「高揚」佐賀神埼にある東京中野の名店「高揚」から暖簾分けした店。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

八角が香るジワーっと深い醤油ラーメンです。

グルメ:佐賀ランチ

東京中野中華ラーメンの名店「高揚」の暖簾分け店のパイクウ麺。

九州に来てから中華そば店に行ってないな~と思っていると、佐賀神埼市に東京で有名な中華そば店から暖簾分けした店があると聞き行ってきました。

その名も「高揚」東京にある店と全く同じ店名で看板の書体も同じ、佐賀市から神埼へと向かう34号線沿い横武クリーク公園の近くにひっそりと建っていました。

高揚外観

看板に手打ち麺とありますが、食べログの口コミによると現在は肉体的に厳しくなったために手打ちに近い製品を仕入れて使っているそうです。

店内はテーブル席と一段上がった所に畳を敷いた席があり、おもったより広々としています。時代を感じさせる店内ですが、清掃が行き届いておりとっても清潔。

高揚店内

壁にはメニュー写真が掲示されていて、メニュー選びの参考になります。

高揚壁メニュー写真1

ボリュームたっぷり、中華のセットメニューもあります。

高揚壁メニュー写真2

コチラがテーブルメニュー。初めて来た店ではおススメを食べておけと言うのが私のスタイルなので、名物メニューであるパイクウ麺(排骨麺)を注文しました。

高揚テーブルメニュー

高揚のセットメニューはコチラ。後から追加されたっぽい「ピリ辛旨い」という高揚ラーメンに興味をそそられます。

高揚テーブルメニュー2

さて、楽しみにしていたパイクウ麺がやってきました。いったいどんな味なのでしょう。

パイクウ麺とは一般にパーコー麺といわれるラーメンで、豚バラなどの揚げた豚肉がのったラーメンのこと。パイクウ(排骨)とは中国で豚のスペアリブを指すそうですが、日本では豚バラ肉やロースを使う事が多いそうです。

高揚のパイクウは、おそらく豚カツと同じ豚ロースではないでしょうか。違ってたらゴメンなさい・・・

高揚パイクウ麺

スープは醤油の優しい色合い、ひとくちズズッといってみると八角の香りが口の中いっぱいに広がります。

う~ん、中華の味だ。八角の香りを支えているベース、土台のスープもしっかりと旨みがある。八角は中華料理ではよく使われますが、食べなれてない人は漢方の風味っぽくて少し戸惑うかもしれません。しかし、さすが東京の名店から受け継いだ味。ガツンとくるエッジの効いた表面的な味ではなく、アッサリしているのにジワーっと深い。飲めば飲むほど旨みが深まっていく、独特の香りとうま味があるスープです。

高揚パイクウ麺スープ

コチラが麺です。黄色いのは卵麺でしょうか、このチヂレ具合がたまらないですね。シッカリとスープと絡んで、とっても美味しい麺です。

コシがあって程よい太さ、醤油ラーメンにはチヂレ麺が良く合います。

高揚パイクウ麺の麺

そして、こちらがパイクウです。かなり大きくてボリュームがありますね、食べ応えも満点!パリッとあがった衣、味付けはかなり濃くて、カレーの風味が独特のうま味というか味の深みになっています。

食べた瞬間は醤油とニンニクベースと思ったのですが、味わってみるとカレーの香りがふわ~っと全体を包んでいます。

アッサリとして滋味豊かな優しいスープと、この濃い味付けのパイクウを合わせると絶妙のバランス。具とスープが一体となって、美味しさが際立ちます。

高揚パイクウ麺パイクウ

ラーメン一杯ですが、かなり具のボリュームがあるのでお腹いっぱいになりました。一つ一つの味もそうですが、高揚のパイクウ麺は全体として味わった時の完成度が非常に高いラーメンです。

後から調べた情報では、から揚げも美味しいとの事なので機会があれば食べてみたいですね。佐賀市内からも近いので、美味しいパイクウが食べたくなったらぜひ立ち寄ってみてください。

「高揚」

MAP:佐賀県神埼市神埼町本告牟田1180 Googleマップへ

営業時間:11時半~21時
定休日:水曜日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る