「葉隠発祥の地」佐賀金立町にある江戸中期に記された武士の心得書「葉隠」が生まれた場所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

覚悟を決めれば何事も恐れる事はないのです。

「葉隠れ発祥の地」は佐賀市中心部から北の山間部、金立町にありました。

「葉隠」といえば「武士道とは死ぬことと見つけたり」で有名な、江戸時代中期ごろに記された武士の心得書として全国的に有名です。「葉隠」は佐賀藩2代藩主の小姓も務めた佐賀藩士「山本常朝」が武士の心得を口述し、それを同藩士田代陣基(つらもと)が筆録しまとめた書物。全11巻からなり、当初は主流の武士道とはかけ離れた教えとして禁書扱いされていました。その後、佐賀藩内で教育の柱として扱われるようになったそうです。

葉隠の祖「山本常朝」の墓所は、佐賀市八戸1丁目の八戸城跡「龍雲寺」にあります。

葉隠れ発祥の地は、佐賀市金立町、金立公園そば、長崎自動車道金立SAのすぐ近くにあります。目印は佐賀方面から向かって長崎自動車道の下をくぐってスグに見える看板。

葉隠れ発祥の地

看板の向かいに駐車場があり、その脇の道を真っ直ぐ西へ向かいます。

葉隠れ発祥の地1

いやね、駐車場に車を停めたはいいんですが、ここからどう行けばいいのか分からなかったんですよ。で、ひょっとして脇道を真っ直ぐ行けばいいのかな?なんて思いながら進んでいくと、トイレが見えてきました。

そういえば、今日は朝起きて死んでないですね。葉隠の教えの通り、一度死んでおけばこんな事で迷う必要はなかったんですよね。迷わず行けよ、行けばわかるさ!葉隠れ発祥の地2

ほどなくして入口が見えてきました。いや~、無駄足に成らずに済みました…って、朝起きて死んでおかないと余計な事を考えてしまうんです。

葉隠れ発祥の地3

入口から続く階段を登っていきます。

葉隠れ発祥の地4

ありました!葉隠れ発祥地の石碑です。

葉隠れ発祥の地5

現地の看板によると、ここは朝陽軒という庵が建っていたそうです。

葉隠れ発祥の地6

葉隠の石碑の裏には、さらに奥へと続く道が続いています。これは行かねばなりませんね。

葉隠れ発祥の地7

途中には広範囲に古い石垣が残っていて、この地にかなり大きな施設が存在していたことを伺わせます。

葉隠れ発祥の地8

しばらく行くと道が二股に別れています。

葉隠れ発祥の地9

案内板には古墳群の説明が。

葉隠れ発祥の地10

右の道を進むと、乱斗山古墳群があります。乱斗山とは、鍋島家に当主が変わる際に龍造寺派と鍋島派による武力衝突があったために「乱斗(乱闘)山」と名付けられたと伝わっています。

詳しい事は記録に残っていないようですが、勝者が自分の都合の良いように歴史の暗部をなかったことにするなんて当たり前の事ですから、詳細が残っていない事が乱闘があった事を示しているように思えますね。

乱斗山古墳群トップ

道を戻って、左側を進んでいくとベンチが置かれた広場に出てきました。

葉隠れ発祥の地11

更に奥には、またもや「葉隠発祥の地」と記された看板が立っています。

葉隠れ発祥の地12

ここは2代藩主鍋島光茂公の奥さんが、追善の為に大乗抄典(大乗仏教の経典)を一千部読んだ場所だそうです。

葉隠れ発祥の地13

看板の横には石碑が建てられています。

葉隠れ発祥の地14

葉隠といえば「武士とは主君への忠義の為に死ね」というような教えと捉えられている事が多いのですが、少し違う気がするんですよ。子供の頃に隆慶一郎の「死ぬことと見つけたり」という本を読んだことがあるのですが、おぼろげに覚えている内容から印象に残っているのは、毎朝目が覚めるとあらゆる死のシチュエーションをイメージし、死ぬ事のイメージトレーニングをする事で自分は死人だと自己暗示をかけていた主人公です。死人になることにより、未練を棄て、煩悩も捨て、恐れも捨て、いかなる状況においても冷静に最善の決断と行動をとる。武士道とは覚悟を決め些事に囚われず常に正しく生きる事、そのための心のもち方を説いたものではないのでしょうか。

どうせ人間死ぬんだし、毎日が死へのカウントダウン。死んでしまえば、生前に何があろうとすべてが無に帰するわけです。そう考えると、何も怖い物なんてなくなります。と、思うことが「葉隠」の教えなのではないでしょうか。

せめて死に際して未練を残したり、後悔だけはしたくないですよね。夢かなわなくとも、今わの際で楽しかったと思って死にたいものです。

「葉隠発祥の地」

MAP:佐賀市金立町黒土原 Googleマップへ

参考:佐賀市公式サイト「葉隠発祥の地」ページ

近隣の記事




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る