「広場マーケット」佐賀大町町に残る昭和の街並みに建つ素敵な市場

Pocket

佐賀の大町町がステキすぎてビックリです。

日本一のマイナー県にある超マイナーな町の「レトロな市場」です。

佐賀県杵島郡大町町、未だに炭鉱住宅と往時をしのばせる路地が残る素晴らしい街並みが残る場所。そんな1980年前半くらいで時間が止まったような街並みに、広場マーケットはあります。

広場マーケット外観

杵島炭鉱操業中は大町町最大のショッピングエリアとして賑わい、今の姿になったのは20数年前だそうです。炭鉱時代の遺構「変電所跡」には、広場マーケットの古い写真がありました。

バラックと露店が建ち並び、多くの人で賑わう様子が伝わってきます。

広場マーケット古写真

広場マーケットの周りは未だに炭鉱町の姿を止めていて、歩いていて飽きる事がありません。広場マーケットの隣に建つ、スーパー(コープさが)の建物もイイ味出してます。

広場マーケットコープさが

広場マーケットの向かい側、農協の施設でしょうか。コープさがの駐車場も兼ねているようです。

広場マーケット向かい側

広場マーケット前の通りは、かつてのショッピングストリート。昭和の雰囲気をそのまま残しながら、今でも店が建ち並んでいます。

広場マーケット前面道路

この写真を見ると、昔ながらの街並みと思うでしょう?しかし、大町町の凄さはこんなもんじゃないんです。この程度なら田舎に行けばケッコウありますよね。大町町の実力は、本当に炭鉱住宅が区画ごと残っているんですよ。

こんな景色が広範囲にわたって拡がり、まるでタイムスリップしたような感覚に襲われます。今回は広場マーケットの記事なのでここまでにしますが、改めて大町町の旧炭鉱町の様子を紹介する予定です。

広場マーケット炭鉱町

そんな炭鉱町の姿を未だに止める街並みの中心が、この広場マーケットなんです。

それでは、中に入っていきます。

広場マーケット入口

大通りに面した入口から中に入ると、なんともアットホームな雰囲気の漂うレトロな光景。テナントが抜けてしまいガランとしているのが残念ですが、どこか温かみのある店内です。

広場マーケット店内1

テナントスペースがとっても広い、かつては全区画にテナントが入って賑わっていたそうです。これもまた、寂びの風景。心に沁みてきますね。

広場マーケット店内2

奥へ進んでいくと賑やかな声がしてきます、ゲームコーナーになっている一角で年配の女性が5~6人で楽しそうに会話をしていました。

お店の方に聞くと、昔からの人たちなのでみんな顔見知りとの事。ここへ来て、数時間ゆっくりと交流を楽しんでいるそうです。昔は近所にこんな市場があって、店の人も客も知り合いでワイワイやってまいたよね。100円玉握りしめて、友達と良くゲームコーナーで遊んだものです。子供の頃を思い出すな~。

広場マーケットゲームコーナー

コチラは現在も営業を続けている店舗の一つ「肉のもろいし」さんです。店頭のポップが凄い!

広場マーケット店内3

肉のもろいしさんのスグ横、正面入り口から入って一番奥にはソファーが置いてあります。

広場マーケット店内4

しかし、本当に凄い数のポップです。そんな中で、特に人気なのが自家製の「炭鉱焼豚」だそうです。自家製のタレに漬け込み、じっくりと三時間かけてローストした焼き豚は絶品との事。これは買いに行かなければ!

予備知識なしで行ったので、今回は買っていないのです。残念!

その他にも「自家製」や「手造り」と書かれたポップがありますね、肉のもろいしは、安心して食べられる食品を提供する事で人気の肉屋さんなのです。

広場マーケット店内5

肉屋さんの隣には惣菜屋さんがあります、オーソドックスな家庭料理系の惣菜が中心ですね。カウンター席のイートインコーナーがあり、店内で食べる事も出来るようになっています。

当然、近所の方々が団欒しながら食事中でした。ご近所どうし、家族同然なのかもしれませんね。

広場マーケット店内6

コチラは食料品店。生鮮食品からインスタント食品、調味料まで一通りそろっています。ここのオバチャンが気さくな人で、イロイロと話を聞かせてくれました。

佐賀の人はよそ者に対する警戒心が強いというイメージがあったんですが、大町の人はおおらかというか、イロイロと話しかけてくる人が多い気がしますね。

やはり炭鉱といえば働く人の出身地も様々だったので、よそ者と接する事に馴れているんでしょうか。

広場マーケット店内8

この辺りは昭和50年代くらいで時間が止まっているような、なんかゆっくりと時間が流れている中に人情が漂っているようなステキな町です。

この時計も、年季入ってますしね。

広場マーケット店内9

ここは大町町の駅から少し山の手へ行った場所なのですが、作られた昭和の町ではなくリアルな昭和が残っています。綺麗に整備されていないからこそ、本当の魅力が生まれてくるんですよね。

何とかこの雰囲気や街並みを残していけないものでしょうか、大町で町おこし活動がしたくなります。

佐賀に移住して、地域活性化など町おこしの仕事に就きたい!というのが私の希望ですから、機会があれば大町に関わりたいと思わせる魅力があります。

広大な面積の自治体が多い佐賀で、面積は小さい大町町。しかし、古い街並みが残るタイムカプセルみたいな町なんです。昭和の街並みが好きな人は、メチャメチャ楽しめるスポットだと思います。おススメですよ。

「広場マーケット」

MAP:佐賀県杵島郡大町町大字福母2793-4 Googleマップへ

営業時間:9:00~17:00(肉のもろいし)

定休日:日曜日(肉のもろいし)

※広場マーケットの営業時間及び定休日が不明のため、広場内にある「肉のもろいし」の情報を掲載しています。

お問合せ、詳細は下記リンク先をご覧ください。

大町町商工会公式サイト

おススメ記事

「うどん・ちゃんこ大地」佐賀の超有名ちゃんこ鍋店でランチ食べたよ。B級グルメ最高!

「たろめん」佐賀大町ご当地グルメのインスタント麺をレビュー!

「ごっくん亭」創業昭和9年、佐賀の老舗蒲鉾メーカー『牛津蒲鉾』の直売店

佐賀の情報募集中!掲載無料!

お問合せ・情報提供

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-5-24

    戦国の城を知れば「佐賀が100倍」楽しくなる!縄張図の読み方

    佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 大阪には「たこ焼きうどん」、福岡には「ごぼ天うどん」があるのに佐賀には無いの? うどんって凄いです…
  2. 多久で人気のハンバーガーショップが、佐賀白山にオープンしていました。 日本にマクドナルドがやってき…
  3. 蓮根麺
    「蓮根麺」は佐賀の野菜を使ったご当地グルメ。正直、舐めてました。 佐賀は蓮根の生産量が全国で第3位…
  4. 与羅ん館
    佐賀市久保田町にあるJA直営レストラン、佐賀牛のランチがとってもリーズナブルなんです。 佐賀に来た…
  5. 佐賀一番の老舗菓子屋「鶴屋」から肥前ケシアドという江戸時代のお菓子の復刻版が発売されています。 佐…

おすすめ記事

  1. 佐賀は城跡の宝庫、佐賀の英雄「龍造寺隆信」の歩みと重ねてみると100倍楽しめます。 その数、4万と…
  2. 小城市の千葉城跡、須賀神社のすぐ近くにドーンと目立つ町屋「深川家住宅」へ行ってきました。 小城市と…
  3. 千代雀という酒蔵跡が凄くカッコいい!まるでテーマーパークみたいなんですよ。 小城牛津方面から国道3…
  4. 佐賀城の鬼門を守る出城跡から城下町を守る外堀(十間堀)を唐人まで歩いてみました。 桃山時代から江戸…
  5. 男島城2
    龍造寺隆信の猛攻により落城した平井氏の居城高城(須古城)の支城跡。 佐賀県杵島郡白石町にある須古城…

アーカイブ

ページ上部へ戻る