「大町たろめん」佐賀大町町が誇る炭鉱グルメ『おおまち情報プラザ』で食べてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昭和40年代、炭鉱町の面影を残す大町町の復刻グルメ。

チャンポンのような見た目の創作うどん「たろめん」は炭鉱時代の味を今に伝えるグルメ遺産。

「たろめん」とは日本が高度成長期まっただ中の時代、炭鉱町として賑わった大町町で多くの人に愛されたご当地グルメ。特徴はうどんを生姜を利かせた牛骨スープと、ちゃんぽんのように炒めた野菜と共に食べる麺料理。「たろめん食堂」が平成まで味を守っていましたが、平成12年に閉店。大町町の歴史とともに愛された「たろめん」は途絶えてしまいます。

しかし、多くの人が昔を懐かしんで「たろめん」の復活を望み、有志が集まって再現したのが現在の「大町たろめん」です。まさに炭鉱時代のグルメ遺産ともいえるご当地グルメ。

これは食べに行かなければなりません!

という事でやってきたのが「おおまち情報プラザ」です。どうやら、この店が「たろめん」の復活に大きな役割を果したようなんですよ。数か月前にも一度訪れたのですが、その時は食堂の営業時間が終わっていて食べる事が出来ず。他の店で食べてみたのですが、やはり本家の味を食べてみたいので再びやってきました。

大町たろめん外観

おおまち情報プラザは、ひじりの里という物産館になっています。

大町たろめん店内1

「大町たろめん」が食べられるのは、この物産館の食堂コーナー。この食堂は「大町たろめん」の専門店になっています。

大町たろめん店内2

食堂内は広々とした開放的で清潔な空間、座席はテーブル席のみ。

大町たろめん店内3

メニューはコチラ、大町たろめん!です。大盛りも出来るようですが、今回はノーマルサイズで注文します。

大町たろめんメニュー

前金制なので注文と同時に600円を支払い、席に着いてしばらくすると「大町たろめん」がやってきました。

見た目は「チャンポンうどん」みたいな感じです。具だくさんで、とても豪華なうどんですね。

大町たろめん1

前に食べた時は、具材の一つ「豚のホホ肉」が脂の塊で、大量に入っていたために少し苦手だと思ったのですが、ここの豚のホホ肉はシッカリ肉です。しかも香ばしくて旨い!

大町たろめん2

スープは牛骨ベースとの事で、臭みの無いジワーっとコクのある優しい味わい。かなり生姜が効いているので、コクはあるのにサッパリ爽やかなスープです。

寒いときなんかだと、体が温まりそうですね。

大町たろめん3

麺は「うどん」です。少し細めで、ツルツルとしたコシのあるうどんですね。スープの味がかなり強いので、うどんのアッサリ麺が良く合います。

大町たろめん4

野菜もタップリ、チャンポンみたいに炒めているので香ばしくて食べやすい。具だくさんといいながら、安いもやしでカサ増しして量だけ多く見せる麺料理店もある中、大町たろめんはキャベツやニンジン、キクラゲなどなどタップリ野菜が入っています。

大町たろめん5

普通でも十分な食べ応えがありますね、これだけ野菜が入って600円。やはりB級グルメというのは、安くて旨い!のが売りですよ。

前回食べた時は生姜が強烈だったのですが、食べなれたからでしょうか、その生姜の爽やかな風味が逆に美味しさを引き立てているように感じます。

中に入っていた芝エビ?真エビ?も、殻ごと食べられます。これは良いですね、コクのある味なのにアッサリしていて朝からでも食べられそう。佐賀に来たら、ぜひ一度は味わってほしいご当地グルメです。

「大町町まではナカナカ行かないよ」という方には、インスタントタイプの大町たろめんもあります。佐賀駅の土産物店でも売られていて、スープの味はかなり忠実に再現されているのでおススメです。

ひなの店たろめんトップ

インスタントのレビューはコチラ↓

「たろめん」佐賀大町ご当地グルメのインスタント麺をレビュー!
「たろめん」というご当地グルメをご存じでしょうか。たろめんは佐賀大町町のご当地グルメで、うどん麺を生姜風味の牛骨スープで食べる珍しい麺料理。以前、大町町まで...

やっぱりご当地B級グルメといえば、地元に愛された歴史とストーリーが不可欠ですよね。特に大町町は、町自体が炭鉱町の面影を色濃く残した歴史地区みたいな場所なので、復刻された「大町たろめん」は無形文化財みたいな感じ。言わば、炭鉱のグルメ遺産ですよ。

大町町はまるでタイムカプセル、昭和の町に迷い込んだような「リアルな昭和」の街並みが残っています。昭和のグルメと、街並みをぜひ体験してほしいですね。

「大町たろめん」

MAP:佐賀県杵島郡大町町福母297−4(おおまち情報プラザ)Googleマップへ

営業時間:11:00から14:00

定休日:不定休

大町たろめんの詳細、お問合せは下記リンク先をご覧ください。

大町商工会「大町たろめん」特設サイト




お問合せ・情報提供

炭鉱

新品価格
¥3,456から
(2016/1/11 01:09時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たくや@非正規編集長負け犬

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

特集

戦国佐賀
佐賀の乱
佐賀レトロ

おすすめ記事

  1. 磨崖碑
    佐賀市大和町の国道263号線拡幅工事で約340年前の磨崖碑が見つかったそうです。 こんな場所で見つ…
  2. 佐賀の中心部にある「唐人南パーキング」に何気なく入ってみると、そこは驚きのレトロゾーンでした。 私…
  3. 本庄人柱10
    佐賀市末広1丁目にある末広東公民館には、人柱となった女性を祀る観音堂があります。 江戸時代の180…
  4. グリコのポーズ
    グリコといえば「グリコのポーズ」そしておまけですね。子供のの頃は父が買ってきてくれるキャラメルが楽し…
  5. 「山口亮一旧宅」えっ!こんなところに?佐賀の街中にあった築250年以上という茅葺屋根の古民家。 佐…

おすすめ

  1. 「山内農場」ってどっかの農場の名前かと思ったら魚民のモンテローザ系なのね。 今日も佐賀、休みで予定…
  2. 麺処佐賀の麺と、佐賀自慢の玉ねぎを使えば「あっ」という間にご当地グルメの完成です。 料理のド素人で…
  3. 「まるふくうどん」はとっても庶民的な「うどん」屋さん。とっても優しい普通のおいしさ、オジさん大好きで…
  4. 佐賀西与賀にある創業大正十三年という老舗蒲鉾メーカー「野中蒲鉾」の直売店に行ってきました。 残念な…
  5. 丸房露アイス3
    佐賀を代表する菓子と言えば「丸房露」その元祖ともいわれる老舗が鶴屋!これは間違いない。 丸房露用の…

アーカイブ

ページ上部へ戻る