「ANOアーノヴルストカーテ」佐賀三瀬の手作りソーセージが肉感タップリで激ウマい

Pocket

手作り生ソーセージは私の常識を変える美味しさでした。

グルメ:お土産グルメ

厳選素材の手作り生ウィンナー専門店

佐賀市内から国道263号線を三瀬トンネル方面に向けて走っていると、道路に転々と可愛い豚のイラストと「ANOアーノ」と書かれた看板が設置されています。以前から気になっていたので、今回は立ち寄ってみました。

産直店として有名な「野菜直売所マッちゃん」の角を曲がると、自然いっぱい景色の中に可愛らしい建物。どうやら「ANO」看板の正体はコチラの建物のようです。

お店の名前は「アーノヴルストカーテ」福岡のローカルテレビ局で何度も紹介されている、手作り生ウィンナー専門店です。

店内はレストランになっていて、オリジナルウィンナーを使ったメニューを食べることが出来ます。

アーノメニュー

1階のイートインスペース、テラス席、2階にはテーブル席があります。どのメニューもかなり美味しそうで、次回はランチに訪れたいですね。

1階の奥に持ち帰り用ウィンナーの販売ブースがあり、店主が厳選した佐賀県産豚肉と佐賀三瀬村特産の三瀬鶏を使ったウィンナーが販売されています。

アーノ店内

冷凍庫には美味しそうなオリジナル生ウィンナーが綺麗に陳列されています。どれを買うか迷いますね。

ウィンナーの種類は大きく分けて豚と鶏、豚肉を使ったオーソドックスなウィンナーにはパセリ・サラミ・しょうゆ味があり、三瀬鶏を使った鶏肉ウィンナーはノーマルと軟骨入りがあります。

アーノウィンナー

さんざん迷った挙句、サラミ味のウィンナーと鶏肉ウィンナーから軟骨入りを購入。

ふと上を見上げると、ウィンナーを使ったチーズバーガーのメニューポスターが目に入りました。これメッチャ美味しそうですよね、この日はオーダーストップ後だったので近いうちに絶対食べに来なければ!

ループバーガー

ということで、さっそく購入したウィンナーの実食レポートに参ります。向かって右が豚肉使用のサラミ味、左が三瀬鶏使用の軟骨入り。生ウィンナーは日持ちしないので、冷凍状態で販売されています。

ウィンナーパッケージ

食べ方はとっても簡単、パッケージを開けると美味しい食べ方が書いてあります。つまり…10分茹でろという事です。ボイルした後に焼き目を付けると、さらに美味しく食べれるそうです。

食べ方

本当に簡単ですね、冷凍のままお湯に入れれば10分で出来上がり。向かって左が豚のサラミ味、右側が三瀬鶏のウィンナーです。

ウィンナー完成

まずは豚のサラミ味ウィンナーから食べてみます。割ってみると肉汁があふれ出してきます、器の底にたまるくらいのメッチャメチャジューシー!

一口かじってみると、これは…肉だ!肉感タップリのウィンナーです。ウィンナーというよりも肉を食べているという感じがとても強くて、ボリュームも食べ応えも抜群。味もスパイスがとても効いていて、少し控えめの塩気もバランスが絶妙。

これはウマい!メチャメチャ旨い!スパイスが良く効いている味なのですが、それが前面にでてくる刺激的な味付けでは無いです。スパイスの味は裏方に回っていて、肉の旨みを更に深くて複雑なものにしています。

これはヤミツキになりそうですね、溢れる肉汁、シッカリした肉感、複雑で旨みが強烈、シッカリ美味しい絶妙なバランスです。

サラミウィンナー

続いて三瀬鶏を使った「軟骨入り」ウィンナー。こちらは豚に比べるとアッサリしているのですが、こちらは豚ウィンナー以上の肉汁たっぷりジューシーなウィンナーです。アッサリしているとはいっても、鶏の旨みはシッカリと感じる事が出来ます。

豚サラミ味のウィンナーは味がシッカリしているので、そのまま食べるのが抜群に美味しいですが、鶏のウィンナーはスープなんかにいれるとイイ出汁が出そうですね。

こちらもスパイスが肉の旨みをシッカリと引き出していて、アッサリしていても味が薄いという事ではありません。鶏肉の旨みを楽しめて、溢れる肉汁はとっても美味しい。半分にしただけで肉汁が溢れて来て、器の底にたまったので飲んでみると抜群に美味しかったですよ。

コリコリとした軟骨の食感がアクセントになって、これもハンパ無く旨い!

鶏軟骨入りウィンナー

ウィンナーといえばお弁当なんかの定番として食べる機会も多いと思いますが、スーパーや惣菜屋で食べるものと「アーノヴルストカーテ」のウィンナーとは全くの別物です。

それほどにハッキリと違いを感じる、本格派というよりも正統派の生ウィンナーですね。

本来ウィンナーというのは、こういう物なのでしょう。しかし、スーパーなどで一般に売られているウィンナーは、低価格で効率よく大量生産できるように最適化されていったんだと思います。

「アーノヴルストカーテ」で販売されているウィンナーは、店主が厳選した天然素材を使用した職人が作るウィンナーです。ぜひ一度、本物のウィンナーを味わってみてください。

ウィンナーに対する見方が変わるほど美味しいですよ。

「アーノヴルストカーテ」

MAP:佐賀県佐賀市三瀬村杠283-2 Googleマップへ

営業時間:10:00~18:00

レストラン営業時間:オーダーストップ 10:00~ 飲食メニュー17:00、 テイクアウトメニュー18:00

定休日:水曜日

ANOアーノヴルストカーテ公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  2. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  3. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  4. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…
  5. 佐賀一番の老舗菓子屋「鶴屋」から肥前ケシアドという江戸時代のお菓子の復刻版が発売されています。 佐…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る