「羊羹アイスキャンデー」小城羊羹の老舗『村岡総本舗』のアイスキャンデーを食べてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

村岡総本舗といえば、明治から続く佐賀県小城市の名物「小城羊羹」の名店なのです。

そんな村岡総本舗からアイスキャンデーが発売されていると聞いて、小城市の本店まで食べに行ってきました。

村岡総本舗があるのは小城市内の歴史地区、戦国の山城「千葉城」跡に建つ須賀神社の門前。この辺りはタイムスリップしたような、昔ながらの景観が残る素敵な場所です。

羊羹アイスキャンデー1

こちらが村岡総本舗。店舗の横には、昭和十六年建築の砂糖蔵を改装した羊羹資料館が併設されています。和風の店舗の横に見事なレンガ造りの洋館、横文字を右から書いているレトロ感がたまりません。

羊羹アイスキャンデー2

店内で売られている羊羹もほら、いかにもレトロ!というパッケージで素敵ですよね。

羊羹アイスキャンデー3

そしてこちらは上等なやつですよ。これを某ご隠居の印籠みたいに出されると、私みたいな底辺に生きる小市民は「はは~っ」と跪いてしまいそうになる重厚なパッケージ。

この羊羹が目に入らぬか!ってね。

羊羹アイスキャンデー4

美味しそうな羊羹にめを奪われていますが、今日は羊羹じゃなくてアイスキャンデーを買いに来たんですよ。目的を達するべく店内を見回すと・・・ありました!

羊羹アイスキャンデー5

アイスキャンデーは全部で3種類ありまして、青えんどう、本練(ほんねり)、紅練(べにねり)とあります。フムフム

どれにしようかな~と思う間もなく、やっぱここは直球ど真ん中、オーソドックスにして究極の羊羹である「本練」一本!でしょう。なんか老舗だけあってとっても品が良いお店で落ち着かない私ですが、無事に購入してひと安心。早速食べてみることにします。

おぉッ!ちょうど店の入り口に、こんな場所がッ

羊羹アイスキャンデー6

チョイと腰を掛けると、目の前はさっきのこの景色です。

羊羹アイスキャンデー1

さらにこれも。もう佐賀に何度も来ているので驚きませんが、ぶっとい古木です。ほんと、佐賀には樹齢数百年くらいならゴロゴロ転がってます。転がっているというか、どこにでもある。

ほんとうに良い景色ですね、アイスキャンデー片手にぼーっと見ていると、お出かけしてきました!という実感がわいてきます。これを旅情というのでしょう。

羊羹アイスキャンデー13

それでは、さっそく羊羹アイスキャンデーに登場していただきましょう。

羊羹アイスキャンデー7

おやっ?アイスキャンデーと書かれた文字の上・・・カバです。ということは、カバ印の椛島氷菓が作ってるんですかッッ!これは驚き。

羊羹アイスキャンデー8

椛島氷菓といえば、福岡県柳川市にあるメーカー。福岡市内でも手に入りにくい、人気のアイスメーカーなのです。

カバのアイス屋さん
椛島氷菓 福岡県柳川市本城町53-2 電話:0944-74-5333

なんでも羊羹の村岡総本舗さんと、超人気の椛島氷菓さんとで羊羹に合わせるミルクアイスの糖度の調整やら、入れる羊羹の量、形にいたるまで何度も試作が行われて遂に完成した完全オリジナルアイスとのこと。

ラベルを見ると、なんともシンプルな原材料。よくある、いろんなカタカナ原料は見当たりません。ちなみに、製造者の杏理ファームは椛島氷菓の事です。

羊羹アイスキャンデー9

それでは、開封の儀。というか、張り付いていて袋を取るのが大変。

出てきたのがコチラ。真っ白なミルクのアイスキャンデー。

羊羹アイスキャンデー10

こっちの面にはガッツリ羊羹が入っています。

羊羹アイスキャンデー11

それでは、まずミルクアイスの部分から食べていきます。シャクシャク・・・うん、めっちゃめちゃ上品なミルクアイス。味はシッカリミルク味やけど、甘さは控えめでキレが良い。コクがあるな~、これは私好みです。

久しぶりにアイスキャンデー食べましたけど、こんなに上品な味は初めてかも。

先っぽのミルクアイスだけの部分を過ぎると、いよいよ本命の羊羹登場!ん?マッタリネットリ、羊羹って凍らないの?羊羹独特の触感がアイスキャンデーと合わさって絶妙です。

羊羹部分を撮影してみましたが、こんなに薄いの?とおもうでしょ?

けどね、シッカリと羊羹の味がするんです。ミルクアイスの砂糖が控えめなので、羊羹と一緒になった時のバランスが最高です。

羊羹アイスキャンデー12

おそらく、これ以上たくさん羊羹を入れると羊羹の味が勝ちすぎるんでしょうね。それに負けないようにミルクアイスの味を濃くすると、ずいぶんゴッテリ系のアイスキャンデーになりそうです。なので、この品の良さと美味しさのバランスは本当に絶妙です。

そして、ミルクアイスと合わせることで「羊羹って、こんなに小豆の味がするの?」というくらいに、小豆の旨みが前面にシッカリ出てきてます。小豆の味がしっかりするので、まるで小豆バーみたい。それも、とっても上品な味。甘さがスッキリとしたキレキレの、めっちゃ上等なミルク金時みたいな味になっています。

そして、羊羹の触感がネットリと口に残るんですねぇ。これは初めての体験かもしれません、うん、これはおススメです。

「羊羹アイスキャンデー」

MAP:佐賀県小城市小城町861(村岡総本舗本店)Googoleマップへ

営業時間:8:00から20:00、資料館は17:00まで。

定休日:なし

村岡総本舗の詳細、お問い合わせなどは下記リンク先をご覧ください。

小城羊羹初祖 村岡総本舗【公式サイト】
小城羊羹初祖村岡総本舗・佐賀銘菓「小城羊羹」と和菓子販売「村岡総本舗」・名水百選と桜の名所として知られ、シュガーロードの拠点として栄えた小城で百年以上に及ぶ...




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る