「小城の五百羅漢」佐賀小城市にある星巌寺跡の五百羅漢像が神秘的!

Pocket

立派なお寺の跡。なんで廃寺になったんでしょう?

小城藩主鍋島家の菩提寺「祥光山星巌寺跡」に残る五百羅漢を見に行ってきました。

今回紹介する五百羅漢があるのは、小城藩主鍋島家の菩提寺であった祥光山星巌寺の跡。境内には歴代小城藩主の墓所もあり、立派な楼門が残る寺の跡です。

祥光山星巌寺跡は1684年に小城鍋島二代藩主直能によって建立され、宗派は禅宗の中でも中国の様式を色濃く残す黄檗宗のお寺でした。本山は京都宇治市にある萬福寺で、星巌寺はその末寺にあたります。

星巌寺跡の入口に建つ楼門は、1852年に建てられた中国風の楼門で佐賀県の重要文化財に指定されています。建てられた時期はちょうどペリー来航の前年、江戸から明治へと時代が動き始める時でした。

五百羅漢楼門

近づいてみると、年季の入った立派な門です。

五百羅漢楼門2

楼門をくぐる事は出来ないので、脇にある通路から寺跡へと入ると中は広場になっていました。

五百羅漢星巌寺跡1

広場の奥には、回廊へと続く階段があります。

五百羅漢星巌寺跡2

階段を上ると、これまた情緒ある回廊があります。

五百羅漢星巌寺跡回廊1

五百羅漢は回廊を渡ってスグ、奥に見える小城藩歴代藩主の墓所を守るかのように建てられています。

五百羅漢1

個性的な顔をした羅漢像が沢山ありますね、ここには200体ほどの石仏があるそうです。

五百羅漢2

羅漢像の完成時期は江戸時代中期、石工平川徳兵衛の一族による作と推定されています。

五百羅漢3

本当に表情が豊かで、こちらの仏さまは笑い声が聞こえてきそうなほど楽しそうな顔をしています。

五百羅漢4

その近くでは、なにやら思い悩んでいるような仏さま。やはり仏といえども、悩みがあるんでしょうか。

五百羅漢5

五百羅漢の中を真っ直ぐに続く通路、その先には小城藩主の墓所があります。

五百羅漢小城鍋島藩主墓所

墓所は門が閉まっていたので、回廊に戻って先に進んで行きます。

五百羅漢星巌寺跡回廊2

少し進むと、18世紀頃に建てられたとされる報恩堂がありました。

五百羅報恩堂

報恩堂には歴代小城藩主の位牌が安置されているそうです。

五百羅報恩堂2

回廊を奥まで抜けると、そこには広場があり平成の五百羅漢として様々な石仏群がありました。

五百羅漢平成五百羅漢

この道は「山辺の道」といわれる千葉城跡へと続く散策路になっています。総延長2.2キロと片道30から40分で歩けそうな距離なので、散策に丁度いいですね。

五百羅山辺の道

廃寺跡に残る五百羅漢と藩主の墓所、一部に残る寺の遺構。寂びの風情を楽しめる、最高のスポットですね。寺跡を見る限りかなり大規模な寺だったことが分かるだけに、諸行無常、日本人の心に強く訴えてくる風景です。

しかし、私の中でどうしても引っかかる事がありまして・・・それは、いつまで寺があったのか、なぜ廃寺になったのか。ネットで調べてもどこにも書かれていないんです。

これだけの規模を誇ったお寺です、藩主の菩提寺で、最後の小城藩主11代直虎公が大正時代に埋葬されているんです。事実が分からなくなるほど昔の話ではないはずなのに、なぜ小城市の観光情報で紹介が無いのでしょうか。

う~ん、不思議ですね。なぜこのお寺は廃寺になったの?暇が出来たら、少し調べてみたいですね。

「小城の五百羅漢」

MAP:佐賀県小城市小城町畑田3116 Googleマップへ

小城市観光協会公式サイト「オギナビ」星巌寺

周辺の観光スポット

『こどもびいる』で有名な友桝飲料の工場を見学してきました。佐賀小城市

「江里山の棚田」佐賀小城市にある集落の棚田と彼岸花が綺麗でした

「清水の滝」佐賀小城市にある滝。パワースポット感が凄い!山の神様とか出てきそうです

佐賀の山中に小型飛行機が墜落!?と思ったら…思わずビックリした珍風景

「肥前千葉城」佐賀小城にある千葉氏の居城跡【肥前戦国史跡】

「村岡総本舗 羊羹資料館」100年以上の歴史を持つ小城羊羹の歴史を伝える資料館

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る