「伊勢神社」日本で唯一存在する『伊勢神宮』の分社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

なんと!九州でお伊勢参りが出来たんですね。

伊勢神宮から分霊を勧進された日本で唯一存在する「お伊勢さん」の分社

九州に伊勢神宮の分社があるなんて、みなさん知っていましたか?

佐賀にある伊勢神社は1542年に神埼市の田手に分霊を勧請したのが始まりで、1591年に佐賀城下町整備の際に鍋島直茂によって現在の場所に遷座されました。

佐賀市内にある伊勢神社の看板。市内を南北に貫く国道264号線沿いにあります。

伊勢神社看板

看板から西方向、真っ直ぐに続く旧長崎街道。

伊勢神社参道

このまま真っ直ぐに歩いて行くと、正面に鳥居と楼門が見えてきます。ここは旧長崎街道が鍵状に曲がるポイントで、その角が伊勢神社の境内です。

この鳥居は石造りの肥前鳥居で慶長12年(1607年)の刻銘があり、市の重要文化財に指定されています。

伊勢神社正面

この楼門は19世紀(1800年代)初期に建てられたそうです。

伊勢神社楼門

楼門をくぐって境内に入りました。大きな神社ではありませんが、とても綺麗に整備されています。本殿と拝殿は1940年に改築された建物、楼門をくぐって右側に南を正面に建てられています。

伊勢神社境内

境内には彦山権現社と恵比寿社も祀られています。

伊勢神社末社

佐賀といえば恵比寿様と言われるくらい、えびす像が数多く祀られています。

伊勢神社恵比寿様

ここに祀られている恵比寿像は1743年に祀られたもので、平成の大合併前の旧佐賀市エリアでは最も古い恵比寿像なのだそう。

伊勢神社伊勢恵比寿由緒

この他にも、境内には古そうな肥前狛犬があります。

とても素朴でどこか愛嬌のある狛犬、独特のの可愛らしさが人気です。

伊勢神社肥前狛犬1

コチラには2体ありました。

伊勢神社肥前狛犬2

なんとも言えない表情ですね、デフォルメされた素朴でシンプルな狛犬が人気になっているようです。元祖佐賀のゆるキャラです。

伊勢神社肥前狛犬3

精悍な顔つきの凛々しい狛犬も居ました。

コッチはカッコいいですね、今にも動き出しそうなほど躍動感のある狛犬です。

伊勢神社肥前狛犬4

社殿の横に回って本殿を見てみると、伊勢神宮の影響を受けた造りになっていました。

伊勢神社本殿

伊勢神宮といえば小学校の修学旅行で行って以来なかなか参拝する機会がありませんでしたが、まさか九州で「お伊勢参り」が出来るとは思いませんでした。

そもそも日本で唯一、なぜ佐賀に分社が出来たのか。

今からおよそ450年前の戦国時代、佐賀神埼に住む杉野隼人という人が18歳から44歳まで年に二回の伊勢参りを欠かさず53回もお参りしたそうです。

伊勢神社に伊勢神宮の分霊が勧請された1542年といえば、武田信玄が信濃へ侵攻し諏訪氏が滅亡した年であり、織田信長の父にあたる信秀が三河で今川義元を破った小豆坂の戦いがあった年。戦国乱世まっただ中で、九州から伊勢に参るのはとても困難な事でした。そんな中で九州から53回も参拝するなんてことは、前代未聞だったそうです。

その信心深さを称えられ、特別に勧請を認められ佐賀に伊勢神社を立てたのが伊勢神社の始まり。

基本的に神道では神様はいくつでも分けることができるので、ここに参るのも伊勢神宮に参るのも同じ神様に参拝するためご利益は変わらないんです。伊勢神宮は日本人全ての祖神である天照大神を祀った神社ですから、一度は訪れておきたい場所ですね。

三重県の伊勢神宮はなかなかお参りできませんが、ここなら気軽に参拝できます。

「伊勢神社」

MAP:佐賀県佐賀市伊勢町9−8 Googleマップへ

伊勢神社に関する詳細は下記リンクから公式サイトをご覧ください。

伊勢神社公式ウェブサイト

近隣の神社おススメ参拝スポット

與止日女神社(河上社)「龍造寺一族」vs「神代勝利」因縁の地!血で血を洗う激闘の舞台

「佐賀川上峡合戦」龍造寺隆信vs神代勝利の最終決戦!因縁の対決が遂に決着

「佐嘉八社詣」最近ついてないな~と思ったら神頼み!街なか・お手軽!佐賀の開運スポット

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る