「讃岐屋(うどんのさぬきや)」で佐賀ランチ!巨大な赤ちょうちんが気になってたんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐賀と神埼を往復していると、必ず目にするこの提灯風の看板。気になりますよねェ

「讃岐屋(うどんのさぬきや)」は豊富で個性的なメニューが凄い!魅力あふれるお店でした。

いつか行こうと思いつつ、なかなか立ち寄る機会の無かったお店。神埼市の国道34号線沿いにあるこのお店、ドカーンと目立つ「丼処」と書かれた提灯型の看板。とにかく目立ちます。

讃岐屋1

何とも個性的な外観ですね、元はガソリンスタンドだったのでしょうか?で、店の入口はどこだ・・・と思ったら、国道側ではなく裏にありました。

コチラがお店の正面、国道に背中を向けるのは珍しいですね。

讃岐屋2

さて、一体どんなお店なのか中に入ってみると、そこは壁一面のメニュー!

いや、なかなかカオスですよ。

讃岐屋3

店内はカウンターと座敷席があり、けっこうな広さ。

讃岐屋4

各テーブル6名席ですかね、広めの席です。

讃岐屋5

こんなにたくさんメニューがある中で申し訳ないですが、注文は「カツ丼とうどん」です。やっぱね、丼の王様といえばカツ丼ですよ。なので、こういう店に入ったら、かなり高確率でカツ丼を注文します。

讃岐屋6

他にどんなメニューがあるのか、周りを見渡してみると凄いメニューの数です。ダブル肉とかダブルえび天に目が行きますが、手書きのメニューにヒッソリある「肉わさび」が気になります。これゼッタイ旨そうですよ。

讃岐屋7

けっこう「わさび」押しですね、私は好きなので気になります。玉子わさびにごぼう天わさび、きつねわさび?かぼちゃ天わさび・・・いや、どんな味か食べてみたい。まぁ確かに、天ぷらとわさびは相性いいですからアリですよね。地味におぼろ(スライスこんぶ)というのが気になる。これは絶対旨いはず。

讃岐屋8

と、キョロキョロしている間に、カツ丼とうどんがやってきました。これは、なかなかのボリューム。

讃岐屋9

それでは、まず「うどん」からズズッとやってみます。

うん、出汁がググッと来ますね。かなりシッカリした出汁、昆布とカツオが効いています。塩気はやや多め、甘さは気になりません。甘い出汁のうどんもありますが、私はこれくらい締まった味が好きです。旨口系、塩でキュッとしまっていてキレのいい出汁です。

具はネギと天かす、シンプルなかけうどん。

讃岐屋10

つづいて「うどん」の本体を食べてみます。

これは柔らか系、この柔らかさは九州独特ですね。私は九州以外だと長野県から埼玉、東京、静岡、近畿は出身地で、広島、山口、鳥取、四国3県に住みましたが、この柔らかいのに崩れない独特の手打ちうどんは九州でしか味わった事がありません。

「柔らかいのにシッカリしてる。」

不思議ですが、柔らかくてノびたうどんかと思いきや、これがシッカリつるんとしてるんですよ。噛まずにツルンと飲み込むのが快感!九州の柔らかいうどんは少し苦手だったのですが、これは美味しいです。

讃岐屋11

そしていよいよ、カツ丼ですよ。キングオブ丼、まさにドンキング。この存在感は圧倒的ですね。

しかも、カツが厚い!

讃岐屋12

脂身が少なく、シッカリした噛み応え。超柔らか系が好きな人には少し硬めの肉と感じるかもしれません、が、しかし、噛むとグッと肉の味が・・・ガツガツいっちゃいます。

玉子は半熟系とかではなく、シッカリと火が通っています。下の玉ねぎに味が浸みていますね、ガツンというようなパンチ力はありませんがオーソドックスな安定の美味しさ。

讃岐屋13

米を食って、再び肉を喰らう。うん、カツ丼を食べてる。腹にドスンときます。

味は濃くも無く薄くも無く、脇役に徹してカツを食べさせるような味付け。ご飯に沁みているツユは、漬物無しで食べれるくらいの味付け。出しゃばらないので、米の味を感じる事が出来ます。米は少し硬め、もっちりしながらもパラついている感じで食べやすい。

讃岐屋14

そういえば、店内だけでなく店の外壁にも「ぜったい焼肉丼 おすすめ」と書いてあったのですが、それでもカツ丼を注文する私。次に行ったら焼肉丼かな?わさび系のメニュー群も気になります。

目立つ提灯看板の個性的なお店は、メニューも実に個性的。なので、次回は違うものを食べたいですね。

気取らず飾らず、庶民的なお店。御主人も丁寧な方で、メニューも豊富で個性的。なかなか都会では出会えないタイプのお店です。

そういえば、この讃岐屋さんがある場所って、あの「龍造寺隆信」VS 「少弐家勢力」がガチンコで戦った合戦場のど真ん中じゃぁないですか。

こういった歴史を感じながら、カツ丼を頬張る。う~ん、歴史ロマンとグルメの融合ですね。

「讃岐屋(うどんのさぬきや)」

MAP:佐賀県神埼市神埼町本告牟田1256−2 Googleマップへ

営業時間:11:00から15:30、18:00から23:00

定休日:不定休
この記事は私が訪問した時のものです、現状と異なる場合がありますので事前に確認する事をおすすめします。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀駅南口の近くでやすいコインパーキングを利用したい人は必見です 佐賀の中心市街地、短時間の駐車を…
  2. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  3. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  4. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  5. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る