佐賀「飯盛城跡」鍋島直茂の妻『彦鶴姫』の実家。恋愛成就のパワースポットかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

さほど大きくなかったようですが、龍造寺隆信の大躍進に重要な役割を果した城です。

まち情報:戦国佐賀

今津、相応津、二つの港を支配し、海岸警備にあたった水ヶ江城の出城。

飯盛城は規模は小さかったようですが、龍造寺氏が佐賀において力を持つに至る重要な役割を果した城です。戦国時代の海岸線は飯盛城の南、下飯盛あたりにあったとされています。さらに、北西1kmに今津という港、南西1kmに相応津という港の二つの港が領内に有り、海岸線に近い事から港を含めた沿岸部の警備を受け持った城でした。

飯盛城跡地図

地図:国土地理院

築城は永享3(1431)年、少弐資嗣が築いたと言われています。その後、小城から千葉氏の配下であった石井氏が移り住んで居城とし、石井党と呼ばれる武士団を形成して龍造寺康家・家兼・隆信の三代に渡って重臣として仕えました。戦国時代の水ヶ江城(水ヶ江龍造寺氏居城)の出城として、港と沿岸部を管轄する重要な軍事拠点となります。

現在は石井氏の菩提寺「常照院」となっていて、寺の境内が主郭、南に向かって二つの郭がありました。現在の状況からも、その形跡が伺えます。

飯盛城跡写真

画像:国土地理院

飯盛城は龍造寺隆信が筑後に追われた際、高木、八戸、神代といった少弐氏に従う国人衆に占拠されますが、龍造寺隆信が佐賀村中城を取り戻した際、石井党によって奪還されました。

戦国時代は主に水運によって物資が輸送されていたため、二つの港を利用した交易による収入と運上金(関税)、そこから派生した商都が生み出す利益は、多くの群雄が割拠する佐賀で龍造寺氏が大躍進するための兵站地として大きな役割を果したはずです。

実際に現地に行ってみると、城跡部がかなり残されていて独特の地形になっています。下の写真は飯盛城の北西角から東方向へ水濠を撮影したものです。

飯盛城跡北西角

北側水濠の北東角から西へ

飯盛城跡北東角

主郭部東側水濠、南から北へ

飯盛城跡東側水濠

主郭部西側水濠、おそらく道路も堀跡だと思われます。

飯盛城跡西側水濠

飯盛城内に建つ天満宮。

飯盛城跡天満宮

三の郭、城の南端部の水濠跡らしきクリーク

飯盛城跡南端

二の郭から主郭部

飯盛城跡二の郭から主郭

主郭部内部は寺院の境内となっていて、石井氏などの墓が建ち並んでいます。

飯盛城跡主郭

寺院の裏は庭園のように整備されています。

飯盛城跡庭園

城郭時代に使われていた古井戸があるとの情報から探して見ると、北東角近くにそれらしき井戸がありました。井戸は埋められていました。

飯盛城跡井戸

主郭内部から東側水濠を北東角方向へ

飯盛城跡主郭内部から水濠

この城は佐賀藩の藩祖「鍋島直茂公」の妻、彦鶴姫の実家としても有名で、戦国時代の武将としては珍しい恋愛結婚を成し遂げる舞台となりました。

彦鶴姫に恋をした直茂は、石井氏の城館に忍び込み互いに愛を育んでいったそうです。度々忍び込んでいたために城内で不審者が忍び込んでいるとの噂がながれ、警戒が厳重にされても忍び込むことを辞めなかったそうです。

やがて鍋島直茂は石井家の家臣に発見され、泥棒と間違われて追い立てられます。屋敷を飛び出し塀を超え、濠を飛び越えたところで抜刀した家臣に切りかかられ足の裏に傷を負いました。その傷は生涯消えなかったそうです。

しかし、この濠を飛び越えるって、どんな跳躍力なんでしょう。愛の力は偉大です。

そんなステキなエピソードがある飯盛城跡(現常照院)は、ひょっとしたら恋愛成就のパワースポットかもしれませんね。

「飯盛城跡」

MAP:佐賀県佐賀市本庄町大字鹿子1206−3 Googleマップへ




城跡おススメ記事




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀駅南口の近くでやすいコインパーキングを利用したい人は必見です 佐賀の中心市街地、短時間の駐車を…
  2. たまたま饅頭を買いに行って偶然見つけた歴史スポット、佐賀富士町の「金福寺」 佐賀の八賢人でしたっけ…
  3. 「櫛田宮」吉野ヶ里遺跡のほど近く、旧長崎街道神埼宿にある神社。 お櫛田さんと言えば「博多祇園山笠」…
  4. 佐賀市富士町の奥深く、田舎の山里にある国指定文化財「吉村家住宅」へ行ってきました。 佐賀北部の山里…
  5. 兵どもが夢の跡、天満宮が建つ於保氏居城跡と田畑の中にポツンと建つ墓石群。 佐賀藩主となった佐賀の地…

おすすめ

  1. 豚骨とニンニクって相性抜群だと思うんです。 佐賀市大財にあるドラゴンラーメン。ラーメン一杯390円…
  2. 九州以外の人からすると皿うどんと言えばバリバリ揚げ麺の長崎皿うどんなんだよね。 私も九州に来るまで…
  3. 佐賀でおこわといえば「まんえい堂」おこわも当然美味しいのですが「あん心(ころ)もち」がマジウマ過ぎて…
  4. 「三瀬そば」は福岡にある我が家から自動車で20分ほど、県境の山里にある三瀬そば街道1番人気のお店。 …
  5. 「全国五つ星の手みやげ」にも選ばれた佐賀の名店あけぼの菓子舗、逸口香(いっこうこう)と落雁専門の老舗…

アーカイブ

ページ上部へ戻る