「宗庵 よこ長」嬉野温泉名物の”温泉ゆどうふ”を実食!セットの”うどん”も超ウマい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

嬉野温泉でご当地グルメといえば「温泉ゆどうふ」です。江戸時代、長崎街道の宿場町であったころから、多くの人に食べられていたという伝統の味。湯どうふといえば京都というイメージが強いですが、嬉野温泉の湯どうふは温泉で炊くことで豆腐が溶け出し、豆乳鍋のようになるのが特徴です。

こんかい訪れたのは、嬉野温泉商店街にある温泉ゆどうふの有名店「宗庵 よこ長」です。嬉野温泉名物「温泉ゆどうふ」発祥の店として有名で、グルメ漫画や様々なメディアで紹介されています。

よこ長外観

テーブル席と座敷の和風の店内、別棟に予約専用の座敷があります。

よこ長店内

湯どうふだけでなく、うどんを中心にメニューはかなり豊富です。ここに来て湯どうふを食べないわけにはいかないので、当店おすすめ!の中から「よこ長会席」を注文しました。

よこ長メニュー

注文してから待つことしばし、やってきました!温泉湯どうふです。初めて食べるものなので、ワクワクがドキムネです。会席と名が付くだけあって、小鉢が沢山ありますね。さらにミニうどんが付いているので、ボリューム満点。写真には写っていませんが、もう一品「茶碗蒸し」がついています。

よこ長会席

テーブルには、湯どうふの美味しい食べ方の説明書きがあります。

温泉湯どうふの食べ方

豆腐をすくってみると、弱アルカリ性の温泉水で炊いたために角がとれて形が崩れています。ゆどうふの出汁に味付けがしてあり、さらに豆腐が溶け出しているために豆乳鍋の出汁みたいになっています。

一緒に入っている具は、鮭かマスっぽい小さな切り身、白菜、蟹かま、玉子とインゲンでしょうか。訪れたのは真夏の炎天下夏だったのですが、夏に白菜というはなかなか珍しいですね。味は薄っすらと優しい味付けですが、旨みのコクがあります。薬味のカツオを入れたので、強いカツオの味がアクセントになって美味しさ200%アップ(当社比)くらいいってますね。塩分は控えめになっているようで、本当に優しい体に良さそうな味付けです。

ゆどうふアップ

豆腐の専門店だけあって、甘く味付けされた小鉢の大豆がとても美味しいです。

小鉢煮豆

そして何より「こいつはウメーッ!」と思わずうなったのが”うどん”です。このダシ、少し醤油が強いですがガッツリ濃いダシが効いていて、めちゃめちゃ旨い!

よこ長うどん

さすが”うどん”メニューが豊富なお店ですね、本当にうどんが美味しい。出汁は濃口、チョット味が濃いと感じますが、後味のキレが良く、妙な甘さも無く、出汁の味が強烈に香る抜群の美味しさ。次回行くことがあったら、うどんを食べに行きます。

そういえば、座席の横にはサインが沢山飾られています。テレビ取材系のものが多いですかね、さすが嬉野の有名店です。

よこ長色紙

という事で、初めて行った嬉野温泉で食べた初めてのランチは、嬉野温泉名物の温泉湯どうふでした。とっても優しい味で、体に良さそうなヘルシーメニューでした。

しかし、うどん美味しかったですね。やはり出汁と醤油がいいんでしょう。湯どうふも美味しいのですが、うどんから受けたインパクトが強すぎて今度は”うどん”にしようと心に誓ってしまいました。

嬉野に行く事があれば、ぜひ「宗庵 よこ長」の温泉湯どうふと、うどんを食べてみてください。

「宗庵 よこ長」

MAP:嬉野市嬉野町大字下宿乙2190Googleマップへ

宗庵よこ長の湯どうふは通販でも取り扱いがあるので、気になるけど嬉野まではいけない…という方は、ぜひ公式サイトを見て検討してください。お店の公式サイトへのリンクを、下記に貼っておきます。

宗庵よこ長公式ウェブサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る