「千栗八幡宮」佐賀みやき町にある肥前狛犬で有名な絶景スポット

Pocket

「千栗八幡宮」福岡県との県境にある、絶景スポット。もう一つの肥前国一宮。

一宮といえばその国を代表する神社で一つしかないのが一般的ですが、肥前国には與止日女神社と千栗神社の二つがあります。他にも隣の福岡県にあたる筑前国も二つの一宮があり、尾張(現愛知県)なども二つ一宮があるので特別珍しい事ではなさそうです。

今回紹介する千栗八幡宮があるのは佐賀県三養基郡みやき町、筑後川のすぐ近く福岡県との県境にあたります。なので、最寄り駅は福岡県のJR久留米駅。久留米駅の北西約2.4kmなので、JR久留米からでも歩いて行ける距離なんです。

現地に行ってみると、一の鳥居の手前に川から参拝するための道がありました。河川改修が行われる前は、筑後川がここに流れていました。

千栗八幡宮1

佐賀とえば水路、昔は船で行き来するのが一般的だったのでしょうか。

川から上がって、正面に見えるのが一の鳥居。この鳥居は、佐賀藩祖、戦国の名将「鍋島直茂」によって1609年に寄贈されたもの。鳥居の横に由緒書きがあり、それによると千栗八幡宮は724年に創建されたそうです。

千栗八幡宮2

一の鳥居からは、急峻な石段が続きます。

千栗八幡宮3

かなり威圧感があります。ちょっと上るのを躊躇するほど急な石段。

石段を上りきると二の鳥居があり、すぐ正面に拝殿がありました。

千栗八幡宮5

まずは拝殿に参ります。

千栗八幡宮7

このサイトに多くの人が訪れて、佐賀に興味を持つ人が増えますように・・・

参拝を終えて後ろを振り返ると、肥前狛犬に関する案内看板がありました。

千栗八幡宮8

ゆるキャラのような可愛さでファンが多い、肥前狛犬。その初期のころに作られた狛犬が安置されているとのことで、もう一度拝殿へ。

千栗八幡宮9

どうやら龍造寺一門の「龍造寺信親」ともう一人、または両方とも信親によって、1583年寄贈されたもののようです。判読できない文字があるため、はっきりとどちらと断定できないみたいですね。

ちなみに、龍造寺信親は龍造寺隆信の叔父の息子に当たる人物。分家であった水ケ江龍造寺から本家を相続した隆信に対し、信親は村中本家筋の人物です。

千栗八幡宮10

どうですか、この愛嬌ある狛犬。一見の価値ありですよ。

佐賀のゆるきゃらは「肥前狛犬」でいいんじゃないの?と思うくらい愛嬌ある狛犬です。最近は紹介したい場所はたくさんあれども取材に使える時間が足りないという状況になってますが、ひと段落したら「肥前狛犬コレクション」とか記事にしてみたいですよね。

ということで、再び境内に視線を戻して、拝殿から本殿方向へ回ってみます。

千栗八幡宮11

かなりドッシリしていて、重厚な造りです。

境内にある社務所。

千栗八幡宮12

境内はかなりの広さがあります。

千栗八幡宮19

東の端には展望所がありました。

千栗八幡宮15

展望所からの眺め、正面に真っ直ぐ伸びる県道145号線。真っ直ぐ先に見えている高層の建物がある場所は久留米市です。

千栗八幡宮16

少し南方向、豆津方向を撮影。ここは佐賀の乱で熊本鎮台第十一大隊が久留米から上陸、待ち構える佐賀反乱軍の憂国党が死闘を繰り広げた場所です。

千栗八幡宮17

神社の麓を流れるこの川が、以前の筑後川でした。筑後国と肥前国の国境の地なので、中世においても戦乱の地となって来たそうです。

千栗八幡宮18

拝殿や本殿がある山頂部の裏手には駐車場が整備されていて、石段を上れない人は自動車で頂上まで上ることができます。

千栗八幡宮20

さて、帰りはまた石段を下りていきます。

千栗八幡宮21

千栗八幡宮の麓、一の鳥居前の道は旧街道の面影を色濃く残しています。この通りはのこぎりの歯のように、ギザギザに建物が並んでいるんです。

千栗八幡宮22

このギザギザは、防御のために先を見通せないようにすると同時に、家の陰から敵を奇襲するための構造と言われています。佐賀城の城下町や、真田氏の居城として有名な上田城の城下町、姫路城の城下町でも見られる構造です。

千栗八幡宮から西に向かうと、中世の城「千栗城」がありました。この道は城へと続いているので、城を防衛するための役割も担っていたのかもしれません。

千栗八幡宮23

佐賀の乱ゆかりの地を巡っていたらたどり着いた千栗八幡宮。何気なく立ち寄ってみたのですが、思った以上に見どころの多い場所でした。

知らない土地に行くと、その場所ごとに違った歴史が刻まれていて面白いですよね。佐賀には古代や中世の遺構が各所に点在しているので、歴史に興味があるならぜひ訪れてもらいたい場所です。

「千栗八幡宮」

MAP:佐賀県三養基郡みやき町大字白壁千栗2403 Googleマップへ




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る