「清水の滝」佐賀小城市にある滝。パワースポット感が凄い!山の神様とか出てきそうです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ノスタルジックな観光地と霊場のパワースポットゾーン

まち情報:観光

「清水の滝」は観光地としての完成度が非常に高い

佐賀県佐賀市の西側に隣接する小城市にある景勝地、江戸時代より観光地として有名であっただけでなく、滝にうたれる「滝みそぎ」の霊場として賑わってきました。

古くから賑わっていた清水の滝周辺は、古くから開けた観光地としての雰囲気と、神秘的な聖域である霊場、見事な滝がある景勝地がミックスされた完成度の高いパワースポットです。

JR小城駅から北へ、清水の滝へ続く川沿いには名物「鯉料理」を味わえる料亭や旅館が立ち並び、江戸期から続く古い観光地の面影が色濃く残ります。

清水の滝料亭街

清水の滝にある霊場「清水観音宝地院」へと続く参道は、日本的な情緒があってノスタルジーを感じるステキな場所。

清水の滝参道

参道を登りきると、霊場のパワーをビシビシ感じる不動門があります。ここは観音菩薩信仰の霊場「清水観音宝地院」の入口です。

宝地院門

門をくぐると、空気が変わったと感じるほど強烈なパワースポット感に圧倒されるような霊場になっています。これは「もののけ姫」の世界ですよマジで、時代は少し違いますけど何かこの地を治める神様が出てきそうです。

鳥居の横には推定樹齢500年なんて杉が、普通に立っていたりします。そういえば、手前にも樹齢500年の杉がありました。ここは時間の流れが止まったような、神秘的な場所です。

宝地院内部1

マイナスイオンと霊場の神聖な空気が、夏の熱さを忘れさせてくれます。

宝地院2

この先に滝があるのでしょうか、階段が続いています。

本堂へと続く階段

階段を上りきると、これまた古さ全開!みるからに歴史を感じる立派な門。これはシビれますね、ドーンと外見以上に大きく見えてしまう存在感。色あせ具合とか、歴史を重ねた本物が持つオーラのような物を感じます。

古くから日本では、世にある全てのものには神が宿ると考えていました。まさに古い歴史を重ねた場所や物には、不思議な魅力がありますよね。

山門

それほど大きな門ではありませんが、実は細かい所が凄いんです。かなり装飾が施されていて、凝った作りになっていますね。

あとは日の丸がイイ味だしてますね、日本的な場所には日の丸が良く似合います。

門の装飾

門をくぐると、その先に本堂があります。清水観音宝地院は803年、今から1200年以上前に桓武天皇の勅願により比叡山の高僧によって創建されたといわれています。

僧坊堂宇300有余を擁する大寺として栄えたそうですが、15世紀頃に戦火に巻き込まれ観音堂など多くを失いました。その後、肥前佐賀藩初代藩主「鍋島勝茂」公が観音堂を再建し、現在の姿となっています。

宝地院観音堂2

本堂脇には「清水の舞台」があり、佐賀平野を見下ろす絶景スポットになっています。

清水の舞台

観音堂の奥にあるお堂がまたイイ味だしてます。う~ん、パワースポットですね。

この宝地院はとても良く整備されていて、地元で大切にされている場所だと感じます。

宝地院お堂

宝地院入口の不動門から観音堂へと山を登り、そこから道なりに進み階段を下るといよいよ「清水の滝」とご対面です。

清水の滝

落差75m、幅13mという迫力満点の滝は見応え満点!これに打たれるというのですから、かなり水圧がかかりそうです。

大きな落差と豊富な水量から、西日本一の瀑布(ばくふ)と言われているそうです。滝壺の近くに立つと、落ちる水にまき上げられた空気の風圧が凄いですよ。水も散ってるので、防水じゃないスマホやカメラなどの精密機器を持って滝壺に使づくのはお勧めしません。

清水の滝2

今回、初めて小城市に行ったのですが、福岡から車で1時間チョットでこんな場所があるなんて驚きました。まだまだ知らない所が沢山ありますね。

清水の滝周辺は、清水川で清められた鯉料理が名物となっていて数多くの料亭が建ち並んでいます。古そうな建物も多く、ノスタルジックな雰囲気がとても心地よくて癒されます。

秋には紅葉も楽しめるという「清水の滝」と宝地院。普段の日常生活で消耗した自然のパワーを充電しに行くには、最適の場所です。

「清水の滝」

MAP:佐賀県小城市小城町松尾字清水 Googleマップへ

滝の迫力が良く伝わる動画があったので貼っておきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る