「れすとらん さかき」で黒毛和牛オニオンのせを堪能!伊万里のご当地グルメランチです。

Pocket

伊万里でランチといえば伊万里牛!そんな伊万里牛の名物料理がコレ。

昭和8年創業の黒毛和牛肉販売店「さかき」直営レストランで伊万里牛を使った名物料理を食べてきました。

やっぱね、伊万里と言えば伊万里牛ですよ。今回は「伊万里うまか麺」を探しにやってきたわけですが、まずは腹ごしらえ。どうせならご当地グルメを堪能したいですよね。

ん~、何にしようかな~…もともと港町なので海産物という選択肢もあったのですが、どうせなら肉食いてェ!と思いながら商店街を歩いていると、面白い肉屋さんを発見。

さかき1

看板に書かれている通りに上を見上げると…

うぉッ!これはなかなかの迫力、伊万里牛ですよ。

さかき2

ここは「肉のさかき」という精肉店で、昭和8年創業の超絶老舗。伊万里牛といえばココ!というくらいに有名なお店なのです。

さかき3

そして、肉のさかきの道路を渡った向かい側に「れすとらん さかき」というお店がありました。これはアレでしょう、アレ。まず間違いないでしょう。

ということでスマホでググってみると、やっぱり!このレストランは「壁からニョッキリさかきの伊万里牛」さんの直営店です。これは当たりですよ、肉屋さんの直営店で肉を食う。ハズレるはずがありません。

さかき4

こんな感じのショウウィンドウ、なんか懐かしい雰囲気が良いですね。ということで、今日のランチはココで決まりです。

さかき5

さっそく中に入ってみると、レトロな和風の店内。テーブルにかけられたクロスがモダンと言いますか、落ち着いた品のある雰囲気を出しています。

さかき6

テーブル席の他に、カウンターもあります。

さかき7

さっそくメニューを開いてみると、ステーキにハンバーグ、定食メニューの数々。伊万里牛専門店なのに、価格はとってもリーズナブル。

さかき8

なににしようかな~とGoogleで調べていると、どうやら「黒毛和牛(伊万里牛)のオニオンのせ」というのが店の名物料理の様です。

ならば!食べてみるしかないでしょう、旅先でご当地グルメを食べるのは基本中の基本です。おすすめとして貼られていたメニューを見ると、黒毛和牛のオニオンのせにエビフライまで付いた「さかき定食」というのがあるじゃないですか!

これでしょう、ゼッタイお得なやつですよ。ということで、さかき定食を注文。

さかき9

じっと待つ事しばし…きました、これが「さかき定食」です。てか、メッチャ豪華!

器は伊万里焼でしょうか、あざやかな器ですね~。

さかき10

そしてこれが伊万里牛たたきオニオンのせ。やまもりの紫オニオンに埋もれた肉!

さかき11

みて下さいこの揚げ色!エビフライも旨そうですよ。

さかき12

そしてトドメは!

きょうふの味噌汁!

そうです、あの伝説の「今日、麩の味噌汁」です。

さかき13

でわでわさっそく、肉から食べてみましょう!

山盛りタップリの紫オニオンの中から、表面をサッと炙っただけのような肉が出てきました。うまそうだな~。これね、良い肉じゃないとタタキにすると臭みがでるんですよ、自信あるんですね~さすが肉屋直営店。実際に食べてみると、肉の旨みがググッときます。黒毛和牛は和牛と違って肉の旨みが違うんです、肉の旨みというか主に脂身の旨みなんですけど。

和牛と黒毛和牛では脂身の融ける温度も違うんです、その違いが食べた瞬間の味に影響しているんです。う~ん、ジワうま!

味付けはシッカリとした酸味のアッサリドレッシング、酸味は強いんですけど嫌味が無いキレのいい酸味。マッタリ旨い黒毛和牛に良く合います。紫玉ねぎもシャキシャキで美味しいですね~、玉ねぎのツーンとした感じは全くありません。これは…うまシ!

さかき14

続いてエビフライ。脇役のようになっていますが、これはこれで十分に主役を張れる一品ですよ。

噛んだ瞬間、かなりシッカリした噛み応え、噛み切るのに想像以上に力がいります。身がギュギュっと締まっていて、噛んだらブリッという感じ。うんうん、旨みもギュッとしてます。タルタルソースはヘタに凝ったものでなく、マヨネーズ風味のオーソドックスな味。期待を裏切らないというか、もはや様式美ともいえる想像通りの味。なんか懐かしい味ですね、好きだな~こういうの。

みて下さいこの断面、しっかり身が締まっていて重量感があるでしょう。

さかき15

みそ汁の麩も、よく汁を吸って旨い!とても優しいけど出汁がシッカリしていて、家庭料理風の味ですが品があります。久しぶりに麩を食べた気がします、懐かしい味です。

そして、この漬物が旨い!塩加減も良くて、う~ん丁寧に作られてます。

さかき16

さすが老舗の肉屋さん直営店、スキがありません。全体としてとても美味しく、ボリューム満点なので満足度が高いです。B級グルメというには値段が少し高めですが、伊万里牛というか黒毛和牛で1,550円ですからね。これは安い!伊万里のご当地グルメとして、ぜひ味わってもらいたい名物料理ですね。

場所は伊万里駅から北へ、駅前商店街にあります。伊万里に行く事があったら「れすとらん さかき」おススメです。

「れすとらん さかき」

MAP:佐賀県伊万里市伊万里町甲413 Googleマップへ

営業時間:11:30から20:30

休日:不定休



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る