「武富勝彦の蓮根麺」佐賀の有機蓮根を使用したご当地グルメ!ヘルシーな野菜麺

蓮根麺
Pocket

「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。

佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位。まあ、1位の茨城県が30,500t、2位徳島県が7,380t、そして佐賀が4,420t(データは2013年11月8日発表のもの)なので、茨城がダントツで凄いんですけど、それでも佐賀だって立派な蓮根産地なんです。そこで登場するのが「蓮根麺」、佐賀で自然栽培された蓮根の粉末をふんだんに使った野菜麺。なんだか気になったので、買ってきました。

売ってたのはココ、佐賀城跡のすぐ近くにある「佐賀レトロ館」。元は明治20年に建築された、警察の庁舎だった建物。

蓮根麺1

スローフードレストランやカフェ、ベーカリーが入居する明治の洋館。1階にはお土産コーナーがあるんです。

蓮根麺2

佐賀市内の特産品を中心に、ずらりと並ぶお土産品。なんか記事にするのに面白い物ないかなぁ~と物色していると・・・ふと目線が止まったのがコレ「蓮根麺」税込432円。今まで何度も目にしていたはずなんですけど、なぜか今日に限って気になる存在。

蓮根麺3

「よしっ、いっちょ食べてみるか」ということで、買ってきました。

「武富勝彦の蓮根麺」と書いてありますね。この武富勝彦さんという人は、佐賀県で循環型農法による古代米生産を行っている生産農家。なんと!2002年にはイタリアのスローフード協会より、日本人初のスローフードアワードを受賞したという凄い人なんです。業界では知る人ぞ知る有名人なのでしょうね。

蓮根麺4

蓮根って食物繊維が豊富な野菜ですよね、食感がシャキシャキして繊維って感じですもん。そうそう、粘りもありますよ。「もちっと、しゃきっと美味しい」まさにピッタリのキャッチフレーズ。

蓮根麺5

原材料は小麦粉、食塩、蓮根と実にシンプル。さすがに蓮根の十割麺とはいかなかったようで、つなぎに小麦粉を使っているようです。販売者の葦農(よしのう)は武富 勝彦さんが代表を務める会社。江北町にあるんですね。

蓮根麺6

使っている塩も、健康に配慮したものを使っています。

そして作り方が書いてありますので、この通りにやってみましょう。

蓮根麺7

袋から出してみました。見た目は太めの蕎麦みたいな感じでしょうか。更科までいきませんが、少し白い蕎麦のような見た目。ところどころ粒々が見えるのは蓮根の皮かな?

蓮根麺8

乾麺でよく見かける、少し楕円形をした麺です。

蓮根麺9

それでは沸騰したお湯に入れて・・・4分から8分って倍じゃん!

と、とりあえず、4分以上は茹でるとして、間をとって6分茹でてみましょう。

蓮根麺10

茹でたらザルに開けて冷水で冷やします。

蓮根麺11

冷蔵庫にあった物を適当に出してきて、めんつゆを用意して出来上がり。海苔があったら佐賀らしくなったんだけど、残念ながら切らしてました。

蓮根麺12

少しくすんだグレーに茶色が混ざった感じ、見た目は蕎麦っぽいですね。

蓮根麺13

それではさっそく、ズズッと食べてみます。

蓮根麺14

おっ、麺の味がシッカリしてます。アッサリした味の蓮根ですが、そのあっさり味がシッカリ感じられます。そしてもちっとしながら、太さがあるのでプツンと切れる感じ。食感もいいですね。

蓮根麺15

いやいや、かなり美味しいですよ。地元の農産物を使った特産品って、当たり外れが大きいじゃないですか。お土産屋さんに沢山並んでいる特産品を見ると、補助金目的なのか、売るよりも開発したという実績作りが目的なのか、お土産の為の商品が氾濫していますよね。

そんな中で、この蓮根麺は真面目に作られているように感じます。健康志向の食品だけにお値段は少し高めですが、数多ある土産用に作られた商品群とは違いますね。堂々とヘルシーフードと名乗れるレベル。

蓮根麺16

蓮根という地味な野菜を、乾麺というこれまた地味な商品でシッカリ作った蓮根麺。話題性だとか、シャレで作ったみたいなネタに走った特産品とは一線を画する、本格派のヘルシーフド。

蓮根は食物繊維が豊富で、レモン並みのビタミンCを含む健康野菜。切った時に糸を引く粘りは、納豆と同じムチンという物質なんです。とっても体に良い野菜なんですが、一度にたくさん食べる事ってあんまりないですよね。

しかし、粉末にして麺料理にすれば、日常的にたくさん食べられますよね。美味しく手軽に食べられるので、今度は暖かい蕎麦風にして食べてみたいですね。麺の味がシッカリしているので、鶏そばみたいにコクのある出汁に合いそう。

うん、これは当たりでした。

「武富勝彦の蓮根麺」

葦農公式サイト⇒http://www.yoshinou.jp/



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  2. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  3. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  4. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…
  5. 佐賀一番の老舗菓子屋「鶴屋」から肥前ケシアドという江戸時代のお菓子の復刻版が発売されています。 佐…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る