「マジェンバのタレ」佐賀小城市のご当地グルメレビュー!夏野菜でマジェンバを作ってみました。

Pocket

麺にカケルだけ!おいしい小城のご当地グルメになります。

「マジェンバのタレ」が発売されたので、うどんと夏野菜でマジェンバを作ってみました。

マジェンバという料理・・・まあ、地元の人しか知らないでしょうねぇ。佐賀県にある小城市というところで生み出されたご当地グルメなのですが、よくある町おこしのネタで作られたような食べ物なのです。が、これがね、か~なり旨い!

日本人好みというか、いわゆる甘辛系のコク深いタレと野菜、麺が絶妙のハーモニーを奏でて食のフルオーケストラやぁ~!なわけなんです。

上の記事はサラダうどん風ですが、マジェンバって何?と聞かれると、まぁ、一言えば「まぜそば」ですね。麺料理にオリジナルのタレと小城市の食材を一品でも使用していればすべて「マジェンバ」という料理になります。なので、店によって使う麺も違えば具も違う、パスタやらうどんやら、ラーメンに豆乳麺なんてあったりもするくらいバリエーション豊か。私が食べたのは佐賀空港のレストランでしたが、これがもうクセになりそうな味。そんなご当地でしか食べられなかったマジェンバですが、なんと!オリジナルのタレが一般に販売されたというじゃないですか!

ということで、さっそく現地まで買いに行ってきました!買いに行ったのはここ、小城市のグルメと言えば「ほたるの郷」ですよ。

ほたるの郷11

で、買ってきたのがコチラ。

マジェンバたれ1

ドレッシングや焼き肉のタレっぽい外観のマジェンバのタレ、購入したのはもちろん「コク旨【濃厚】です。サラダ油を50%カットしたものもあるので、油が気になる方はそちらがおすすめ。

パッケージを見ると、麺と具材と混ぜるだけ!だそうです。

マジェンバたれ2

材料を見ると、なるほど・・・甘辛系の味に動物の旨みを入れたもの。なたね油なんかも使ってるんですね。カロリーは100gあたり315kcalです。

マジェンバたれ3

コチラには調理例が紹介されていますね、野菜炒めとちゃんぽん麺とか旨そッ!

マジェンバたれ4

味はもう様式美的な予定調和、これは日本人にウケル!醤油ベースの甘辛系に、動物系の旨コク味をプラス。そうですね、何に似てるかと言われると・・・チャーシューのつけダレっぽい。このままゆで卵を放り込んだら、おいしい煮卵になりますよ間違いなく。

すりおろしたニンニクやショウガを入れると、かなりパンチの効いた照り焼きタレとか、唐揚げの肉を漬け込んでもいいかな?

まあ、そんな味わいです。

マジェンバたれ5

さあ、味見も終わったところで、やっぱ当サイト的に、レビューするなら何か作らなきゃダメでしょうねぇ・・・これだけで終わったら佐賀ポータルではない!

まぁ、当然ながら私くらいの編集長になると、そんなことは当然「想定内」ですよ。ちゃ~んとメニューを考えています。

その名も!

「夏野菜の揚げびたしマジェンバ(サラダうどん風)」ですッッ!

ふはははは!材料はコレだッ

マジェンバたれ6

まずは夏野菜、パプリカとエリンギ以外は道の駅佐賀大和で買ってきました。パプリカは赤がほしかったのと、ししとうではなくオクラが欲しかったのですが売ってない!じゃないですか・・・なので、急きょこのラインナップ。エリンギは、野菜だけだと寂しいからです。ダメ?

んで、マジェンバは麺料理ということで、私がチョイスした麺はコチラ!

めん処神崎から「伊之助製麺の半生うどん」を選んでみました。これね、まじ旨いんですよ。冷凍うどん旨いとか言ってるやつ、半生うどんはパネぇからマジで。モッチリ感とコシが数段アップして、うどんの旨みもしっかりしてるんです。

このうどんは「ゆめタウン佐賀」とかで売ってます、県外の方はAmazonから同じシリーズのうどんが買えます。おススメ

九年庵生うどん(300g)x1袋

新品価格
¥250から
(2016/7/14 12:34時点)

マジェンバたれ7

出来れば簡単に作りたいですよね、私も料理は全くの素人なので難しいことはできません。そこで使う調味料がコチラ。

マジェンバのタレと「めんつゆ」です。

マジェンバたれ8

では、レシピブログっぽく材料をまとめます。

「夏野菜の揚げびたしマジェンバ(サラダうどん風)」2人前

材料

ナス1本、ししとう6本からお好みで、アスパラ4本、パプリカ1個、エリンギ1本

うどん二人前、めんつゆ、マジェンバのタレ、サラダ油大匙4

では、さっそく調理していきます。

まずは野菜をカット。ナスはヘタを落とし、半分に切って5mm厚くらいでスライスしていきます。

マジェンバたれ9

ししとうはヘタを取るだけ。

マジェンバたれ10

アスパラを5cmくらいにザクザク切ります。

マジェンバたれ11

エリンギは縦半分、横半分にして縦方向にスライス。

マジェンバたれ13

パプリカは食べやすい大きさにザクザク切る。

マジェンバたれ14

野菜を切ったらフライパンに全部入れます。注意してほしいのは、まだ火をつけていません。

そう、冷たい状態のフライパンに入れ、上からサラダ油を大匙4かけていきます。

マジェンバたれ16

サラダ油をかけたら、まだ火をつけずに野菜全体に油がなじむように混ぜます。

マジェンバたれ17

油が野菜全体にまわったら、弱火でじわ~っと焼いていきます。じわ~っとです、シューって言い始めてもそのまま焼きます。

マジェンバたれ18

炒め物のようにジャガジャカ混ぜたり、フライパンを振ったりしません。弱火でじっくり焼いて、ゆっくりと全体に火を通していきます。

この間に、野菜を漬けるダシを準備します。今回使ったのは5倍濃縮のめんつゆなので、めんつゆ50mlと水250mlで作っています。分量はお使いのめんつゆで調整してください。

だいたい300から400ccのダシをつくり、野菜と一緒に入れるとひたひたに浸かるくらいが目安です。

マジェンバたれ19

野菜に火が通ったら、バシャ~っとダシの中に入れましょう。このままあら熱を取ったら蓋をして冷蔵庫へ、だいたい3時間くらい。一晩寝かせると、しっかり味がしみ込んで更に美味しくなります。

マジェンバたれ20

ハイッ!一晩寝かせました、こんな感じ。弱火で野菜を焼いてからつけると、あまり変色しないんです。

マジェンバたれ21

続いて、うどんを茹でます。ゆで時間はコチラを目安に。

マジェンバたれ22

ゆで時間12分に、蓋をして2から3分蒸らすそうですが、私は15分ほど茹でました。

ゆであがったら水で締めます。

マジェンバたれ23

うどんの水を切って皿に盛り付け

マジェンバたれ24

ダシをすくわないように、穴あきお玉で野菜を盛り付け。この野菜の揚げ浸し、マジェンバにしないなら茹でたそうめんに汁ごとかけて、ぶっかけそうめんにも出来ます。

マジェンバたれ25

マジェンバのタレをかけると・・・出来上がり~~ッ!

マジェンバたれ26

どれどれ、ズズッと一口・・・うん、これ旨い。最初の一口ではマジェンバのタレが自己主張してこないんですけど、底でしっかりと土台を支えているというか、がっつりとコクと深みがあります。マジェンバの味は食べているうちに効いてくるというか、とにかくググッと下から突き上げてくるような旨み。具が野菜系だけなのですが、肉を入れたようなコクが出ています。

あ~、ナスうめぇ!暑い夏におススメです。

マジェンバたれ27

「マジェンバのタレ」

 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る