「池田屋」佐賀で人気のちゃんぽん屋さんで名物の太麺皿うどんを食べてきました。

Pocket

「池田屋」は佐賀で1925年に創業した「中村食堂」の味を受け継ぐ佐賀ちゃんぽんの名店。皿うどんも美味しいと聞いたので、食べてきました。

普通、皿うどんといえばバリバリの揚げ麺にあんかけをかけたものを想像しますよね。私もそうだったのですが、佐賀や長崎の皿うどんには太いちゃんぽん麺を使った「太麺皿うどん」があるんです。

今回「池田屋」さんで食べてきた皿うどんも「太麺皿うどん」で、あんかけが絡んだ太麺の触感がとっても良いんですよね。

ということで、佐賀でも人気の皿うどん、池田屋の皿うどんを紹介していきますよ。2016年3月に移転オープンしたという、新しい外観のお店。

池田屋皿うどん1

場所は佐賀大学の少し北。佐賀大学前交差点のすぐそばです。

池田屋皿うどん2

腹減ったな~と、期待に胸膨らませて店内へ。

まだ新しいため、とても明るくて清潔感あふれる店内。カウンターはなくて、テーブル席と奥に小上がりがありました。

池田屋皿うどん3

テーブル上には営業時間のお知らせ、地味だけど親切ですよね。ランチタイムが15:30までというのは佐賀では異例の長さです。佐賀はほとんど14時で終わっちゃいうんですよ。田舎では貴重な店、これは有難い。

池田屋皿うどん4

こちらがメニュー。焼きチーズカレーとかあるんですね、ちゃんぽん・皿うどんだけでなくカレーにも注力されているようです。

皿うどんには「太麺」と「バリバリ(揚げ麺)」の二種類があります。

池田屋皿うどん5

あ、ブレた(泣

え~っと、ちゃんぽんは替え玉ならぬ替え麺「変麺」というのがあるようです。食べ終えたちゃんぽのスープに、タレを絡めた麺をいれて違った味を楽しめるんですよ。これは面白い!

次に来たときはやってみよう。

池田屋皿うどん6

美味しそうなメニューに心を奪われつつも、初志貫徹させていただきます。

注文は・・・「太麺皿うどん」だ!ドーン

池田屋皿うどん7

うはっ!このあんかけ、メチャメチャ旨そうッスよ。

見た目もとっても美味しそうな太麺皿うどんが出てきました。

池田屋皿うどん8

一緒に出てきたのは「甘酢」だそうです。へ~、皿うどんに甘酢か~。後でかけてみよう。

池田屋皿うどん9

少し麺をひっくり返してみると・・・見てくださいこのおコゲ。これがね、あんかけでね、ふやけるとね、香ばしくてね、とっても美味しいんです。

池田屋皿うどん10

具は豚肉、もやし、たまねぎ、かまぼこ、ネギとシンプルな構成。

池田屋皿うどん11

それでは、さっそくズズッ!もぐもぐ。

あ~ッ、佐賀風の味だ。佐賀風の味って、最初の口当たりはマイルドで、じわ~っと旨みが後から沁みてくる優しい味なんですよね。いわゆる、食い味の出汁みたいな味。関西でいうところの、上品ですっきりした京風に対して昆布出汁をガッツリきかせて旨みがグ~っと押し上げてくるような旨みの強い大阪風の味。まあ、九州で京風と大阪風の説明してもしょうがないですね。

とにかく、醤油や塩やらソースやらスパイスやらで、メリハリを付けてエッジを効かせた尖った味じゃないんです。ぼや~っとしながらも、コクと旨みが優しく味を押し上げる感じ。

池田屋皿うどん12

ちょっと味にインパクトが欲しいという人には、テーブルに胡椒があります。この入れ物がまた・・・振りかけタイプじゃないので量の調整とか、とっても使いやすそうです。

池田屋皿うどん13

さて、一緒に出されてきた甘酢。かけたら一体どんな味になるのか。

「迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と某レスラーで現国会議員の方から名言を拝借して、思い切って多めにかけてみます。

で、かけてみた感想ですが、酸味が効いてというより味がより深くマイルドになる感じです。少し甘さが増しますね。まあ、長崎の味付けほどじゃないですが。

池田屋皿うどん14

おコゲもしっかりあって、あんかけと麺のズルズル感をタップリ味わって幸せいっぱい。うんうん、美味しいですね~。

で、更にうれしいのが、あんかけの量が必要十分どころか余るほどあることなんです。思いっきり麺を絡ませてズルズルできます。

ほら、麺をほとんど食べ終わっても、まだ、あんかけがイッパイのこってます。

池田屋皿うどん15

全体として、スッキリした味なんですけど、薄味か?と問われると全く違います。味はけっこう濃いんじゃないでしょうか、麺にからめるあんかけとしては十分な味が付いています。ただ、味の濃さの質がちょっと一般的な認識と違って、ソースや醤油などの調味料の味じゃなく出汁の旨みが強いんですよ。これは関西風の味付けに通ずる感じがして、私は好きな味です。いや~美味しかった。とても優しい味で食べた後も変な重たさが残ったりしません。

佐賀風の味付けって、出汁や素材の旨みが強くて調味料系の味が控えめなのが特徴じゃないかと思います。今まで佐賀風の味で定評のある店は、みんな同じ系統ですからね。

ということで池田屋の太麺皿うどん。おススメです。

「池田屋」

MAP:佐賀市赤松町241-39 Googleマップへ

営業時間:11:00から15:00(OS)、18:00から20:30(OS)

定休日:木曜日

お問い合わせなど、詳しくは下記リンクをご覧ください。

池田屋公式サイト




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る