「本告城跡」博多櫛田神社の本家、肥前櫛田神社の宮司を務めた本告氏の居城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

博多の櫛田神社は、佐賀神埼にある櫛田神社の末社だったんですね。

まち情報:戦国佐賀

「本告城」貴族から神官、戦国武将へと変化していった本告(もとおり)氏の居城。

1115年、鳥羽天皇が櫛田宮の社殿を修造した際、伴兼直と本告道景を勅使別当職として下向させました。そのまま土着した両氏は伴兼直が執行家の祖に、本告道景は本告家の祖になりました。

本告氏は櫛田神社の宮司職なども務め、鎌倉時代末期から南北朝の頃には武士化し、戦国時代には国人として各地で戦っています。室町幕府の時代には肥前守護少弐氏の配下として活躍、龍造寺隆信が台頭してくるとそれに従い戦国時代を生き延びました。

本告城は現在の神埼市本告牟田、自得寺一帯に築かれた城で、寺内に案内板が設置されています。

本告城案内板

城の主郭らしき郭の東側に位置した自得寺。寺内に城の痕跡を探そうと思いましたが、それらしい遺構は見つかりませんでした。

本告城自得寺

城の構造は佐賀平野特有の水路のなかに浮島のように郭が配された、環濠平城でした。自得寺の西側一帯が城の中心部でしたが、今はほとんどの部分が農地整備によって水路になってしまいました。

主郭部を含めた城の殆どが、この水路になっています。

本告城水路1

上の水路から南側、この方向に城の郭群があったはずです。

本告城水路2

農地整備がなされる前の航空写真、かなり城の形状が残っています。

本告城1962年航空写真2

写真:国土地理院

農地整備後の航空写真、綺麗に区画整理されてしまいました。

本告城農地整備後航空写真

写真:国土地理院

現在は寺の南側に、それらしい濠が残っています。堀跡の西側から、東方向へ撮影。

本告城堀跡

自得寺の北側から撮影すると、田の中に郭が浮かんでいるように見えます。ここは郭の形を残しているのかもしれません。

本告城自得寺北側から

案内板にあった発掘時の写真、北から南へ撮影しているようです。この写真を見ると、ちょうど建物跡が集中している主郭などをぶち抜くように水路が作られました。

本告城発掘調査写真

寺の北、少し西よりの場所。かなり城郭の様子が正確に映っています。

発掘調査時の建物跡写真

本告氏は神埼の国人衆としては早い段階から龍造寺隆信に属しており、1553年に隆信が蓮池城の小田氏を攻めた際には龍造寺方として三百騎余りを率いて参陣しています。

この戦で当主頼景は蓮池方、少弐氏の重臣である馬場越後守に討たれ戦死。続く1558年、隆信が姉川城に本陣を置いた勢福寺城攻めには隆信に従属した小田氏とともに出陣、莞牟田縄手の戦いにも先陣として出陣しています。

大友宗麟が三万の兵を率いて肥前に侵攻した際には、今山の合戦で隆信が勝利するといち早く和平を申し入れて許されました。

神埼市は龍造寺と少弐、戦国大名化する土着の豪族VS幕府により任命された守護大名の熾烈な戦いが繰り広げられ、九州で唯一下剋上の舞台となった戦乱の地。守護大名少弐氏終焉の地となった場所だけに、様々な歴史遺構が残っています。

佐賀の戦国史は龍造寺の歴史、こういった遺構を巡りながら自家の興亡をかけて時代を駆け抜けた群雄たちに思いをはせるのは、本当に面白いですね。

「本告城跡(本告牟田城)」

MAP:佐賀県神埼市神埼町本告牟田1999(自得寺)Googleマップへ

周辺のおススメ戦国時代ゆかりの地




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る