與止日女神社(河上社)「龍造寺一族」vs「神代勝利」因縁の地!血で血を洗う激闘の舞台【佐賀戦国史】

Pocket

土地に歴史あり。過去の出来事を知って訪れると、楽しさ100倍ですね。

まち情報:史跡

「與止日女神社(河上神社)」は戦国時代に起きた大事件の舞台でした。

佐賀市大和町にある「與止日女神社」は、佐賀市から福岡へ向かう国道263号線沿いにある由緒ある神社です。この周辺では戦国時代に東肥前統一を目指す龍造寺隆信と、山岳地帯を支配した神代勝利との激戦が繰り広げられました。

三の鳥居(1608年造営)佐賀市重要文化財

與止姫神社三の鳥居

また、戦国時代に肥前国を統一し戦国大名となった「龍造寺隆信」が世に出る切っ掛けとなった場所でもあります。室町時代後期から戦国時代にかけて東肥前には多くの国人領主が割拠し、さらに大内や大友といった外部勢力の干渉もあったため戦乱が続くカオスな時代でした。そんななか、肥前戦国史の転換点ともいえる大きな事件が起こります。1545年、少弐家家臣による謀略に嵌り、龍造寺隆信の父や兄弟などが神代勝利らの襲撃によりこの地で皆殺しにされました。

多くの一族を一度に失った結果、龍造寺家では出家させられていた隆信が還俗。その後、隆信は龍造寺家当主となり、肥前国を統一する事になります。

肥前戦国史において、大きく時代を動かした場所。凄惨な戦いが繰り広げられたとは思えない、静かで落ち着いた雰囲気の境内。

本殿

神社の創建は564年頃、祭神は「與止日女命」水の守り神とされ、一説には 神功皇后の妹と伝えられています。

境内には推定樹齢1400年の楠木があります、ちょうど創建の50年後くらいからこの場所にあるんですね。歴史の生き証人です。

河上の大楠

1602年には後陽成天皇が「大日本国鎮西肥前州大一之鎮守宗廟河上山正一位淀姫大明神一宮」と書いた勅額を下し「肥前一宮」とされましたが、佐賀県みやき町にある千栗八幡宮も一宮とされていたため一宮を巡っての争いも起きました。

神社社殿を西側によった位置から撮影。

社殿西側から

1570年、北部九州で最大の勢力を誇った大友宗麟が肥前侵攻を開始します。大友宗麟はキリシタン大名であったために、多くの神社仏閣を焼き払いました。

與止日女神社も焼き払われ、社殿を始め南大門など殆ど全ての建物が消失したそうです。現在に残る神社の建築物の中で一番古いのは、大友侵攻による戦災からの復興時に建てられた西門です。

かなり年季の入った西門、造営は1573年で県重要文化財。

河上神社西門

神社の西側には実相院という寺院があります。この寺院も與止日女神社の境内地に含まれており、ここに建つ仁王門は東肥前の覇権を賭けた龍造寺隆信と神代勝利との決戦時に神代勝利が本陣を置いた場所と伝えられています。

神代勝利は東肥前北部山岳地帯を支配し、山内二十六山の総領と呼ばれた武将。450年ほど前、この地で甲冑に身を包んだ1200人の猛者たちが陣を構えていたんですよ!考えただけでも鼻血ものですよね。

仁王門

境内の一角には、子宝の神様が祀られています。

「金精さん」と名付けられた男根の形に似た自然石は、與止日女命の子宝を叶えた言われから、触ると安産や子宝に恵まれるとされています。

金精さん

福岡から佐賀に向かう際、三瀬峠を越えるので與止日女神社の対岸を通っているんです。何気ない場所でも過去の歴史を知ったうえで見てみると、全く違った視点から見る事が出来ます。これがまた楽しい!

という事で、ネットで色々と調べながら、よく見かける與止日女神社の紹介とはチョット違った内容で記事にしてみました。

戦国時代の肥前国は、佐賀の歴史のなかで最も輝いていた時代ではないでしょうか。

東肥前の覇権をめぐって群雄が割拠した時代、千葉、少弐、龍造寺、神代、馬場や小田など地域ごとにヒーローがいて、身近な場所で歴史ドラマが繰り広げられていた時代。

そして、九州戦国史のクライマックス。大友、島津、龍造寺、九州三国志の時代は佐賀が主役の一角だった時代です。

う~ん、やっぱ佐賀は面白いですね。

「與止日女神社(河上社)」

MAP:佐賀県佐賀市大和町大字川上1 Googleマップへ

與止日女神社公式サイト



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  2. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  3. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  4. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…
  5. 佐賀一番の老舗菓子屋「鶴屋」から肥前ケシアドという江戸時代のお菓子の復刻版が発売されています。 佐…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る