「まつしげ」佐賀小城市にある和風醤油ラーメンの名店

Pocket

関西出身なので、美味しいしょゆラーメンが食べたいんです!

関西風ではなかったけど「あごダシ」の旨みがじわ~っとくる和風醤油ラーメンでした。

今日は何にしようかな?とググりながら、久しぶりに醤油ラーメンが食べたくなったので探して見つけたのが「まつしげ」というお店。

場所は福岡から263号線の三瀬越えで大和町に入り、小城方面へ県道48号線を真っ直ぐ小城市中心部へ向かって行くと左手にあります。

街道に面したお店で、パッと見ると民家のような可愛らしいお店が「まつしげ」です。

まつしげ外観

昼は11時から空いてるのが地味にありがたい。看板には「焼鳥・らーめん」となっているので、夜はチョットした居酒屋メニューもあるんでしょうか。

店内はまだ新しくとっても綺麗、奥に小上がりとカウンターがあります。

まつしげ店内1

入口の近くには、テーブル席もありました。

まつしげ店内2

いつもの事ですが、私は一人なのでカウンター席に座ってメニューをちらり。

まつしげメニュー

こちらは焼き鳥と単品のメニューですね。

豚足とせせり・・・思わず注文しそうになるけどここは「しょうゆラーメン」を大盛りで!

まつしげメニュー2

「まんぷくセット」というのもあるんですね、餃子4コとミニ丼せっとでこの値段なら安い!

まつしげ壁メニュー

さて、どんなラーメンが出てくるんでしょう、楽しみに待っていると・・・きました、しょうゆラーメン!

思った以上にスープの色が薄い、関西風のチキンバリバリ系じゃなく「あごダシ」ベースの和風ラーメンです。

まつしげしょうゆラーメン1

まずはスープから。

ひと口、ふた口・・・う~ん、塩加減も良くて美味しいスープです。

まつしげは元々和食のお店だったそうで、確かに和風の味。それも、品のある割烹料亭で出てきそうなラーメンスープの味。

まつしげしょうゆラーメンスープ

続いて麺を。麺は中太、中華麺ですね。うん、麺の味も悪くない。うまい。

ただ、九州の人の味覚からするとスープのインパクトが弱いかもしれませんね。豚骨みたいにスープの味で食べるというより、麺の味を生かす味付け。

私は父が京都の人だったため田舎が京都なんです。なので、子供の頃から京風の味付けに馴れているので、これでもじわーっと美味しいです。

同じ関西でも「京は持ち味、大阪は喰い味」と言いまして、京都の味付けは素材を生かすために最小限の味付け、大阪は食べた瞬間に旨い!といわせるシッカリした味付けをするんです。

スープの味は薄くないんですよ、ガツンとスープの味が前に出てくる味付けではなくダシの旨みで麺に味を持たせる「持ち味系」の味です。

まつしげしょうゆラーメン2

続いてチャーシューですが、これは美味しい。

柔らかく煮込まれた肉が、口の中で溶けます。このスープでチャーシュー麺にしたかったなぁ。

まつしげチャーシュー

麺を食べ終わっても、スープを飲むのが止まりません。このスープ、本当に美味しいですよ。

出汁がシッカリしているので、じわ~っと優しい美味しさ。ラーメン用のスープですから、当然ながら普通の和風スープより味付けは濃い目です。しかし、塩加減が絶妙でうまい。うんうん。胃に沁みますね。

たまにはこういうラーメンも良いですね、アッサリした和風ラーメンが食べたくなったらココ!

おススメです。

「まつしげ」

MAP:佐賀県小城市小城町高原746-11 Googleマップへ

営業時間:11:00~14:00 11:00~22:00(LO 21:30)

定休日:水曜日

小城の観光スポット

「清水の滝」佐賀小城市にある滝。パワースポット感が凄い!山の神様とか出てきそうです

「ムツゴロウ」vs「シオマネキ」本物のリアルファイトが見られるのはココだ!小城市芦刈町

「小城・柳生新陰流」柳生宗矩直伝の秘巻を受け継ぐ剣豪の街を訪ねる『佐賀小城市』

小城のグルメスポット

「焼肉森山」佐賀小城市の爆ウマ!ランチ『牧場直営焼肉店』の極上ステーキカレーで悶絶!

「村岡総本舗 羊羹資料館」100年以上の歴史を持つ小城羊羹の歴史を伝える資料館

「小城鍋島家ten」佐賀でランチ!武の名家”西小路鍋島家”の武家屋敷を使ったギャラリー&カフェ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る