「佐賀移住計画」このサイトの記事的に普通に移住したんじゃ面白くない!ですよねぇ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私の佐賀移住計画ですが、今からココから、いよいよ動き始めました・・・一人で、ですが。

まず最初に断っておくことは、ページのトップに使っているアイキャッチ画像は私と何の関係もない!という事。写真だけ見て鼻の下を伸ばし「ぜひウチへ・・・」などと考えていた人、安心していただきたい「私はダサいオヤジ」です。「じゃあ来なくていいよ」とか言われそうですが、何とかして移住してみせますよ・・・フフフ。

%e4%bd%90%e8%b3%80%e7%a7%bb%e4%bd%8f2-2

ということで「その2」となった田舎へ移住チャレンジ。前回の記事、無駄な長文に言いたいことだけ言いっぱなした超絶中身のない記事を覚えておいででしょうか?

これです↓

なんやかんやと偉そうなこと書いていますが「私は地方にとって何の価値もない、ただのオッサン」です。なので、田舎で起業してカッコよくインタビュー受けてる人や、そもそもどこに行っても仕事が出来る人のように誰かに注目されたり歓迎されることはないでしょう。ましてや、請われて移住するなんてことはありえない。さらに言えば、最近流行の「若者」でもありません。って、書いていて虚しくなってきました・・・私はいらない人間ですか?

イカンイカン、気を取り直して・・・え~っと、とにかく何をどうやって移住するかなんですが、普通に就職して引っ越しじゃぁサイト的にも自分自身にも面白くないんですよね。住んでる環境が変わるだけで生活が変わらないんじゃ、田舎を目指す意味がない。まぁ、人生の選択ですから面白けりゃ良いっていうものじゃないんでしょうけど、そもそも私の移住の目的というのがチャレンジであり、このサイトで「あえて」実況していこうというのですから無難な道を選ぶわけにはいかないんです。

そこで、ちょっと考えたんです。

そもそも、非正規雇用でまともな職もなく、貯金もなく、若さも技能も実績も学歴も信用もな~んにもない都会じゃクズみたいな私が、田舎でチャレンジして何かを成し遂げることが出来たら、都会で消耗しながら人生の低空飛行をしている人たちに新しい生き方を見せる事が出来るんじゃなかろうかと。

失敗したらネタになりますしね。

そのためには何をすればいいのか・・・よくよく考えた結果、数年前からやりたいと思ってたこと、実現したいと思っていたことに少しだけ新しい要素を追加して活動していくことにしました。

内容はまた後述しますが、とにかく決まったら行動あるのみ。まずは情報収集!最初にやって来たのはココ、佐賀市役所です。

蘭蘭10

といっても、必要なものは決まっているのですが、私の準備が不十分なのでパンフとか資料関係の収集と、どこの部署に行けば自分の知りたいことを教えてもらえるのかを調べに行った感じです。

続いて県庁へ。

佐賀県庁外観

ここの1階には「移住サポートデスク」という場所があるんですね、就職相談にも乗ってもらえるようです。

ここの前にあったパンフなどを物色していると、スタッフの方が「少し話を聞いて行きませんか?」と声をかけてきて下さいました。いや~ありがたい、まだ具体的な話を出来る段階じゃないので、相談するのも悪いな~と思っていたんですよ。

%e4%bd%90%e8%b3%80%e7%a7%bb%e4%bd%8f2-1

席に案内されてお話させていただいたのですが、私自信がまだ具体的な行動の準備が出来ていないことと、この後に人と会う約束があったので本当に簡単なお話しかできませんでした。ですが、ほんの少しの間でも話を聞いていただいて、何だかイケそうな気がしてきました。何事も一人で考えず相談してみる事ですね。本当に親切な対応をしていただき、後から電話までいただいたので真剣に頑張りますよ!

で、ここで何を私が話したかというと・・・

兼業農家をやりたい!

という事なんです。

な~んだと思うかもしれませんが、全くの文無し、自己資金ゼロのうえに経験ゼロからチャレンジしたいと無謀な事を言ったんですよ。生活の為に福岡の仕事は続ける、休みの日などを利用して農業やる!って言ったんです。さらに、いきなり移住は無理だから、福岡に家族を残し、二拠点居住を目指しながら福岡の仕事を辞めずにやると言ったんです。

えぇ、普通なら相手にされないんじゃないかと思いますよね、なのにちゃんと話を聞いてくれて実現できないか考えてくれたんです。そして改めて私に電話をくださって、相談する部署を教えてくれたり親切な対応をしてくださいました。

一時期「半農半×」というのが話題になったのをご存知でしょうか、週末農業とか言われてますけど。それを私が実践して、月間65000ほどアクセスがあるこのサイトで実況していきたいと考えているんです。最初は自分が食べる作物を作る事すらままならないかもしれません、大失敗で損するかもしれません。それは全て織り込み済み。無理はしませんが損失は覚悟しています。そもそも諦めなければ終わりませんし、失敗するという事はうまくいかない方法が分かるという事。なので、改善しながらやり続ければいいんです。

「勝つまでやったやつが勝つ」名言です。

そうしながら積極的に地域の人たちと関りを持つように努力して、なんとかコミュニティに受け入れてもらえれば教えを請いながら少しずつモノにしていきたい。そのために、全く地縁のない私と地域の橋渡しを行政に協力していただければ、とってもありがたいんですよね。

ビジネスや生活の事を考えるのは当事者である自分の役割、それを実現できるように役所が持つネットワークやリソースを使ってサポートするのが行政の役割なんだと思います。これこそが正しい「地方創生」における官と民の関係ではないかと・・・

とにかく、まずは兼業農家というか、休日農業を始める。最初の目標は、赤字でもいいので直売所で売れる作物を作る事。その様子を佐賀ポータルで実況して、同じことをやろうとする仲間を募る。佐賀への移住を促進するというより、私と同じように休日農業を目指す人を増やし、佐賀と繋がりを持つ人を増やしていく。私が最初の一歩を踏み出すことが出来ていれば、地域との繋がりを作る部分でサポートも出来るようになるでしょう。そこも狙ってます。

この先もいろいろと段階的にやる事を決めて計画は出来ているんですが、まず第一歩を踏み出して足場を作らなければ次の一歩は踏み出せません。

そういえば、この記事を書いている時点で「地域おこし協力隊」の募集があるんですよ、佐賀市の募集なんですが。これに応募しようか・・・と考えたのですが、仮に採用されて上手くいっても「地域おこし協力隊」だからできたんだと思われちゃうじゃないですか。それは普通じゃない。ほんとうに何にもない、社会でウダツの上がらない普通以下の人がやるから他人に「自分でもやれるんじゃないか?」「田舎にチャンスがあるってのは本当じゃないか?」と思わせる事が出来ると思うんです。

という事で、フルタイムで普通に働きながら、お金も何もない私がチャレンジしていく地方移住計画。

うまく行くんでしょうかねぇ、乞うご期待・・・してくれたら大喜びします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る