「北九州市若松区」超絶レトロ!リアルな昭和の街並みが残る場所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

修羅の国福岡、その代表ともいえる「北九州市」で見つけたレトロな街並み第一部。今回は二部構成で紹介します。

博多から電車、渡船を乗り継いで北九州市「若松区」へ、作られたレトロじゃないリアルなレトロの世界。

若松区には私好みの古い街並みがあるとの情報を得て調べてみると…これは面白い!ということで、佐賀とは一切関係ありませんが北九州市の若松区へと行ってまいりました。なにせこのサイト、福岡からの閲覧数が全体の32%以上とトップ。ちなみに、2位が大阪で18.5%、3位に佐賀16.8%次いで東京13.7%という順位になっているんですよ。佐賀の情報を発信しているのに以外でしょ?

なので、今回は福岡の方からの情報を元に取材へ行く事にしました。

頭は弱いくせに行動力だけはある私。あ、頭が弱いからスグ行動に移してしまうのかw

要するに、単細〇といわれるやつですな。シガラミがないので気まぐれに気の向くまま、それが自由なメディアを運営している強みなんです。

さっそく博多駅から特急で戸畑駅へ。博多から若松へ向かうには、途中で若松方面の電車に乗り換えるか、戸畑から渡船に乗るかの二つのルートがあります。今回は旅気分を味わうためにも渡船ルートを選択

という事で戸畑駅に到着して北口から外に出てみると、目の前にドーンと真っ直ぐに続く道。そして、その奥に背景のようになった巨大な橋があります。若松区のシンボルともいえる、若戸大橋です。

若松区1

渡船場へはこのまま真っ直ぐ歩いて行くのですが、なんとも良い具合に寂れていますね。巨大な橋と広い道路、ガラーンとしてます。かつての賑わいをうかがわせるようなレトロなホテルがありました。

若松区2

でかいな~この橋、渡船場はちょうどこの下にあります。

若松区3

渡船乗り場に到着。本当に見上げるような橋、近づくと凄い迫力です。

若松区4

中に入ると券売機があり、待合所のようになっています。う~んレトロな感じが最高です。渡船の乗船券は大人片道100円と格安!観光用ではなく、完全に地元の人の足になっています。

若松区5

コチラが運行ダイヤを示す時刻表。地域の足だけあって、思ったより本数多いですね。

若松区6

もう少しゆっくりと周辺を見たかったのですが、船が到着したとの事で乗船します。ここもまた古い!レトロ感がタマリマセン。

若松区7

さて、外が良く見えるようにデッキに陣取って周りを見渡します。対岸に見えているのが若松区。思った以上に近い。

若松区8

こちらは戸畑区がわ、古い港町だっただけに明治か大正時代に建てられたようなレトロモダンな建物が残っています。

若松区9

本当に数分で対岸に到着、景色を楽しむ暇もほとんどありません。コチラが若松区側の渡船乗り場。

若松区10

スグ目の前にメッチャ古そうなビル。ビルヂングってやつでしょうか、これは古い。

旧三菱合資会社若松支店のビルだったそうで、1913年に建てられたそうです。ということは、築100年以上ということですね。

若松区11

中に入ると、これまた古い。まるで映画のセットみたいなビルですね、実際にここで様々な映画のロケが行われたそうです。100年以上経ったいまでも、現役のテナントビルとして活用されているなんて驚きですね。

若松区12

同じ敷地内にあった倉庫のような建物。ここにはシッカリと三菱のマークが!

若松区13

さて、渡船乗り場から海沿いの道を歩いて行きます。とても綺麗に整備された道路ですね、とても静かな場所で近くに団地もあり住環境としてはとてもロマンチックな場所です。

若松区14

海沿いの歩道には、休憩所のような広いステージが設けられていました。これイイ!近くに住んでいたら、ときどきここでボーッとしたいですよね。観光地というより住宅地がこれですからね、若松区あなどれません。

若松区15

しばらく海沿いを歩いて行くと、大きなショッピングセンターを発見。

若松区16

海沿いには消防艇でしょうか、若松区には水上警察も水上消防もあります。この他に、水上警察の船舶も係留されていました。ソッチ系が好きな方にもおススメ。

若松区17

この辺りは、道路も広くて空間に余裕がある街並みです。

若松区18

ここで海から離れ、街の中心部を目指いしていきます。先ほどのショッピングセンターのすぐ近くには、JR若松駅がありました。

若松区19

駅から若戸大橋方面へと歩いて行くと、アーケード商店街がありました。田舎でよく見る光景ですね。

若松区20

しかし、このアーケード商店街から一本道をそれると…いよいよ、ここからが本番!

でた~!これだよ、これが若松なのです。どうですか、この不自然に曲がった道と朽ちかけた建物!この絵が素晴らしいですね。

若松区21

うわっ、これはシビれる建物!外壁の青、窓枠の黄色、この色使いといいモダンな作りといい、もうね、佐賀ポータル認定文化遺産ですよ。

若松区23

この煉瓦壁も年季入っていてグッド、この界隈には煉瓦塀が各所に残っています。

若松区24

いいですね~「ちどり横丁」

若松区25

中をのぞいてみると、このまま吸い込まれてしまいそうな雰囲気。おじさんホイホイですね。

若松区26

アーケード商店街の周辺は、新旧の建物が混在する地域になっています。何気なく歩いていると、突然こんな所に手押しポンプ。現役で動いているのでしょうか。

若松区27

そしてこの素晴らしい、ぶったぎられ感満点の建物。昭和50年代とか、街中に沢山ありましたよね。懐かしい風景です。

若松区28

街を歩いていると突然出会うこれも・・・昭和の風物詩w

若松区29

この銭湯も凄いですね、歴史を感じる古い建物を部分的に改装したりしてカオス状態。なんだか良く分からない状況になっていますが、これもまたレトロで素晴らしい。

若松区30

これまた贅沢な造りの豪華な建物。料亭金鍋本館、創業から百二十年以上という老舗料亭です。牛鍋が名物なのだとか・・・いつか食べに来たい。けど、貧乏だから無理かな。

参考:料亭金鍋公式サイト

若松区31

なんというんでしょう、かなり寂れた街という印象を受けるのですが昔は賑わっていたんだろうな~という哀愁を纏っています。盛者必衰、諸行無常、この寂びの風景がたまらないんですよね。

今回は若松区を二部構成で巡っていきますので、次回は更なるディープスポットへとダイブしていきます。乞うご期待!

若松のディープスポット、かなり凄いですよ。

「北九州市若松区」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る