「ピンキースカイ木6(もくむつ)ライブ」佐賀のご当地アイドル定期無料ライブは熱かった

Pocket

「ピンキースカイ」の定期無料ライブに行ってきました。

佐賀の街中で「ピンキースカイ」という佐賀のご当地アイドルが木6(もくむつ)ライブという無料ライブをやっていました。

40過ぎたイイおっさんがですよ、依頼も受けずにアイドルのライブに顔を出すなんてとてつもなく照れくさかったりするわけですが、やはり佐賀のネタを取り扱っている者として彼女らを取り上げないわけにはいかないのです。

今回紹介するピンキースカイ(Pinky Sky)は、高園渚と園田有由美の二人で結成された、佐賀のご当地アイドルデュオです。名前の由来は「小指(ピンキー)のように小さな2人(身長150cm,148cm)が大きな空(スカイ)に憧れる様子」に由来するのだとか。

とにかく、佐賀をうろついていると様々なところで名前が出てくる、地域に密着してパワフルに活動している地元のアイドル。そんなお二人が2016年1月にスタートさせた地域密着イベント、毎週木曜日18:30から佐賀市呉服元町にある656(むつごろう広場)で開催される「木6(もくむつ)ライブ」にようやく行くことができました。

もくむつ1

ライブが開催されていることは以前から知っていたのですが、私が佐賀で取材していられるのは午後5時までのために見に行くことができなかったのです。

ん?なぜ午後5時までしか佐賀にいられないかって?

それはですね、私が福岡から家内の車を借りてやってきているからなのです。午後7時ころには帰宅して買い物に行くので、それまでに返しておかなければ大変なことになるのです。

という事情で、気にはなっていたのですが行けずじまい。それが、なんと今回は取材だからと許可を取りまして、無事に見に行くことができたんです。

初参加の木6ライブ、夕方の656広場でいよいよスタート!最初は「化け猫ダンちゃん」というご当地妖怪のトークから。

もくむつ2

ファンが持ち込んだシャボン玉マシンを使った人力の演出。こういう手作り感がイイですね。

もくむつ3

そして流れてきたのが「越えて行け」という、デュエットのハーモニーが美しいバラード。歌をリードしていく「だーゆん」こと園田有由美さん。

もくむつ4

いきなりのバラードで、二人のライブへと引き込まれていきます。周りにいる人たちも完全に聞く体制。一度落ち着かせて注目させてから、オリジナル曲で一気にファンとの距離を詰めていきます。さすがベテラン、堂々としたステージングで完全に場をコントロールしています。

ファンとの距離を詰めて、和やかな雰囲気を作り出す「なぎりん」こと高園渚さん。

もくむつ5

ピンキースカイのアンセムソング的な歌「ピンキースカイ」での一コマ、振付に合わせて観客も一斉に小指を立ててます。そうそう、ピンキースカイの「ピンキー」とは小指のこと。

もくむつ6

小さなピンキースカイの、更にちっちゃいほう身長148cmの「だーゆん」観客を煽るのはもっぱら彼女。

もくむつ8

大きなアクションで、ステージ狭しと躍動感あふれるステージングを見せるのが「なぎりん」。透き通るようなハイトーンボイスで、デュオの高音域を担当。

もくむつ9

そして、巧みなトークと雰囲気作りでライブの進行役を務めるのが「だーゆん」です。いいコンビですね。

もくむつ10

途中で化け猫ダンちゃんも交えてのMCが入り、会場は盛り上がるというよりなごやかな雰囲気になっています。こういうアットホームな雰囲気が、ご当地アイドルの魅力なのか・・・

もくむつ11

MCも終わり、ライブはいよいよクライマックスへ。どうですか、だーゆんが「覚悟はいいか野郎ども!」みたいな顔をしていますが、実際は違います。可愛くて、終始ゆる~い雰囲気で観客を巻き込んでいきます。

もくむつ12

最後の曲は「金曜日のおはよう」です、アップテンポでノリノリの曲ですね。

もくむつ13

実は私、この曲を知らなくて・・・w

この記事を書きながら調べましたよ、それで何とかタイトルが判明したんです。

もくむつ14

この曲になったらもう地響きのような声がすごくて・・・これがアイドルのライブなのかと圧倒されっぱなし。曲が底抜けに明るくて、乗りやすいアップテンポの曲で観客と一体になった熱気が・・・かなりすごい。

もくむつ15

自身のツイッターやウェブサイト以外で広報を行っていないようなのですが、ライブ開始から少しずつ観客が増えて、最後には40名くらいいました。

写真に写っている以外にも、遠巻きに見ている人が結構いました。

もくむつ16

さて、ライブが終わりました。終了時刻は19時、約30分間のライブでした。終わった後は、ハイタッチと物販。オリジナルCDなどが売られています。協力したかったんですけどね、先日、PCが壊れて買い替えたばかり。なので、取材費に余裕がないのです・・・次こそは、いつか必ず、何か買わせていただきます。

もくむつ17

コチラがハイタッチの様子。

もくむつ18

男性ばかりかと思ったら、女性の方もいるんですよ。とっても和やかな雰囲気で、会話が弾んでいます。

もくむつ19

こういったアイドルのライブに行ってみて感じたのは、とっても地道に頑張っているんだな~ということ。特にピンキースカイのお二人はアイドルらしくないというか、本当に華やかぶらずに地道にコツコツと地に足を着けて頑張ってるなぁ~と感じます。運営元とかプロダクションなんかの変なプッシュがないので、お二人が主体となって頑張ってる感が全面に出てるんですよね。だから活動の軸がシッカリしてるんです。

アイドル活動だけでなく演劇のほうも本格的に取り組んでいるようなので、これからの活躍を応援していきたいですね。

そういえば、YouTubeに木6ライブの様子を撮影した動画があったので、ここに貼っておきます。

「ピンキースカイ木6(もくむつ)ライブ」

開催日:毎週木曜日、午後6時半からスタート

※注意:ほかのイベントなどと重なった場合は予定が変更する事があります。

開催情報など詳しくは下記リンクから、公式サイトをご覧ください。

ピンキースカイ公式サイト



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  2. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  3. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  4. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…
  5. ファームリンク金星屋は太良町のブランド豚「金星佐賀豚」の農場直営ショップです。 佐賀大学医学部のす…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る