「ブーゲンハウス嬉野」佐賀嬉野温泉のブーゲンビリア園に行ってきた!

Pocket

嬉野に新しいスポットが出来たので、早速行ってきました。

まち情報:観光

「ブーゲンハウス嬉野」佐賀の嬉野温泉にブーゲンビリア園が出来ました。

嬉野温泉といえば、最近はフラフェスティバルを開催するなどハワイを意識した催しが増えています。そんな中で、2015年10月1日に「ブーゲンハウス嬉野」がオープンしました。

訪問したのはオープン翌日。まだ花が満開とはいきませんでしたが、逆に他の施設では見る事の出来ない貴重な時期に訪問できました。スタッフの方によると「日照不足のために開花が少し遅れているので、10月中旬頃には見頃になるでしょう。」との事でした。また来ることになると思うので、満開になった時に今回の記事と比較してみると面白いかもしれません。

オープン翌日の「ブーゲンハウス嬉野」の外観。

ブーゲンハウス嬉野外観

広大な駐車場があるので、大型バスで訪れても安心ですね。

ブーゲンハウス嬉野駐車場

早速「エントランスハウス」から中に入っていくと、ハウス内は売店になっていました。

ブーゲンハウス嬉野エントランスハウス1

ブーゲンビリアだけでなく、とてもカワイイ雑貨なども販売されています。

ブーゲンハウス嬉野エントランスハウス2

お茶所嬉野だけに、嬉野抹茶クッキーやサブレなど地元アイテムもありました。これからもっとアイテム数が増えて行くと、賑やかな売店になりそうです。

ブーゲンハウス嬉野エントランスハウス3

エントランス内を見学した後、いよいよ展示ハウスに入っていきます。通常の料金は一般700円(小学生500円)なのですが、まだ見頃になっていないとの事で特別に400円で見学できました。

展示ハウス入口

ブーゲンビリアに囲まれたスロープを降りて行くと、ドーンと開けた空間。確かにまだ咲いてる花が少ないですが十分に綺麗ですね、全部咲いたらとても華やかになりそうです。

ブーゲンのオブジェ

ここは記念撮影用のスペースでしょうか、綺麗な飾り付けがされています。

撮影スポット

歩いていると、イベントスペースとステージがありました。

ブーゲンハウス嬉野ステージ

ステージ側に立ってみると、こんな感じです。全部割いたら綺麗でしょうね。

ステージからの眺め

この他にも様々な飾り付けがされていたり、トンネルのようになっていたりとブーゲンビリア三昧。

ブーゲン通路

ブーゲンビリアは、色がついているのは花びらじゃなくて花を包む葉っぱなんです。葉に色がついて行く過程の花が、あちこちにあって新鮮でした。

ブーゲンアップ2

以上、オープンしたての「ブーゲンハウス嬉野」に言ってきたので、レポートしてみました。

ブーゲンビリアといえばハワイを連想する人が多いでしょうが、本来は中南米地域の熱帯雨林に咲く花です。原地では年中咲いている花で、赤白黄色に紫などなど鮮やかで可愛らしい花を咲かせます。

そんなブーゲンビリアに包まれて、花を思いっきり楽しむことが出来る癒しの空間。ぜひ訪れてみてください。

「ブーゲンハウス嬉野」

MAP:佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲103 Googleマップへ

営業時間: 8:00~19:00
定休日: 年中無休
料金: 大人700円(中学生以上)小人500円(小学生)※未就学児無料

施設に関する詳細やお問い合わせは下記リンクから、公式サイトをご覧ください。

ブーゲンハウス嬉野公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る