「金星豚バーガー」ハンバーガーの常識が変わるウマさ!佐賀太良町の新B級グルメはこれだ。

Pocket

カツのボリューム、味、もう度肝を抜かれました。

グルメ:佐賀ランチ

道の駅太良「漁師の館」に凄いバーガーが爆誕!その名も金〇豚バーガー

イヤイヤイヤ、変なところ伏字にしちゃいけませんね。金星豚バーガーですからね、金星豚!イイ子はちゃんと読めますよね。金星豚バーガーは、金星佐賀豚という佐賀県の太良町にある「永渕ファーム」で生産されているプレミアム・ブランド豚のカツを使ったハンバーガーです。

金星佐賀豚は西日本地区の品評会で、1999年から2013年までの15年間で金賞8回、銀賞7回と数々の賞を受賞している激本気(マジ)プレミアムな強烈品質の豚肉。

もうこれだけで文句なくウマい!という豚肉を、ビッグサイズのトンカツにして豪快にバンズに挟んだのが金星豚バーガー。タイトルでも書きましたけど、ハンバーガーの常識が変わりますよ割と本気(マジ)で。

金星豚バーガーを提供している、道の駅太良の食事処「漁師の館」

漁師の館外観

入口の所にハンバーガーコーナーがあります。エイバーガーって、あのエイ?

イロイロと面白そうなメニューがありますが、ここは黙って「金星豚バーガー」を注文します。

漁師の館ハンバーガーコーナー

ハンバーガー以外にも、金星豚プレミアムロースカツ定食やメガ天丼など名物メニューがあります。

漁師の館メニュー

店内はお土産コーナーがあり、その奥が客席になっています。

漁師の館店内

注文は食券機を使用、バーガーメニューは外のバーガーコーナーでも食券機からでも注文できます。

漁師の館食券機

黒板にはおススメのメニューが書かれています。

漁師の館メニュー黒板

店内をウロウロ見学していると、金星豚バーガーが出来上がりました。さっそくご対面なんですけど・・・

もうね、この見た目がヤバいでしょ。見た瞬間「なんじゃこりゃ~!」ですよ、ジーパン履いてませんけど。(古いかw

金星豚バーガー

よこから写してみると、その凄まじさが良く分かります。うん、これは土星だ。そう、土星のようなバーガーなのだ。

かなり厚みがあります、カツの一番ぶ厚い箇所は1cmを超えています。

金星豚バーガー横から

上のバンズをめくってみると、ジャポネソース風のソースがかかっています。いや~・・・カツがデカい。

金星豚バーガーソース

とりあえず、はみ出している箇所からガブリ。ソースも何もついていない、カツだけを食べたんですけど。

モグモグ、モグモグ・・・うま~い。なんだこれは、豚の臭みが全くなくて甘みのある独特の味わい。うまい!

金星豚バーガー1

本格的に食べ始めてみると、中に入っているのは金星豚のカツ、レタス、トマト、チェダーチーズでした。このメチャウマのカツとチーズがまた・・・合う!メチャメチャ合う!うまい!

肉も厚みがあって、カツを食べているというよりステーキにカブリついている感じです。口の中が、肉で一杯になってます。ジューシー、甘い、うま味とコクがあって、うまい!

肉の味が強いので、チーズの味は感じますがソースは殆ど感じなくなるほど。こんなに美味しい豚肉は、なかなか出会えません。

セットでついてきた有明海苔を使ったポテトも食べてみます。

これは、美味しいんだけど食べにくい。青のりじゃなくて、有明海苔が使われているので磯の香りが強烈に美味しい。しかし、指に海苔がメチャメチャ付くので食べにくい。

これは箸が欲しいですね、手で食べると凄い事になりました。

有明海苔ポテト

実は、この金星豚バーガーを食べに来たのは今回で二回目なんです。前回来た時は、残念ながら売り切れで食べれなかったんですね。

その時に注文したヤスミバーガーも美味しかったので、載せときます。

ヤスミは九州では有明海だけで獲れる魚で、白身が美味しい魚として人気があります。刺身を柑橘類や塩で食べるほど身が美味しい魚だそうです。

ヤスミバーガー

ヤスミバーガーに使われている切り身は、地元で揚がった超新鮮な身を使っているらしく刺身で食られるほどだそうです。

実際に食べてみると、淡白な白身魚のフライですが独特の風味があって美味しいです。大手が使ってるような冷凍じゃないので、細胞が潰れていません。だから風味や香りが残っているんですね。

太良町、漁師の館、おそるべし!

こんな辺境の地に、これほどのハンバーガーがあるとは思いませんでした。いや、むしろ辺境だからこそ出来る美味しさなのかもしれません。

金星豚バーガーはバンズに挟んで食べるバーガーというよりも、肉を持つためにバンズを添えているような、カツというよりぶ厚いステーキを丸かじりしている感覚のハンバーガーでした。

このハンバーガーは、ぜひ多くの人に食べてもらいたいですね。この金星豚、道の駅太良内にある「かき小屋」で焼肉用のものもあるようなので、ぜひ金星豚を食べに訪れてみてください。

そういえば、漁師の館前の自動販売機がコレまた個性的です。

黒夢というヴィジュアル系ロックバンドとのコラボ仕様という、オリジナルラッピングの自動販売機が設置されています。全国で唯一という、黒夢とヴォーカリスト「清春」さんの写真をあしらった自動販売機。

黒夢仕様コラボ自販機

ファンの間では訪れるべき「メッカ」的な存在になりつつあるとか、漁師の館のエントランス前では黒夢や清春さんの楽曲が流れています。

ぜひとも多くの人に太良に来てもらい、この絶品バーガーをロックとともに楽しんでもらいたいですね。

「金星豚バーガー」

MAP:佐賀県 藤津郡太良町伊福甲3488-2(道の駅太良)Googleマップへ

営業時間:09:00 ~ 18:00 LO17:30

定休日:元旦のみ

金星豚バーガーなど、漁師の館に関する詳細、お問い合わせは下記リンクの公式サイトをご覧ください。

漁師の館公式サイト

参考:「道の駅太良たらふく館」佐賀太良町で繰り広げられる『みかん』バトル!農水産物が超充実

 

佐賀のオリジナルハンバーガーショップ

[武雄バーガー]噂のご当地グルメがウマすぎる!移転&リニューアルして更にパワーアップですよ

「スタジアムバーガー」佐賀で最高に美味しいハンバーガーショップに行ってきました

「きみどりバーガー」佐賀の美味しいハンバーガーレストランに行ってきたよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る