「鮨割烹 いち善」佐賀市神野の本格派京風割烹料理店!たまには贅沢に鮨ランチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

約5ヶ月も更新停止していたので、再開祝いに贅沢しちゃいました「鮨割烹 いち善」

更新再開の一発目、やっぱ景気づけにパァーっと行かなきゃいけませんよね。佐賀に行くときは、まず最初にランチと決めてるんです。昼時になると混雑しますからね、オープン直後の空いている時間にお店に行くようにしています。ということで、久しぶりに佐賀へ来たためか、少し調子にのった感のある私。今日のランチは「鮨」を食べることにしました。

え?回転ずし?

いやいや、回らない鮨。しかも、京都で修業してきたという本格派の鮨を食べに行きますよ。オイオイ大丈夫かよ・・・

きほん貧乏で非正規社員として社会の底辺に生きている私。それでも贅沢するときはするんです!決意が揺るがぬうちに、佐賀市神野にある「鮨割烹 いち善」に向かいます。

スマホで場所を調べて、迷うことなく到着。5か月以上開いているとはいえ佐賀の道はシッカリ覚えていました。

コチラが「鮨割烹 いち善」外観はシックで落ち着いた雰囲気、木彫りの看板が高級そうですよね。

いち善1

勇気を振り絞ってドアを開け、中に入ると眩しいくらい新しい木の内装。ここから靴を脱いで上がります。今日の靴下は穴が開いてない。ほっと一安心。

右と正面に個室がありますね。

いち善2

個室の足元は掘りごたつになってます。座り易くてイイですよね。

いち善3

奥へと案内され、中へと入っていくとカウンターがありました。とっても明るくて清潔なカウンター、こういうお店には滅多に来れませんから、ワクワクしてきます。

いち善4

後ろを振り返ると座敷の席。ここも全席掘りごたつ、足を悪くしていても安心して座れます。

いち善5

さて、毎度のことながら私はいつも一人。そういえば、最近は一人外食ばかりです。たまには家内も誘ってみたいのですが、絶対に奢らされるので却下。

お料理は「おまかせ握り」と「伊万里牛のステーキ」が2,800円(税別)、「天ぷら」と「大海老のフライ」が2,000円(税別)、お手頃なのだと「花籠ランチ」が税別1,500円です。

花籠ランチに惹かれるものの、ここは勇気を振り絞って鮨を注文!

いち善6

佐賀の地酒もあります、車で来てるから飲めませんけど。

いち善7

キョロキョロしたり、以前やり残した大きな仕事「勢福寺城」の遺構が残る山に登るので、登山道へのルートチェックなどをしていると・・・

やってきました「おまかせ握り」全八貫。

鯛の吸い物、サラダ、茶わん蒸しと小鉢付き。これはウマそう!鯛のアラがいいね、これぜったいウマいよ。

いち善8

見てくださいよこの鮨、昆布がのってたりしてますよ。本物の職人技。

いち善9

このマグロの脂、ヤバいでしょコレ。

いち善10

もうね、いきなり食べちゃいましょう。食通的には食べる順番とかありそうですけど、私は貧乏人なんで関係ありません。

パクッと一口で食べたら・・・う~ん、身がトロけて濃厚。こんなウマいマグロ、久しぶりです。贅沢だなぁ。

いち善12

続いてイクラ。私は安いイクラがダメなんですよ。子供の頃に安い出前寿司で食べたイクラが生臭くて、それ以来大嫌いになったんです。

あるときチョット高めの鮨屋さんでイクラがダメだという話をしていたら、板前さんに「騙されたと思って食べてみてよ」と出されたイクラ。そう言われると断れないじゃないですか。で、食べてみると臭みが無くてメッチャ美味しかったんです。それ以来イクラも美味しく食べられるようになりました。

もはや好物の一つと言ってもいいイクラ。パクッと一気に食べると、口の中一杯にイクラの味。うん、このイクラうめぇっ!どくとくのマッタリ感、そしてうま味、臭みは全くなし。

いち善13

続いてウニ、マッタリ濃厚!これもウマい。

そういえば、醤油が少し甘めですね。九州の味に合わせているのでしょうか。

いち善14

コレは何だろ?このキラキラの銀色はヒラスかな?

ヒラスの腹身ウマイですもんねぇ、勇気を出して聞けばよかった。コリコリした歯ごたえがあって、脂ものっててうまいですよマジで。

いち善11

この昆布がのってるのはヒラメ?なんだ?食通じゃないから外見と味じゃ分かりません。そんなに鮨や刺身を食べてるわけじゃないんで・・・

何も考えずに食べるてみると、これも歯ごたえがあってうま味がググッときますね。う~ん、やばい、ゆっくり味わって食べないともったいない。

いち善20

ちょっと箸休めに小鉢を。小魚の南蛮みたいなやつです。

甘めの味付け、酢の塩梅がとってもいい。もっと沢山食べたいw

いち善16

そしてサラダ。ドレッシングが前面に出て来る事は無いんですけど、シッカリと味を支えてるんです。

そして、いつも思うんですけど、佐賀で食べるサラダって野菜がメッチャ美味しいんですよ。周りが農家だらけなので新鮮なんでしょう。都会の料理が美味しいと言っても、鮮度だけは産地にかないませんからね。

サラダには何か揚げたチップスみたいなのがのっていて、食感のアクセントになっています。硬すぎず柔らかすぎず、絶妙な歯ごたえ。

いち善17

鮨を食べると、温かい汁が欲しくなるもの。そこでコレですよ、鯛の吸い物。

大きなアラが入っていて、鯛のダシがよく出ています。味付けは京風、大阪みたいなグッと味が出てくる感じじゃなくて香りを殺さない味。

これは沁みる、鯛の身も食べごたえ十分。うまいなぁ。

いち善18

他の握りもメチャウマでしたよ。鯛はプリプリで歯ごたえが良くて、エビは甘くて最高!貝は思ったより全然柔らかくて美味しかったなぁ。

とても美味しかったので、一言もしゃべらずに黙々と食べてしまいました。もっと味わえばよかった・・・ちょっと後悔。

そしてランチにはコーヒーとデザートが付いています。

食後に出てきたのは梅のシャーベットとコーヒー。シャーベットにのってる梅のジュレみたいなのがとても爽やかで美味。

いち善19

こんな贅沢したのいつ以来だろ、久しぶりの佐賀だったので少しハメを外してしまいました。

鮨はとにかく歯ごたえが良くて、魚の身がプリプリ。マグロはとろけましたけどね。やっぱ回らないカウンターで食べる鮨はウマい。そして、佐賀の野菜は断然おいしい。今までいろいろ食べてきましたが、佐賀のサラダは本当に外れ無し。シャキシャキしていて、野菜の味が濃いんですよね。

今回お邪魔した「いち膳」さん、鮨・割烹と書いてあるとちょっとお堅いイメージがあります。が、板前さんが気さくな人で「ブログ書いてるんですよ」と言ったら快く撮影を許可してくれました。女性のスタッフの感じも良くて、都会的なクールな感じじゃなく田舎特有の温かい接客。とっても居心地のいいお店でした。

いや~、贅沢しちゃったなぁ。これから頑張らねば!

「鮨割烹 いち善」

MAP:佐賀市神野西4丁目11-18⇒ Googleマップへ

営業時間:11:00から14:00 18:00から21:00

定休日:水曜日



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る