「三重津海軍所跡の発掘風景」佐賀の見えない世界遺産が見えるかも!?ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まあ、見えるといってもアレですね。

佐賀新聞の記事を見て「三重津海軍所跡の発掘現場」に行ってきたんですが…び、微妙です。

2016年3月3日付けの佐賀新聞ウェブサイト上で、おぉッ!と思う記事が掲載されていたんですよ。

新発見の遺構公開 5日に三重津で現地説明会|佐賀新聞LiVE
佐賀市教育委員会は5日、新たな遺構が見つかった世界文化遺産「三重津海軍所跡」(佐賀市諸富町、川副町)で現地説明会を開く。1回当たりの説明時間は約20分間で、...

佐賀新聞によると

佐賀市教育委員会は5日、新たな遺構が見つかった世界文化遺産「三重津海軍所跡」(佐賀市諸富町、川副町)で現地説明会を開く。1回当たりの説明時間は約20分間で、計5回説明する。3月末までには埋め戻す予定で、「見えない世界遺産」の地下遺構が見られる貴重な機会となる。

佐賀新聞LIVE

これは期待しちゃいますよね、私もウェブメディアに携わる者として行かざるをえない訳です。で、期待に胸を大きく膨らませて福岡市内の自宅を飛び出して、急いで三重津海軍所跡へ行ったのが説明会の前日にあたる3月4日。

現地に到着すると、掘ってますよほら、見えない世界遺産を掘り出してます。CMで地底人とか意味不明な事を言っていましたが、地上の我々にも見えるように穴を掘ってくれているんです。

三重津発掘1

正面入り口から入るとボランティアの人に手間をかけてしまうので、今回はいきなり河川敷の駐車場へ車で乗りこみました。そこから土手を上り、上から発掘現場を確認!急いで発掘現場へと向かいます。もうね、土手を駆け下りるんですから、ジブリ映画だと間違いなく頭から転んで2回転くらいするところです。

で、たどり着いて中をのぞき込んでみる。

三重津発掘2

前回、1月にも一度訪れているのですが、その時と比べると若干深く掘られている気がします。さらに、奥のほう(川の方向)が深くガッツリ掘られていますね。

三重津発掘3

なんか棒がイッパイさしてあって、おそらく何かがあるのでしょう。ここからだと分かりにくいので、反対側に回ってみました。が、うむむ…何かがあるようなのですが、ここからでも確認できません。

佐賀新聞によると「ドックの底部で細かく砕いたカキやシジミなどの貝殻の層が確認されており」とあるので、この一番深い場所がそれにあたるのかもしれません。

三重津発掘4

さらに「側壁に当たる護岸の遺構が新たに発見された。」という事なんですよね。で、川の下流方向へ視線を写して探してみたんですが…この木杭のような木がそうなのでしょうか。

三重津発掘5

確かに言われてみれば、そんな雰囲気があります。こんな”どこにでもありそう”な木が、江戸時代末期に作られた軍艦のドッグ跡なんです。ここで佐賀藩海軍の人たちが、ワイワイがやがやと仕事をしていたんですよね。なんだか、不思議な感覚です。

三重津発掘6

しかし、最初の調査ではこういうのが出てきたんです。それと比べると、やや寂しいです。

三重津発掘7

3月5日の説明会には仕事のために参加できないので前日に見学したのですが、ちょっと期待外れでした。しかし、江戸末期に近代海軍の先駆けとなった佐賀藩海軍の根拠地として、当時の姿を色濃くとどめる地形など歴史遺構としての魅力は十分。歴史好きなら、ぜひ一度は足を運んでもらいたいですね。

「三重津海軍所跡の発掘現場」

MAP:佐賀市川副町大字早津江字元海軍所31番他 Googleマップへ

三重津海軍所跡の詳細情報、お問合せは下記リンク先をご覧ください。

「三重津海軍所跡」特設サイト



三重津海軍所跡関連記事

「三重津海軍所跡」佐賀の世界遺産登録地はこんな場所でした~三重津タイムクルーズ

「三重津海軍所跡」ただの草地?市のPR動画と現地写真で検証する。

「三重津海軍所跡の発掘風景」佐賀の世界遺産で発掘調査2016年3月18日まで

「うまかどん」佐賀諸富、手打うどんの名店で『三重津海軍所カレーうどん』ランチレビュー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  2. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  3. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  4. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…
  5. 佐賀市三瀬にある貸切り利用可能な古民家「やまびこ交流館」見学のみなら無料。 福岡市と境を接する佐賀…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る