未経験・自己資金なしで新規就農!「ジャガイモのマルチ栽培」芽が出始めました。

Pocket

初めての農業、ジャガイモのマルチ栽培にチャレンジ!心配だったイモが芽を出し始めました。

最近、隣にある畑のお婆ちゃんからよく声を掛けられるんです。最初はほとんど交流が無かったのですが、私たちが一生懸命耕しているので「綺麗になったねぇ、いつも熱心にやってるから感心してたんだよ」と声を掛けてくれました。そして簡単なアドバイスなんかをしてくれます。こういう交流って嬉しいですよね、もっと地域の人たちに認めてもらえるように頑張らねば!と気合が入ります。

ということで、3月1日にジャガイモを植えてからちょうど3週間ほど。前回ジャガイモを植えてから、雨で一週畑に入れず、次の週は新しく購入する予定の農業機械の説明を受けるためにクボタの展覧会へ。3月22日にようやく畑作業が出来たので、ジャガイモの芽が出ていないか確認してきました。

ビニールマルチが張ってあるだけで、一気に畑っぽくなってます。

ジャガイモの芽1

この畑、何度も言いますが五年以上放置されていたという耕作放棄地。そこを耕してマルチを張ると、なんかプロの畑っぽい。この景色を見ただけで感無量、気分はもう一人前ですw

耕運機使ってるのは土地の所有者、一緒にやってる相方です。お互いサラリーマン同士、全くの初心者。あ~だこ~だと、お互いに調べてきたことを言いあいながらゆる~くやってます。「最初は全滅でもブログのネタにすりゃいいかw」なんて笑いながらやれるのも、副業でスタートしたからこそ。やっぱ新規就農は仕事を続けながら、副業スタートの半農がいいですよ。損しても生活に困る事はありませんからね。余裕がなくて焦ってしまうと、上手くいくものもダメになる。

ジャガイモの芽102

コチラが生まれて初めて畝を作り、マルチを張ったジャガイモ畑。どうやら、畝は真ん中を高くして両肩を下げる必要があったみたいです。水たまりが出来ちゃってますねぇ。ちょっと考えればわかりそうな事なのに、いつも試行錯誤しながらなので余裕が無かったんでしょう。排水の事まで気がまわりませんでした。

まあ、ビニールマルチだから水が溜まっても関係ないんですけど、やっぱ見た目がねぇ、次からは気を付けよう。近所の農家にみられたら「汚い張り方しやがって」と思われるでしょうね。一つ勉強になりました。

やってしまったものはしょうがないので、ここからシッカリ栽培して挽回しなければ。まず最初にやるのは、気になっているジャガイモの芽。手で触りながら確認していると、マルチを下から押し上げてきてる場所があるんです。おっ、芽が出てるのかな?と思い少し破ってみると・・・

芽が出てる!

ジャガイモの芽105

と思ったら雑草でしたw

ジャガイモの芽106

コッチも雑草

ジャガイモの芽107

ウェブで調べると20から30日で芽が出て来ると書かれていたんですが、今日はちょうど22日目。少し早かったのかもしれません。

それでも根気強く探していくと・・・

あった!ありました、ジャガイモの芽。これが生まれたてホヤホヤのジャガイモの芽です。

ジャガイモの芽108

しかし、やっぱりまだ早かったみたいで、芽が確認できたのは2ヵ所だけでした。全部で170個くらい種芋が埋まってるので、まだまだほとんどが土の中。

ジャガイモの芽109

それでも芽が出てくれて嬉しいですよ、なかなか芽が見つからなくて・・・全滅も覚悟したんですから。

5年以上放置されていた自然のままの土に、鶏糞などの有機物だけで土づくりをした有機栽培のジャガイモ。次の週にはもうちょっと芽が増えているでしょうかね。この日はジャガイモの芽を確認した後に他の段を全て耕耘し、排水の悪い畑の水路を深く掘り直して、1日の作業を終了。次は管理機を使って畝を立てるので、土を柔らかくしておきます。

当初の計画ではこの日に人参と大根を植えようと思っていたのです。が、ジャガイモを植えるときに畝作りで予想以上に時間をとられたので「こんな事してたら全く間に合わない」とクボタの畝成型とマルチ張りが一度に出来る管理機を導入する予定。おそらく私たちが3時間、4時間とかけてやる作業を、数十分で終わらせてくれるはず。休日でやってる副業の農業ですから、とにかく作業効率を上げないとやっていけません。雨が降ると一週スケジュールがずれる、毎週畑に来れるわけじゃないですから。繰り返しますが、超効率重視で作業しないと全く間に合わない。

そのためには機械化が必要で、多少の投資もやむなし。というか、本気でやろうとすることに投資が出来ないなら、最初からやるべきじゃないんです。出来るかどうかを考えるより、出来るようにやるにはどうするかを考える。あまり多額の投資は出来ませんが、出来る範囲で精一杯やる。農業もビジネスですから、ノーリスクで始める事はできません。

管理機が届き次第、その使い勝手も含めてレビューする予定。同じような機械を買おうと思ってる人は要チェックです。

なんとか少しずつ前進している農業へのチャレンジ。3月も終わりに近づいて温かくなってくると、心配なのはやっぱり雑草。ちょっと目を離しただけで、もうこの通り芽を出し始めています。

ジャガイモの芽110

耕作放棄地だったので雑草の種や地中茎が埋まり放題。生えてる草の葉や茎だけに作用して土に触れると無害になるというアミノ酸除草剤もあるんですけど、最初は使わずに苦労してみようかと思っています。除草剤を使わず、ビニールマルチによる遮光で雑草対策をする予定。まあ、あんまり酷いようなら秋植えの前、夏ごろに一度散布して雑草を完全に駆除したほうが良いかもしれませんね。

ということで、いよいよ作物が育ち始めた畑。これからどうなっていくのか、しっかり実況していきます。ド素人が未経験から農業を始めたお話、どんなストーリーが待ち受けているのか・・・不安とワクワクが同居する感じ、やっぱ未知へのチャレンジは楽しい。

この佐賀ポータルの運営にしても、農業にしても、やりたいことを好きにやれる。派遣とか契約社員という制度が一般的になり、堂々と副業も出来るし残業する必要もありません。今の時代は私が若かった頃から想像も出来ないくらい、チャレンジへのハードルが下がっています。

私が自衛隊を辞めて一般企業に就職した時、一日19時間労働とかやりましたよ。朝8時半から朝礼して、終礼が夜11時なんてあたりまえでした。朝は自分でタイムカードを打刻しますが、そのあと総務が定時の6時半で勝手に打刻してかたずけてしまうとかね。大企業といわれる一部上場企業でそんな環境だったんです。それに比べれば、今は自由に使える時間が格段に増えています。ほんと、いい時代になりましたねぇ。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  2. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  3. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  4. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…
  5. ファームリンク金星屋は太良町のブランド豚「金星佐賀豚」の農場直営ショップです。 佐賀大学医学部のす…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る