「長崎街道神埼宿」佐賀神埼市にある旧長崎街道の宿場町は懐かしい田舎の商店街でした。

Pocket

江戸時代、長崎街道は小倉から長崎まで約228kmを、途中に25の宿場を設けて結んでいました。神埼宿は、その25宿の一つで街道の中でも大規模な宿場町です。鎖国体制の中で唯一海外に開かれた港であった長崎との間を結ぶ街道として、とても賑わっていた場所でした。

残念ながら神埼宿は明治初期に起こった”佐賀の乱”で建物の多くを消失してしまいましたが、道筋は当時のまま残されているために古い街道筋の面影を色濃く残している場所です。今は比較的新しい建物が多くなっていますが、レトロな雰囲気が漂う田舎町の商店街になっており、どこか懐かしい素敵な空間です。こんかいは、そんな神埼市にある「旧長崎街道神埼宿」を紹介します。

神埼市役所から入っていけるのですが、今回は西側の入口である「西木戸口」から神埼宿に入っていきます。入口は国道34号線の、神埼橋東交差点。

神埼宿入口

この交差点に神埼宿を示す、石の標識が建っています。

神埼宿標識

かつて西側の出入り口があった「木戸口」は、公園として整備されています。この記事のトップ画像は、この公園内に設置されています。

神埼宿西木戸口

西木戸口の前は、旧長崎街道。入ってすぐの場所に、神埼宿の名所「神埼宿場茶屋」があります。

神埼宿茶屋を紹介した記事はコチラ⇒「神埼宿場茶屋」佐賀神埼市の旧長崎街道沿いにある茶屋風のグルメスポット

美味しい惣菜や饅頭等の和菓子、神埼の特産品などが買えるお土産店と、神埼素麺を食べられる飲食スペース、観光案内所が一体となった施設です。

神埼宿場茶屋

すぐ近くには、神埼名物である「神埼素麺」の工場が建ち並び、直売をしているメーカーもあります。船津製麺所という看板があるとっても良い雰囲気の直売店があったので、おもわずパチリ。店内もレトロ感満点で、ノスタルジックがとまりませんね。

神埼素麺製麺所

西から入ったので東方向へ真っ直ぐ歩いて行くと、正面のお寺前から直角にカーブしています。中世日本の町によく見られる鍵状に曲がる路地で、街の防衛機構として機能していました。ちなみに、正面の寺は脇本陣跡。綺麗に江戸時代の道筋が残されていて、想像力を刺激されますね。

脇本陣とは、参勤交代時などの祭、大名が宿泊するための施設のサブ的な施設です。二つの藩が同じ宿場で鉢合わせた際に、格式の低い方の藩が宿舎にしたり、大きな藩で本陣だけでは止まりきれないなど、本陣だけでは不足する際に使用された宿です。

脇本陣跡

現在残っている旧長崎街道の風景は、江戸時代のものというより昭和の薫りがする懐かしい田舎町です。静かに、ゆっくりと時間が流れているような気になりますね。

旧長崎街道の様子

大正時代の建物も残っていました。この建物は旧古賀銀行の支店だった建物です。旧古賀銀行については、佐賀市の「佐賀市歴史民俗館」に本店跡や創業者の居宅が残ってます。

参考:佐賀の観光名所「佐賀市歴史民俗館」を公式サイトより写真を豊富に使って紹介するまとめ記事

旧古賀銀行神崎支店

またもや直角に曲がり鍵状になった街道筋、正面には櫛田宮があります。この神社には安土桃山時代に建てられた鳥居が残っています。

櫛田宮

この櫛田宮の隣がちょうど市役所になっていて、長崎街道沿いは市内の商店街になっています。

神埼商店街

この先、またもやシケインのような直角カーブを抜けて、東側に行くと最高にイカした建物を発見!イイね、カッコ良いね!この建物はベストオブ「神埼宿」ですよ。それくらいにカッコイイ。

神埼宿を歩いてみて、神埼宿のシンボルになりえる!というか、最高にカッコよくて来てよかったと思った建物です。

ベストオブ神埼宿

マジでカッコ良くないっすか?写真だとアレかもしれませんが、実際に見たら存在感というか、建物が放つオーラがパネッス。といったベストオブ神埼宿的な建物を抜けさらに東へ、東の入口に当たる木戸口は「東木戸口跡」と書かれた小さな目立たない杭があっただけなのでスルー。さらにその先に進むと、江戸時代からそのまま残る一里塚があります。

その名も「ひのはしら一里塚」です。数百年間変わらずに、長崎街道を通る人たちを見守っているんです。良いですね、浪漫ですね。江戸時代の人も同じように見上げていたのかと思うと、時間の流れを超えて当時の風景を想像してしまいます。

古い街や歴史的な遺構を見ていて一番楽しいのが、想像力を働かせて当時の様子を思い浮かべる時間なんですよ。妄想の世界でタイムスリップして楽しんでるのは、私だけですかね?

ひのはしら一里塚

ということで、佐賀県神埼市にある旧長崎街道神埼宿を西から東へ、かなり大雑把ではありますが写真付きで紹介してみました。旧宿場町といえば、江戸時代や明治初期の建物や長屋が建ち並ぶ”馬籠宿”なんかを思い浮かべるかもしれませんが、神埼宿は江戸期の宿場町というより、昭和バリバリ田舎の商店街といった昭和レトロ感のある街並みでした。

神埼市中心部の商店街で今でも活気のある場所なので、ぜひ吉野ヶ里など近くに行ったら立ち寄ってもらいたい場所ですね。

番外編として、神埼宿で気になったのが水路に張り出して立っている家。

張り出し家

建ぺい率とかどうなるんでしょう?壊してしまうともはや再現不能の街並みと思われるので、大切に残していってもらいたい風景です。

「長崎街道神埼宿」

MAP:佐賀県神埼市神埼町神埼Googleマップへ

参考:神埼市観光協会公式サイト「長崎街道神埼宿マップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で佐賀ポータルをフォローしよう!

Pocket

コウテツタクヤ編集長

投稿者プロフィール

非正規社員で非正規農家、非正規ウェブメディアの自称編集長と、もはや存在自体が非正規じゃないかと心配しながら暮らす”負け犬”ダメ中年。
起業に3回失敗しながら、全く懲りない永遠のチャレンジャー。

いつの日か、負け犬からハイエナに進化できる日を夢見ています。

大阪で生まれ、兵庫のベッドタウンで育ち、航空自衛隊に7年間勤務したのち就職。転勤族として全国を転々としながら時どき起業して失敗。その都度転職を繰り返し、気が付いたら福岡の片隅に流れ着いておりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-4-22

    「佐星醤油」佐賀市内で絶対寄るべきレトロギャラリーとウマい醤油

    何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
戦国佐賀
佐賀の乱

ショップ情報

  1. 佐賀にメッチャ旨い「どらやき」があると聞いて買いに行ってきました。 そういえば今世紀中には、あの国…
  2. 何度か訪れた事があるのですが、満を持して、ついに!「佐星醤油」ギャラリー紹介。 佐賀を訪れていつも…
  3. 佐賀市兵庫南にある「拉麺まると」の人気メニュー「肉そば」を食べに行ってきました。 「見た目じゃない…
  4. 白山舎
    佐賀市の中心部で昭和33年から営業している欧風カレーの老舗「白山文雅」の2号店「白山舎」が佐賀市三瀬…
  5. 「丸ぼうろ」って佐賀で生まれたお菓子だったんですね、知りませんでした。 「まるぼうろ」というお菓子…

おすすめ記事

  1. 佐賀のレンタサイクルってどこでやってんの?から始まった冒険。 街中を観光するのに、自動車は意外と不…
  2. 神野公園
    「神野公園」は子供遊園地もある佐賀市のアミューズメントパーク。 佐賀の人に聞くと「佐賀はな~んにも…
  3. 佐賀城の西側にある与賀神社界隈の雰囲気もいいですよね。 佐賀神社の西側にある与賀町の与賀神社周辺は…
  4. 佐賀と言えばクリーク(水路)、その水路を利用して作られた集落が今も残っています。 とにかく広い、だ…
  5. 吉野ケ里遺跡がある公園の北側にひっそりと建つ神社「日吉神社」このあたりが日吉城だったようです。 吉…

アーカイブ

ページ上部へ戻る