「武雄・嬉野メルヘン村」小さな子供向けに特化した佐賀武雄市にあるテーマパーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

安心して子供を遊ばせられる遊園地です。

嬉野市にある「武雄・嬉野メルヘン村」は子供向けテーマパークとして突き抜けた存在感!この潔さが素晴らしい。

当サイトでも過去に紹介した、忍者テーマパークとして話題沸騰中の「元祖忍者村 肥前夢街道」と双璧をなす、佐賀を代表するテーマパークが「武雄・嬉野メルヘン村」です。大人も子供も楽しめる中世日本をテーマにした肥前夢街道に対して、メルヘン村は子供向けに特化したテーマパーク。

低学年の小学生までなら、大喜び間違いなしのアトラクションが数多く設置されています。本来ならオジサン一人で行くような場所ではないのですが、あえて一人、いや、い・つ・も・ど・お・り!独りで行ってきました。

さて、ここがメルヘンの世界への入口。かなり広い駐車場になってますよ。

メルヘン村1

入口から続く通路を上っていきます。

メルヘン村2

登りきったらそこは広場になっていました。周りを見渡してみると、メルヘンの世界に似つかわしくない秦の始皇帝陵で有名な「兵馬俑」が鎮座しております。子供の頃、大阪城ホールでやってた兵馬俑展を見に行ったな~…

メルヘン村3

こちらは二宮金次郎と織田信長、その奥には白雪姫と11人の小人をモチーフにしたと思われる小人の像。他にもリスの像もあったりして、古代中国、中世・近代日本、そしてメルヘンの世界が見事に混合されたカオスな世界が広がっています。

なかなかブッ飛んでますね、オヂサンとっても楽しみになってきましたよ。フフフフフ…

メルヘン村4

さて、迷わず中へと入っていきます。メルヘン村の入口となっている建物へ向かいます。

メルヘン村5

入口を入ると、スグ左手に料金所。

怪しげなオヂサン一人で入場しようとしたためか「あの、子供用の遊園地なんですが…」と声をかけられるも、「かまわぬ!」と不遜な態度で応じる私。押し通るくらいの勢いで代金を支払い、スタッフと目を合わさずにゲートを通過。

いや、照れ隠しですよ、やっぱ不自然ですよねオヂサン一人なんて…

メルヘン村6

はい、入場料を払って中に入ってきました。入った瞬間から、楽しそうな遊具がズラーっと並んでいます。子供が「うわーっ!」とか言いながら走っていく光景が目に浮かびます。

メルヘン村8

入ってスグ右手にいきなりマットの遊び場があります。メルヘン村には、こんな感じの屋内遊具が豊富にあります。

メルヘン村9

屋外遊具で面白そうなのがコレ、ロープにつかまって遊ぶ遊具。

メルヘン村10

子供を遊びに連れて行きたいけど、ゆっくり休んで疲れを取りたい…という親に嬉しい室内の遊び場もあります。ここなら子供をおもちゃで遊ばせながら、昼寝したりゆっくり休むことが出来ます。子供は疲れを知りませんからね、お母さんは大変なんですよ。

メルヘン村11

広い遊び場がありました。他にも屋内卓球場やボールプールもあります。

メルヘン村12

本当に、紹介していたらキリがないくらい遊具が通路に沿って並んでいます。ある程度奥いってから、後ろを振り返ると、凄いでしょ。イロイロあります。

メルヘン村13

ちょうど全体の半分くらい進んできたところに、フードコートがありました。

メルヘン村14

ここにも屋内広場があります。こういう感じの屋内広場も複数あり、子供向けの乗り物が用意されています。

メルヘン村15

このフードコートから奥に入っていくと、大型アトラクションが並ぶ遊園地ゾーンです。

メルヘン村16

子供向けのミニジェットコースターがありました。

メルヘン村17

園内を走る汽車があります、子供は好きですよねこういうの。

メルヘン村18

うわ~、これ好きだったな~。上下しながらぐるぐる回るやつです。他にも空中ブランコやメリーゴーランド、観覧車などのアトラクションがあります。

メルヘン村19

この遊園地ゾーンにも子供が遊べるフリースペースがあり、プールもありました。

メルヘン村20

遊園地ゾーンから来た道と違うルートで入口を戻っていくと、小動物が沢山いました。まずはウサギ。

メルヘン村21

リスも飼われていて、餌を上げる事が出来ます。

メルヘン村22

おぉッ!アライグマ?たぬき?

メルヘン村23

入口から感じたよりも、中に入ってみるとケッコウ広い。屋内に玩具が置かれた小屋があったり、子供が自由に遊べるスペースや遊具があったり、子供向けに特化したアトラクションが思った以上に沢山あります。

椅子やベンチも数多く設置されていて、子供を連れた親への配慮も嬉しいです。武雄と嬉野の境目あたり、こんな凄い山奥に、こんなテーマパークがあるとは知りませんでした。

アトラクションは無料のものと有料のものがあり、有料のものは100円から300円。チケットを事前購入するようになっています。

小学校の低学年までのお子様がいたら、絶対おススメのテーマパーク。ゆっくりのんびり、子供との時間を過ごす事が出来る場所でした。

「武雄・嬉野メルヘン村」

MAP:佐賀県武雄市西川登町大字神六20040 Googleマップへ

開園時間:

9:00から18:00(最終入園17:00)3月から10月

9:00から17:00(最終入園16:00)11月から2月

定休日:無し(平日は天候により臨時休業の場合有り)

入場料:大人1,100円 子供700円(3才以上中学生まで)2才以下無料。

他にもシニア料金や、団体割引などもあります。詳細およびお問い合わせは下記リンクの公式サイトをご覧ください。

武雄・嬉野メルヘン村公式サイト

武雄・嬉野おすすめスポット




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る