「喰道楽 北方本店」最も有名な佐賀ラーメンチェーンの本店口コミレビュー!

Pocket

久留米系の豚骨とは違ったグッとくるラーメンでした。

「喰道楽 北方本店」佐賀を代表する佐賀ラーメンチェーンの本店で佐賀ラーメンを食べてきました。

昭和48年創業、佐賀県内だけでなく東京にも進出した佐賀ラーメンチェーン「喰道楽」その発祥の地、武雄市北方にある本店に行ってきました。

喰道楽本店1

店内はかなり広くて、中央にカウンター席。奥には座敷席があります。

喰道楽本店2

窓際にはボックス席もありますね。座敷もボックス席も、間仕切りがあって隣の席とは完全にセパレートされています。カップルや子供連れの家族には嬉しい席です。

喰道楽本店3

とりあえずカウンター席に座って、メニューを開いてみます。最初にのっていたのは喰道楽のコンセプトやラーメンの説明。ラーメンは3種類、豚骨、豚骨味噌、醤油から選べるようです。佐賀ラーメンでは珍しいですよね、これなら豚骨が苦手な人でも大丈夫。

喰道楽本店4

次のページがラーメンのメニュー、丼やオカズとのセットもあります。

喰道楽本店5

最後に単品メニュー。

喰道楽本店6

平日のサービスランチ。ハムエッグとご飯+ラーメン、朝食に合いそうな組み合わせですよね。ブレックファースト豚骨セットとか名前付けてホテルで出せば、九州にあるホテルの名物になりそうです。

喰道楽本店7

さて、メニューを一通り見て、注文するのはもちろん…

生卵入りラーメン!

私の中で「佐賀ラーメン」といえば、生卵入り。もうね、そういうふうに認識してしまいました。だって、うまいんですモン。

サクッと注文して、少し店内をうろついてみると「おでん」コーナーを発見!

一緒に置かれている漬物や野菜は自由に頂いて良いようです。

喰道楽本店8

注文してから5分くらいでしょうか、生卵入りラーメンが出てきました。

これですよコレ、佐賀ラーメンは生卵が無いと始まらない。ウマそうだなぁ~

喰道楽本店9

これはまた旨そうじゃ。どれどれ、さっそく味わってみようかのぅ。ウヒヒヒヒ…ズズズッ

豚骨特有の臭みはありますが強くなく、元タレの味がかなり強い豚骨醤油系の味です。超ブタ臭いコッテコテの豚骨好きの方には少し物足りないかもしれませんが、味は濃い目でグッと来て後に残る感じ。アッサリではないですね。

豚骨のコッテリ味よりも、醤油タレの旨みが強いという印象です。誰からも好かれるタイプ、味は濃い目ですが食べやすい豚骨スープです。

喰道楽本店10

麺は中太ストレート、佐賀ラーメンの基本スタイル。同じ豚骨でも長浜系とは麺の種類が違うので、少し柔らかめが美味しいです。

佐賀ラーメンの最初のひと口目、生卵を潰して麺に絡めて食べるのが最高に美味しいんですよ。喰道楽のラーメンは元タレの塩気が強めなので、生卵と絡めるとマッタリして激旨い!生卵に合うスープ旨いッス。

喰道楽本店11

コチラも佐賀ラーメンの特徴、有明海苔です。この海苔がまた豚骨に合うんですよね、磯の香りが最高です。

喰道楽本店12

続いてチャーシューが2枚入っています。シンプルでオーソドックスな九州煮豚系チャーシュー。柔らかくて旨みが強く旨い。

喰道楽本店13

最後はキクラゲとネギですね。

喰道楽本店14

全部食べてみると、とても完成度の高いラーメンでした。味については個人の主観なので人によって感じ方が違います。喰道楽のラーメンは特定の方向性に振り切った通好みの味では無く、万人受けする味だと感じました。

誰かに絶賛される味というのは、特定の層に最適化されているため必ず合わない人が出ます。喰道楽の味は、チェーン店だけあって一定以上のクオリティが保障された安心して食べに行ける味。豚骨が苦手でなければ、誰でも美味しいと思うラーメンです。

しかし生卵を絡めた麺って、豚骨スープと合わさって抜群に美味しいですよね、他の地域では徳島に住んでいた時に食べた徳島ラーメンも生卵が良く合うラーメンでした。まだ食べたことが無い人が居たら、ぜひ生卵入りラーメンを食べてもらいたいです。特に喰道楽の豚骨スープは、生卵との相性が抜群ですよ。マッタリした最初のひと口目、ウマいッス。

【これが本物の豚骨!!】釜出しとんこつ佐賀ラーメン3食入【ストレートスープ!】【ヒルナンデスで紹介!】【とんこつラーメン!】

価格:1,296円
(2016/2/27 02:34時点)
感想(12件)

「喰道楽 北方本店」

MAP:佐賀県武雄市北方町大字大崎2492−3 Googleマップへ

営業時間:10:30から24:00

定休日:無し

お店の詳細情報やお問合せは、下記リンクから公式サイトをご覧ください。

佐賀ラーメン喰道楽公式サイト

佐賀ラーメン関連記事




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る