佐賀の街なかウマい!と噂の「ぎょうざ屋」がとっても美味しかったんです。

Pocket

昔ながらの味、これだよこれ!餃子ってこんな食べ物だよね。

グルメ:佐賀ランチ

昔ながらの味、とっても懐かしい王道を行く餃子がメッチャ美味しい店でした。

佐賀の街なか呉服元町、ここに中央マーケットという昭和臭プンプンのショッピングセンターがあるんです。佐賀では有名な場所なので、ご存じの方も多いんじゃないでしょうか。

そんなレトロな雰囲気漂うマーケット内に、これまた昔ながらの味がメチャ旨の餃子屋さんがあるんです。その名も「ぎょうざ屋」って・・・そのまんまやんけ!とツッコミ入るくらいに、判り易いお店。創業は昭和27年という老舗のぎょうざ屋さんです。

中央マーケットは今日もイイ味出てました。

ぎょうざ屋中央マーケット外観

外からもタイガイですが、中に入ると・・・もう、なにこれ、渋い!

ちなみに、↓の写真に写っている「ぎょうざ」の看板は別の店です。写真に写っているのは、テイクアウト専門店。

ぎょうざ屋中央マーケット中

そんな中にひっそり・・・ではなくて、ドカーンと派手な黄色い外観。こちらが今回のお目当て「ぎょうざ屋」さんです。

ぎょうざ屋外観

中に入ってみると、意外とポップな雰囲気。テーブルはべた付き一つない、清潔な店内。美味しいと言われる店は、年季入っててもちゃんと清掃が行き届いてますね。

ぎょうざ屋店内

オープンキッチンになってるカウンターの上、貼られたメニューはこんな感じでとってもリーズナブル。

ぎょうざ屋メニュー

さらに、壁には定食注文時に焼餃子と水餃子をミックスして、その比率をカスタマイズできるという定食メニューがありました。

これはありがたいですね、チョットスープ代わりに水餃子があるだけで得した気分になります。ということで、私は焼8、水2の「82(はちにー)定食」を注文しました。略して「ギョーテーカスタム82」とかどうでしょう?昭和レトロな店で、いきなりサイバーな感じのギャップに萌えません?

ぎょうざ屋カスタムメニュー

テーブルの上に、吹きかけスプレータイプの醤があります。これ便利なのかどうなのか、残念ながら今回は使う事がありませんでした。

ぎょうざ屋テーブルセット

さて、ギョーテーカスタム82(はちにー)がやってきました!まだ言うか・・・

あ、私が勝手に名前付けてるだけで、こんな名前じゃないですからねっ♡注文の時は、普通に言ってください。

デザートのメロンが、コレまた昭和感を増幅していると思うのは私だけでしょうか。いいなぁ~、オヂさんこういうの好きだよ・・・ハァハァ

ぎょうざ屋焼き餃子定食82

一見ふつーの餃子定食に見えますが、これは秀逸!と思ったのがタレを入れる小皿のネギッ!

ここの餃子タレが抜群にウマい!酸味と醤のバランスが絶妙で、マジでウマいッス。ほんでもって、このネギがメチャメチャ良い仕事して、ググッと美味しさが倍増します。

ぎょうざ屋ぎょうざタレ

もうたまらん、ぎょうざ食べます。ハフハフ

餃子は今どき流行りの薄皮系じゃなくて、モッチリした皮の食感が楽しめるトラディショナルなスタイル。

そうそう、コレやねん、これこれ、この味や!と唸るほど、昔たべた大好きなぎょうざの味。今風じゃなくて不偏にして王道、これこそジャパニーズ・トラディショナルな日本的中華料理の代表メニュー「焼餃子」ですよ。

ぎょうざ屋焼きぎょうざ

おいしいな~。なんかイジクリ回してドカーンみたいな味じゃなくて、優しいジワーっとくる佐賀系の自然な味わい。

「おまえ肉汁用に余分な脂とかゼラチンで固めた汁いれてるやろ!」というような、肉汁がこぼれるようなわざとらしい演出もありません。あくまで自然体のジューシー食感。

ぎょうざ屋焼き餃子2

続いてこちらは水餃子、定食のスープに入ってるとチョット得した気分。定数を分割しているので、気分だけなんですけどね。

それでも、どっちも食べたい派にとってはありがたいシステムです。

ぎょうざ屋水ぎょうざ1

モッチリプルンって感じですかね、とっても食感の良い水餃子です。スープも優しい滋味系に塩を少し効かせましたという感じ。変にスパイシーだったりしないところが、手作り感が伝わってきてとっても美味。

これも自然体で美味しい餃子ですね、無理に作った味じゃなく、とっても優しい味。

ぎょうざ屋水ぎょうざ2

いや~、久しぶりに昔ながらの餃子を食べたような気がします。今風の餃子もいろんな工夫があって、ガツンとくるものから旨みを強調したり美味しいんですけど、やっぱり飽きの来ない王道の味は安定感があります。

ここ「ぎょうざ屋」さんは、まさに王道のスタイルを守っている餃子屋さんでした。

テイクアウト販売もやっています。

ぎょうざ屋テイクアウト

店の前には待ち席が用意されているので、昼食のピークタイムは混雑するのかもしれませんね。

この味なら人気店になるのもうなずけます。

とっても美味しい餃子定食、満足度の高い「お値段以上!」のランチでした。佐賀に行くなら、おススメのお店です。

「ぎょうざ屋」

MAP:佐賀県佐賀市呉服元町2−2 Googleマップへ

営業時間:10:30から19:00

定休日:不定休(公式サイトにて告知あり)

公式サイトに通販ページあります、詳細情報やお問合せは下記リンク先をご覧ください。

佐賀のぎょうざ屋公式サイト

おススメ記事

「三宝珠の恵比寿」佐賀市の”宝くじが良く当たる”と評判の恵比寿像に当選祈願してみました。

佐賀の繁華街にあるレトロな市場「中央マーケット」のノスタルジックが止まらない!

「佐嘉八社詣」最近ついてないな~と思ったら神頼み!街なか・お手軽!佐賀の開運スポット

九州でブッチギリの最下位というマイナー県”佐賀・サガ・SAGA”

佐賀の歴史が熱い!佐賀をサガして!ワリとまじで

何にもね~じゃん!非難続出中の佐賀にある世界遺産はコチラ

佐賀のランチ旅「孤独オヤジのグルメ」はコチラ

佐賀ポータルって何?どんな人が運営しているの?

「佐賀ポータル」について。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る