「肥前小田宿」のどかな佐賀の風景が美しい旧長崎街道の宿場町

Pocket

「肥前小田宿」のどかな田園風景と昔ながらの商店街、静かで落ち着いた街並みが素敵な宿場町。

旧長崎街道の中でも交通の要衝として繁栄した宿場町、小田宿は佐賀県のほぼど真ん中の杵島郡江北町にあります。江戸時代から交通の要衝として栄え、現在も長崎方面と佐世保方面に分かれる街道の分岐点となっています。福岡博多からは特急で50分圏内と、良好な交通アクセスを誇る田舎町。そんな江北町の旧宿場町を歩いてみました。

まずやって来たのは商店街、とにかく駐車するスペースが無い。公園の駐車場と思ったら月極駐車場でした。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf1

あっちこっちロープなどで入れなくなっていて、とにかく駐車する場所を探します。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf35

グルグル回って、ようやく見つけたのがココ。駐車しても大丈夫ですよね・・・

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf3

無事に駐車スペースを見つけたので一安心、小田宿方面へ向かうと目の前にいきなり渋い建物。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf4

いや~キタキタ!この寂びの風景、街並みが良いですよね。かつての繁栄を偲ばせつつ、少しずつ寂びれていく・・・諸行無常。これが地方のリアルな姿です。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf5

ここは何の店だったのでしょう、飲食店っぽい店構え。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf6

時代を感じさせる、レトロな建物が並びます。こういう街並みを保存して残していけばいいんですが、我慢しきれずに再開発とかやっちゃうと何の変哲もない町並みになってしまうんですよね。

観光地になるという事と、地元住民の生活利便性は相反するんです。だから街並みの保存は難しい。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf7

少し道を戻ってコチラ、駐車場からでてすぐに見つけた「肉の三栄」と隣の饅頭屋さん?の建物。複雑に重なる瓦屋根、形は全然違いますがまるで軍艦のような重厚感です。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf8

すぐ近くには真新しい建物、公営住宅群です。うわぁ、立派な建物。人気の移住先になるのも納得です。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf9

目の前に肥前小田宿のマップがありました。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf10

ウンウン、マナーは守りましょう。気持ちは分かります。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf11

ここは佐賀方面から小田宿への入り口にある公園。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf12

ここにも重厚で立派な建物が!宿場町の繁栄のあとが見て取れます。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf13

角度を変えてみると、本当に立派。豪商のお店といった感じです。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf14

商店が立ち並ぶ小田宿の様子。昔ながらの、レトロな雰囲気が素敵な場所です。江北町は自動車の通行量も少なく、とても静かなんです。これメッチャポイント高いですよ。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf15

商店街を抜け、古い家と今風の家が混在する旧街道を歩いていきます。すると、石橋と鳥居がありました。

この辺りの雰囲気もすごくいいです、この先には天子社があります。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf16

真っ直ぐに続く参道、古い民家、のどかな田園風景。日本の原風景というのは、こういう場所なんでしょう。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf17

真っ直ぐに続く参道を歩いていると

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf18

こんな素敵な家がありました。クド造りでしょうか、見事な古民家です。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf19

角度を変えると、立派な屋根が一段と綺麗に見えます。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf20

美しい風景にキョロキョロしながら歩いていると、いつの間にか天子社に到着していました。ここもまた雰囲気あるな~。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf21

歩いてきた参道を振り返ってみると、田園地帯を貫く一本の道。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf22

そのまま天子社の境内へ。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf23

本殿の脇には多くの石仏がありました。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf24

再び旧長崎街道に戻ると、追分石がありました。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf25

ここで脇街道「浜道」へ曲がることで、現鹿島市の浜宿へと抜けることが出来ます。この道を通ると、有明海側から長崎を目指します。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf26

現在の旧長崎街道の様子。この道を歩いていると、ときどき重厚な古い建物に出会います。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf28

これまた立派なお宅、かなり迫力があります。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf27

そして、見えてきたのが小田宿の大楠。かつては「馬頭観音」が彫刻されていたらしいのですが、今はもうありません。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf29

樹齢1200年は、古木の多い佐賀でもなかなか古い部類です。けどまあ、武雄に3000年以上を三連発とかありますからね。いまさら大楠くらいでは驚きませんよ。

近くに説明の看板がありました。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf30

そして、小田宿の駐車場はココにあったのね・・・

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf31

なぁ~んだと思いつつ、商店街側にも駐車場が欲しいよな~などと考えていると・・・ん?

駐車場の奥にある建物が、かなり気になる。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf32

これまた、なかなかに立派な建物ですよ。

%e8%82%a5%e5%89%8d%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%ae%bf33

旧長崎街道と言えば、有名どころで行くと「坂本龍馬」や「吉田松陰」なんかも通った道ですよね。その他にも、異国からの珍しい動物「キリン」や「像」なんかも歩いたとか。

田舎の田園風景の中を歩く像とキリン・・・なかなかシュールな光景になりそうです。

小田宿がある江北町は外部からの移住に対してとても積極的に取り組んでいて、地域おこし協力隊などの外部から来たスタッフも活発に活動しています。とても静かな田舎町なので、田舎暮らしに興味ある方は調べてみると良いかもしれません。なんといっても、博多まで特急で一時間圏内ですから。福岡、佐世保、長崎方面への交通アクセスも良好、イオンや家電量販店、書店、ディスカウントストアなどのロードサイド店も出店しています。

参考に江北町の移住促進サイトへのリンクを張っておきます。

空き家に暮らす~さがのおへそ江北町の豊かな暮らし方

「肥前小田宿」

MAP:佐賀県杵島郡江北町上小田1512 番地 2(おへそのおへそ) Googleマップへ




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る