手、写真を見る限りチャンポンのように見えますが、スープのベースが牛骨なので味は全く別物です。

インスタントたろめんパッケージ

パッケージの裏には必要な材料と作り方の説明がのっていますが、この通り作ろうと思うと材料が大変ですね。

パッケージの裏

パッケージの中身はこんな感じで、乾麺タイプの”うどん”とスープの素が入っています。

たろめん中身

さっそく作ってみようと思うのですが、パッケージ裏に書かれている必要材料がハードル高すぎ!

必要材料:豚肉、ニンジン、玉ねぎ、キャベツ、キクラゲ、エビが3尾

この材料を揃えるために買い出しに行くのも面倒なので、とりあえず家にあるもので作ってみる事にします。

揃えた材料:豚細切れ肉、ニンジン、玉ねぎ、キャベツ、ニンニク

材料

パッケージに生姜風味と書かれていたので、牛骨スープと生姜にニンニクが合うだろうとの事で1片入れてみます。

では、材料を適当にカットしたところで調理開始!最初にフライパンに油、ニンニク、玉ねぎ、ニンジンを入れ弱めの火でじっくり炒めます。

たろめん調理1

ニンニクや玉ねぎの香りが出てきたところで、肉とキャベツを投入。火力をあげて炒めます。

ここで塩コショウをしたかったのですが、付属しているスープの素がどんな味なのかわからないのでやめときました。

たろめん調理2

具を炒めている間に隣のコンロで湯を沸かし、乾麺のうどんを茹でます。

うどん茹でる

具を炒めたら300ccの水を入れ、スープの素も投入。付属しているスープの素は粉末ではなく、濃縮スープタイプです。パッケージには「湯とスープの素とを事前に混ぜておき、よく混ぜたスープを入れる」と書かれていますが、別々に入れても全く問題ありませんでした。

水入れ

水から入れたため、スープを溶かすためにかき混ぜながら少し煮込みます。ひと煮たちしたら、茹でて水を切った麺を投入。

うどん投入

麺をいれて、再度ひと煮たちしたら完成です。器に盛り付けて、あとは食べるだけです。生姜の香りが漂ってきて、とっても美味しそうです。

インスタントたろめん完成

早速いただいてみると、癒されウマい~!じわーっとくる優しい味です。生姜の香りが効いていて、さらに豚や鶏とは違うクセのないアッサリ系スープ。

キレが良く、豚のような臭みも無く、アッサリしているけど牛骨の旨みがシッカリとしたコクのある味。

思いつきでニンニクを入れてみたのですが、生姜と牛にも相性ピッタリです。ときどきニンニクの香りが混ざって、とても美味しいスープになってます。

麺は平べったくてツルッとした、のど越し最高の乾麺タイプのうどん。コクのあるスープには、太い麺が合いますね。

インスタントたろめんの麺

実際に現地のレストランで「たろめん」を食べているのですが、このインスタント麺は現地の味そのままですね。スープも麺も、全く遜色有りません。それくらいに完成度の高いインスタント麺でした。

今回はいろんな具を入れて作ってみたのですが、この「インスタントたろめん」は、何も入れずに作っても美味しいと思います。具を入れずに作って、黒コショウでもパパッとかけると違った美味しさで味わえるはず!です。

「たろめん インスタントタイプ」

佐賀市から西へ30分ほどの所にある「おおまち情報プラザ ひじりの里」内で販売されています。ひじりの里には食堂があり、本場の「たろめん」を食べることも出来ます。

おおまち情報プラザ ひじりのさと MAP:佐賀県杵島郡大町町福母297−4

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 磨崖碑
    佐賀市大和町の国道263号線拡幅工事で約340年前の磨崖碑が見つかったそうです。 こんな場所で見つ…
  2. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  3. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  4. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  5. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る