「徳永飴総本舗」江戸の伝統を受継ぐ職人が作る手作り飴!佐賀の老舗

Pocket

創業350年余、伝統の職人が作る味。

「徳永飴総本舗」江戸時代から続く老舗、本物の手作り飴を買える店。

今回紹介するのは創業350年余り、伝統を受け継ぐ飴職人が居る老舗の飴屋さん「徳永飴総本舗」です。コチラのお店は「あめがた」といわれる調理用の練り飴専門店として有名で、砂糖を使わない中世の飴を現在も作り続けています。

場所は金立町の県道48号線「念仏橋東」交差点を南へ、巨勢川沿いにあります。

徳永飴1

お店は工場と一体になっていて、通りに面した店の裏は工場になっています。ここで製造・販売しているんですね。

徳永飴2

駐車場にある看板には「がんこな飴職人の技」と書かれています。

徳永飴3

中に入ると、お店というより工場の直売コーナーです。そんなに広くなく、自店で製造した飴がショーケースに並んでいます。主に「あめがた」や「みずあめ」でしょうか、普通の菓子店ではみかけないような飴が並んでいます。

徳永飴4

動画もあったので、コチラに貼っておきます。

これが「あめがた」です。原料は「もち米」で、砂糖を使わず「でんぷん」を糖化させて作るそう。昔は煮物や佃煮など、甘辛く煮るときの調味料として使っていたそうです。

徳永飴5

実際に使ってみると、砂糖と違った柔らかくてコクのある味に仕上がります。

「あめがた」を使って造った佃煮

ちりめん佃煮12

「あめがた」は砂糖みたいに下品な味じゃなく、本当に柔らかい品のある甘さなので素材の味を壊しません。

ということで、購入した「あめがた」がコチラ。

徳永飴6

江戸時代からの老舗なんだ~と裏面を見てい見ると、慶長年間から続いていると書いてあります。ん?え?慶長といえば、豊臣秀吉が死んだり関ケ原の戦い、大阪城落城などがあったはず・・・

ということは、江戸時代以前からあった店なのですね!すげェ、マジもんの老舗だ。

徳永飴7

材料もメッチャくちゃシンプル!超絶天然成分です、これは子供でも安心して食べられます。麦芽水飴とは、米が発芽するときの麦芽を使って、でんぷんを糖化させたもの。

昔は砂糖が高価だったため、甘味といえば麦芽水飴が主流だったそうです。

徳永飴8

中身を出してみると、延べ棒上になった「あめがた」が約30gづつオブラートで包まれています。

ちりめん佃煮3

実際に触ってみると、粘土のように柔らかいです。

ちりめん佃煮4

割るというより、端っこを少し千切って食べてみると…じわ~っと優しい甘さ。砂糖みたいに甘さが尖ってないんですよ、本当にジワ~っと甘い。とっても上品な甘さで、素朴な味。

徳永飴9

いや~、今回紹介した徳永飴総本舗は、江戸時代かと思ったら関ケ原ですよ、大阪夏・冬の陣ですよ。戦国の色を残した時代の味だったんですね。

ひょっとしたら豊臣秀吉や徳川家康など、名だたる戦国武将たちも食べた味なのかもしれませんよね。歴史ロマンを感じる伝統の飴です。

「あめがた」は、そのまま食べるというより料理用に使うものですが、この「あめがた」に黒糖や生姜を混ぜた「うきあめ」というのが売られているそうなので、次回はぜひそちらのレビューを書きたいですね。

皆さんもぜひ、中世日本の伝統の飴を食べて歴史ロマンを味わってみて下さい。。

「徳永飴総本舗」

MAP:佐賀市金立町大字薬師丸1865−1 Googleマップへ

営業時間:9:00から17:00

お店の詳細、お問合せは下記リンクから。通信販売も行っています。

徳永飴総本舗公式サイト

佐賀の老舗関連記事




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 「龍泰寺」は大宰府を追われた九州の雄、少弐氏が築いた城跡に建立されたお寺です。 鎌倉から室町にかけ…
  2. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  3. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  4. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  5. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る