久留米六ツ門「中華うどん一平」アッサリ旨い!久留米の路地裏にある名店。

Pocket

創業80年以上という老舗の味。

「中華うどん一平」の中華うどんがメッチャ美味しい!安い、旨い、伝統の味、これぞB級グルメですよ。

先日、生まれて初めて久留米に行ってきました。久留米と言えば修羅の国にある南の都、抗争渦巻くVシネマの世界が広がっているのかと思いきや、表面上は普通の街でホッとしました。

そんな久留米の中心部、西鉄久留米駅とJR久留米駅の間に「六ツ門」という場所があります。ランチをどこにしようか迷っていると、昔ながらの美味しいB級グルメがあると聞いたので食べに行ってきました。

今回紹介する中華うどん一平がある「あけぼの商店街」。六ツ門の商店街から脇道に入る、路地裏商店街なのですが雰囲気が最高ですね。

中華うどん一平あけぼの商店街

狭い路地を入って道なりに進んでいくと・・・ありました「中華うどん一平」です!

中華うどん一平外観1

レトロな雰囲気の漂う路地裏に、創業昭和8年という老舗の貫録を見せつけるような堂々とした店構え。

中華うどん一平外観2

それでは、いざ参る!

店の中も雰囲気が最高ですね、歴史を重ねた老舗が持つ重厚感、落ち着いた雰囲気から来る安心感。清潔でとても落ち着いた店内です。

中華うどん一平店内

メニューは壁に貼られていました、注文するのはもちろん「中華うどん!」

丼とのセットやトッピングもあるんですね、ガッツリ食べたい人はイロイロと楽しめそうです。

中華うどん一平メニュー

しばらく待つと、やってきました中華うどん!

透明なダシ、風味豊かな鰹節、カットされた丸天にキクラゲ、海苔とネギ、そして紅ショウガ。美味しそうです。

中華うどん一平中華うどん1

まずはダシをひと口、ズズずっと・・・

あ~~ッ旨い!カツオと煮干しの出汁、アッサリ薄味というより、しっかりとした味の「旨ダシ」といった感じ。グッときますよ、深い味で塩加減が最高です。

中華うどん一平中華うどん2

中華うどんの特徴は、和風のうどんダシに中華麺を使っている事。

続いて麺を食べてみると、これもまた合います。麺は博多ラーメンより太い佐賀ラーメンより、更に一回り太い麺です。玉子が入っていない白い麺は、九州中華麺の特徴ですね。

小麦の味がシッカリして、濃い目のダシと良く合います。美味しいです、うまい、これは正解。

中華うどん一平中華うどん3

こちらは丸天、カットされていますがこれも良く合います。美味しいですね。

中華うどん一平中華うどん4

美味しいとネットで評判だったのですが、これは本当に旨い。

一通り写真を撮影したら無心で食べてしまいました。ダシが本当に美味しくて、最後のまで飲んでしまうほど美味しい。思わず「もう一杯!」と言いたくなるほど美味しかったです。

私は今までに13の県に転勤して居住し、出張も入れれば20以上の県を訪れました。地域によって様々な美味しい物があり、どこが一番とかないんですよね。地元で愛されている味というのは本当に美味しい。

行こうと思えばどこでも行けて、美味しい物を味わえる。いい時代に生まれたと、幸せを感じます。

「中華うどん一平」

MAP:福岡県久留米市六ツ門町21−1 Googleマップへ

営業時間:11:00から20:00(LO19:45)

定休日:火曜日

お店の詳細、お問合せは下記リンク先をご覧ください。

筑後うどん振興会サイト「中華うどん一平」ページ


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る