「お味噌汁の友」これはスゴイ!目からうろこの超便利な万能乾麺レビュー。佐賀伊之助製麺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インスタントの味噌汁に、チョットいれたらボリュームアップ!1分で味噌うどん風になります。これはビックリですね、乾麺の超進化系というか熱湯さえあれば何にでも使える、マルチデバイス化されたような究極のインスタント麺。その名も「お味噌汁の友」。

この乾麺を実際に使ってみるとマジ便利、あまりにも簡単に麺料理が作れてしまうので手放せなくなりそうですね。

メーカー公式サイトによると、パスタの「フェットチーネそっくりの食感なのでパスタソースに絡ませれば1分でパスタに早変わり!」というキャッチフレーズとともに、様々な食べ方が紹介され、パスタだけでなくサラダうどん風の麺料理なんかも簡単に出来てしまいそうです。

そんな究極進化を遂げた万能インスタント麺「お味噌汁の友」を早速紹介します。

お味噌汁の友パッケージ表

お味噌汁の友は佐賀県産小麦を100%使用し、380年の歴史を持つ神埼素麺の技術によって完成した万能乾麺です。作り方は超簡単、熱湯に入れて1分ほどで完成。パッケージの裏に、調理の参考例が書かれています。

お味噌汁の友パッケージ裏

公式ウェブサイトの画像には、さらに多くの調理バリエーションが紹介されています。もはや何でもありですね。

omisoshirunotomo_variety

画像:公式サイトhttp://www.inosuke.co.jp/hpgen/HPB/entries/31.html

今回は誰でも簡単に使えることをアピールしたいので、考え付く中で最もシンプルな調理方法。インスタントみそ汁に入れたらどうなるか、家にインスタントの”赤だし”があったので作ってみます。

赤ダシ

「お味噌汁の友」を手で触ってみると、乾燥うどんよりもキメが細かく、とても軽くて薄い事に驚きます。これが熱湯1分で美味しくできる秘訣なのでしょう。昔ながらの手干し製法で、時間を掛けて製造されている麺です。

お味噌汁の友中身

インスタントの赤だしとお味噌汁の友を椀に入れて熱湯を注ぎ、蓋をして約1分待ちます。熱湯はポットよりも、ヤカンなどでシッカリ沸かした熱湯を使ってください。

お味噌汁の友調理中

完成しましたが、麺の量が少なかったので見えません。ほとんど膨らまないので、思い切って多めに入れても良かったかもしれませんね。

お味噌汁の友完成

箸で持ち上げてみると、しっかりとした麺が出てきました。シットリとして、うどんとは全く違う感じですね。平べったい麺ですが、きしめんのようなモッチリ感はなさそうです。本当に、乾麺タイプのフェットチーネパスタっぽい見た目です。

お味噌汁の友実食

実際に食べてみると、全くクセの無い味ですが小麦の味はシッカリしています。さすが、佐賀産小麦100%で手干し乾燥させただけはあるという感じですね。

インスタントうどんの麺を、メチャクチャきめ細かくして、しっとりと超高級に仕上げたような感じ。確かに乾麺タイプのフェットチーネとそっくりですね。この食感、クセになる人が続出するんじゃないでしょうか。私は大好きな食感です。とても丁寧に作られているという事が、しっかりと伝わってくる上品な食感です。うどんやダゴのようなツルツルモッチリとは少し違う食感で、味噌汁の具としてはとても新鮮。

他の食べ方としては、ごま油とオイスターソースで使って「油そば」にして食べてみたいですね、かなり美味しく仕上がりそうなので次回は「油そば」にしてみたいと思います。

何分も茹でる必要が無く熱湯に1分入れるだけで出来てしまう簡単な麺なので、使い勝手は抜群に良さそう。忙しい方には絶対におススメ!あっという間に1品増やしたり、汁物を大幅にボリュームアップさせられます。

公式サイトで通信販売も行っているので、食べてみたい!と思った方はリンク貼っときますのでチェックしてみてください。

「お味噌汁の友」

製造元:伊之助製麺株式会社

公式サイト:http://www.inosuke.co.jp/

お味噌汁の友を購入したお店は、下記リンク先の記事で紹介しています。

「道の駅吉野ヶ里 さざんか千坊館」おいしい物が沢山売ってます!品揃えセンス抜群

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀駅南口の近くでやすいコインパーキングを利用したい人は必見です 佐賀の中心市街地、短時間の駐車を…
  2. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  3. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  4. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  5. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る