「GABAIいのしし食彩」佐賀三瀬の猟師直営!本格ジビエのイノシシ料理店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

九州に来て初めてイノシシ料理専門店に行きました。

グルメ:佐賀ランチ

猟師が営む本物のジビエ料理店

「GABAIいのしし食彩」は佐賀では珍しい猪肉専門店として、地元では知る人ぞ知る名店なのです。

店主自身が猟師を営んでいるという猟師直営の猪肉料理専門店で、最近は東京で大人気になっている本物のジビエ料理を楽しめるお店。

ジビエ=猟師が仕留めた狩猟肉

お店があるのは佐賀市三瀬村、福岡市から佐賀市内へと抜ける三瀬峠にヒッソリと建っています。

GABAI外観

営業日は週末の金・土・日・祭日のみとの事で、たまたま金曜日に通りかかったので開いていました。

店内に入ってみると、意外と広くて少しワイルドな山小屋風の内装です。

GABAI内装

おかみさんに案内されて席に着くと、思わず猪のはく製と目があってしまいました。かなりキュートなお顔ですね。

GABAIはく製

メニューは猪肉の焼き肉がメインでしょうか、夏限定の「いのしし冷麺」や「猪うどん」なんかもあります。

とりあえず肉を楽しめそうなランチメニューから「猪焼肉定食」1,200円を注文。

GABAIメニュー

いのしし肉に関するうんちくが書かれていますが、ヘルシーで豚や牛より栄養価が高いという事が書いてあるようです。

GABAIうんちく

久しぶりの猪料理にワクワクしながら待っていると、焼肉定食がやってきました!内容はご飯、肉6切れ、野菜、みそ汁、小鉢(煮物)、香の物ですね。

ちゃちゃっと肉を焼いて皿に盛ってくるのかと思いきや、本格的な炭火焼肉です。写真では皿の上に肉が4切れですが、実際には6切れです。

2切れは、提供と同時におかみさんが食べ方の説明で焼いたので、撮影時には網の上で焼かれています。

GABAI猪焼肉定食

肉用のタレなどは無く、焼く前に岩塩をパラパラかけるのみ。肉の旨さに自信があるので、タレなどはつけないで食べて下さい!との事です。

イイ感じで焼けてます。ウマそうですな~

GABAI焼肉

みて下さい、この肉汁したたる旨そうな肉!それでは、パクッと行きまっせ~!

GABAI肉汁

んまい!これマジでウマい!噛むほどにジワーっと旨みが広がる、まさに絶品の猪肉です。焼肉にすると、肉の旨みが凝縮されて本当に美味しい!

私は関西で生まれ育ち、親が京都出身のために子供のころから猪肉を食べる機会が多かったのですが、九州の人に聞くと猪肉は臭そうという人が居ます。

しかし、実際に食べてみると臭みは殆ど無く、豚肉に比べると少し硬いですが旨みが強くてとても美味しいんですよ。特に冬のぼたん鍋は、脂身が超甘くて絶品です。

ただ、猪は獲った後の処理技術や大きさで味が大きく変わるので、店によって当たり外れはあったりするらしいですけどね。私は外れに当たった事はありません。

ちなみに、店内にはいろんなサインなどが飾られていて、このお店の味が多くの人に評価されている事が伺えますね。

GABAIサイン

GABAIいのしし食彩さんでは、もっとも美味しいと言われる脂ののった大型いのししの肉を使っているとの事。自分で獲った分だけで足りない場合は、猟師仲間から良い物だけを買い付けて使っているそうです。

猪と豚と味的にどう違うの?と聞かれるときには、鶏肉と鴨肉の違いのような感じと説明しています。イメージできますかね?(汗

最近は畑を荒らす害獣として対策に自治体でも多くの予算が使われていますが、もっと猪肉を食べる人が増えれば猟も盛んになって全てが丸く収まるんじゃないかな~と思います。

ということで、もし食わず嫌いで猪を敬遠している人がいたら、いちど食べに行ってみませんか?

いのしし食彩GABAIさんは、間違いなく当たりの猪肉料理店です。

「GABAIいのしし食彩」

MAP:佐賀県佐賀市三瀬村藤原3870 Googleマップへ

営業日:金、土、日、祭日

営業時間:10:00~19:00 ランチ10:00~15:00

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  2. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  3. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  4. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…
  5. 龍造寺23
    肥前龍造寺氏、その名の由来となったお寺が龍造寺。佐賀市内に現存しています。 龍造寺隆信で有名な龍造…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る